方丈記でいくか、ワイワイがやがやでいくか

良いことも悪いことも色々あります。でもはしゃぐことなく落ち込むことなく、ゆったりのんびり。

花の命は短くて

2017-06-16 | 日記
遅ればせながら、4月後半から観察した花の命の長さについて・・・

この花はシラー・ベルピアナ(ネットで調べて確認しました)です。

この花を見つけたとき、一つの蕾と思ったものが、実は蕾の集合体であって、次々に小さな花を咲かせる花でありました。
まずは写真をご覧ください。百聞は一見に如かず。



花が開き始めて、10日くらいで花盛りの時期は終わりました。この間、蜂もよく来てました。

この後どうなったか?

次の写真を見ればわかります。



2日後には、ほぼすべての花が咲き終わり(2つの蕾を残すのみ)ました。上から見るとこの時期も結構綺麗です。

そして5日後には悲しい姿になりました。

花の命は 短い それとも 結構長い ?

思ったこと:
一輪の花の寿命は短い、そこで花をたくさん集め、次から次へと時間差攻撃的に開花させることで長期間蜂を呼び寄せ、受粉できるチャンスを増やす戦略をとっているんだろうなあ。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まあ、人生こんなもんさ | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kekokeko)
2017-06-18 22:29:25
こんばんわ。さっそ検索しました。ユリ科ツルボ属~ets~一見アバパンサスかとかと→そそっかしい単純人間で危うく間違うとこでした。
❝花の命は短くもあり長くもあり❞でしょうかハハハ~
この作者の諸作品は題名だけ知っていますが、読破したことはありません。まぁ諸々ありてハハハ~
Unknown (kekokeko)
2017-06-18 22:31:36
追記
①《アガパンサス》の間違いでした。
②~かとかと→文字が多過ぎました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。