髭のおじちゃん初心者鉄日記

今年、鉄に目覚めました

鉄道初心者が乗り鉄・撮り鉄と色々やってます

京阪電鉄800系

2017年08月10日 | 鉄道
浜大津駅から乗ったのは京阪電鉄800系


この電車、なかなか面白い

まずは吊革


こんな風に折れ曲がって下がっているのだが


取っ手を持って引っ張ると、こうなる


普段は折れ曲がっているので車内はすっきり広々とした感じに見える

さらに画面中央の運転席背中側にある仕切りのカーテン


これがトンネルに入る前に自動で降りてきた

普通は運転士が手動で下げている電車が多い中、京阪電車はすごいな

すごいのは電車だけではなく路線もだ

この電車が走るのは京阪京津線(けいしんせん)


京津線は、京都府京都市山科区の御陵駅から滋賀県大津市の浜大津駅までを結んでいるが、電車は御陵駅から京都市営地下鉄東西線に乗り入れている

従って東西線から御陵駅までは地下を走り、その後は通常の軌道になり、最後は路面電車のように道路を走る

800系は日本で唯一の地下鉄区間と併用軌道(路面電車)区間を直通する車両なのだ

こちらが有名な浜大津の大カーブ 画面左が浜大津駅


浜大津駅に向かって4両編成の800系がレールを鳴らしてカーブしてゆく姿は大迫力だ


すごいのはこれだけではない

自動車などとの接触事故が起こった際に車体の修復を容易にするため、軽合金車体主流の時代であるがあえて普通鋼製車体としているそうなのだ

抜かりはないな京阪

ええもん見たわ

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村

鉄道ランキング
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大津駅の秘密 | トップ | 阪急電車は渋い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL