JARIS

写真付きで日記や趣味を書くなら競馬ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

競馬の華やかさは牝馬と女性が作る

2017-05-11 11:07:38 | 競馬予想
レースの前半のウメノファイバーは、相沢師の指示どおりに後方待機にとどまった。・・・相沢師、蛯名騎手とも、この日に採った作戦がウメノファイバーにとって後々どのような意味を持ってくるか、など知る由もない。蛯名騎手が後方で気をつけたのも、「リズムを崩さないようにしよう」という程度のことにすぎなかった。

 ところが、ウメノファイバーが直線で唐突に繰り出した豪脚は、それまでの彼女とは次元が違うものだった。

「坂をものすごい勢いで上がってきた時は、正直驚きました」

とは、レースを見守っていたYSスタッド・斉藤安行氏の談である。生産者ですら予想しなかったとおり、府中の長い直線半ばにある地獄の坂を切り裂いて上がってきたのは、なんと紅一点のウメノファイバーだったのである。

 彼女は鋭い末脚で馬群の壁を突き破り、先頭を争っていたロサードとシルバーサーベルをまとめて差し切り、重賞初制覇を飾った。・・・これが、ウメノファイバーの一線級への名乗りとなった。重賞初勝利の相沢厩舎やYSスタッドは歓喜に沸き、

「次の阪神3歳牝馬S(Gl)も面白いぞ!」

と希望に胸をふくらませた。もっとも、この時点でウメノファイバーの特性がすべて分かるはずもなく、相沢師のコメントは

「早熟なタイプだとは思いますが、もっと体に幅が出てくれば、桜花賞あたりまでは楽しめるのではないでしょうか」

という「控えめな」もので、後に現実となる実際の結果とは、まったく異なるものだった。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オークス優駿牝馬とは | トップ |   

コメントを投稿

競馬予想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。