髭のおじちゃん初心者鉄日記

今年、鉄に目覚めました

鉄道初心者が乗り鉄・撮り鉄と色々やってます

初心者鉄 ノープラン静岡遠征 大井川鉄道編 その2

2017年06月13日 | 鉄道
列車は大井川沿いをゆるゆると北上


川根温泉駅


こんな看板が掲げられていた


撮影する時はルールを守らないとな

隣の地名駅(じなえき)の先に変なものが見えた


川根電力索道用保安隧道といい

ウィキさんによれば

線路上をまたいでいた貨物索道(ケーブル)から線路を保護するために建設されたが、現在その索道は廃止され、トンネル部分のみが残存する格好になっている

とのことで、大井川鉄道は日本一短いトンネルと称している

なるほど、この上に荷物を運ぶケーブルがあり、そこからの落下物を防ぐためのものなのね

確かに短い


列車はさらに北上


大井川にはこの先も含めてやたらと吊り橋がかかっていた


金谷から1時間15分で千頭に到着


ここまでが大井川鐵道大井川本線

待っていたのはこの景色


子供に大人気のトーマス機関車


なんか不思議な光景だな

この先は大井川鐵道井川線に乗り換えだ


本数は極めて少ない 1日5本のみだ


乗るのはこの車両


なんかやたらと小さい感じがする


客車内部は横に座席が3つしかない


元々線路幅が762mm軌間で建設されたためらしい


現在は貨車を直通させるために1067mmに改軌されているが、トンネルなど車両限界が小さいため、車両もそれに合わせて軽便鉄道程度の大きさなんだそうだ

機関車はこちら DD20形ディーゼル機関車


1982年に大井川鉄道(当時)が導入を開始したディーゼル機関車で、1986年までに6両が製造され、同社井川線の全列車の動力車として使用されている

とのことだ

さて、この先どんな景色を見ることができるのかな
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村

鉄道ランキング
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初心者鉄 ノープラン静岡遠... | トップ | 初心者鉄 ノープラン静岡遠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL