髭のおじちゃん初心者鉄日記

今年、鉄に目覚めました

鉄道初心者が乗り鉄・撮り鉄と色々やってます

初心者鉄 ノープラン静岡遠征 井川線編 その1

2017年06月14日 | 鉄道
いよいよ千頭を出発


機関車のある方が先頭だと思っていたら、逆方向に動き出した

なので前面展望は撮影できなかった

残念である

先入観とは恐ろしいものだ

大井川を右手に見ながらゆっくりと北上する


窓が開けっ放しなので心地よい風が吹き込み、なかなか爽快だ


ただし虫がばんばん飛び込んでくるので、昆虫嫌いにはきついかもしれない


この路線の特徴はやたらと多い鉄橋とトンネルだ

トンネルは61か所、鉄橋は55か所もある

さらには急カーブが多く、キーキーと線路と車輪の擦れる音をさせながら進んでゆく

また落石が多く、そのために今回は3回も停車した

緊急停車 大井川鉄道井川線


その度に車掌が線路に降り大きな石をどけてゆく

なかなかワイルドな路線だな

あとで調べてみたら2014年(平成26年)9月2日に閑蔵駅の約600m南側で崩土のため、接岨峡温泉 - 井川間が運休し、2017年(平成29年)3月11日に接岨峡温泉 - 井川間が復旧したばかりだ

こんな風景を眺めながらゆっくりと進む
大井川鉄道井川線 泉大橋


こうしてアプトいちしろ駅に到着


ここから先は90‰(パーミル)の日本一の急勾配

90‰とは1000m進んで90m上がるという意味だ

その坂を登るため、この駅では機関車ED90形をもう一台連結させる





大井川鐵道井川線 アプト式電気機関車連結シーン


アプト式とは線路の中央に敷かれたギアに機関車の歯車を噛み合わせて坂を登ってゆく方式だ


なんでもアプト式が現存するのはこの井川線だけだそうである

こうしてアプト式機関車に押されて急勾配を登ってゆく
大井川鐵道井川線 90‰の急勾配


長島ダム駅で来た方向を振り返る

画面中央左が日本一の急勾配だ


その寄り


ここでアプト式機関車を切り離し先へと進む

景色を楽しんでいたらまた急停車だ

この日3回目である

車掌が石をどけている


戻ってきた車掌に「よくあることなんですか?」とたずねたら

「ええ、しょっちゅうですよ」とのこと

「今日はこんなのが落ちてました」とスマホで撮影した画像を見せてくれた

そこには線路幅の三分の二ほどの大きさの石が三個ばかり転がっていた

そんなこんなでやっと終点井川駅に到着


駅員が歓迎のカードを手に出迎えてくれる


終点はこちら


雑草の中に線路が消えている


右が駅舎、左が売店


こんな所にもアニメ風のキャラクターがいた


今や日本全国どこにでもいるのだろうな

アニメ化の話があったらぜひ仕事をいただきたいものだ

このあとあたりを散策するつもりだったが、3回の緊急停車のため16分遅れで到着したため、すぐに折り返しになった

残念だが仕方がない

折り返しに乗らなければ、次の列車は一時間後なのだ

こうして帰途についたのだが、この先見どころはまだまだあった
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村

鉄道ランキング
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初心者鉄 ノープラン静岡遠... | トップ | 初心者鉄 ノープラン静岡遠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL