かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

緑の血

2015-11-30 17:18:45 | 食・レシピ
先週家内の実家から大きい箱一杯のキューイとみかんを送って頂いた。沢山詰め過ぎたか運送中の扱いが乱暴だったせいなのか、大ぶりのキューイの半数近くが潰れていた。今回いつもと比べて酷く潰れていた。家内はもう捨てるしかないと言うので、私は「潰れても味は変わらない、それなら俺が食べるよ」と待ったをかけた。

翌日、家内や息子が仕事に出かけた後潰れたキューイをより分けて食べた。傷んだまま放置しておくと辛くなり、さらに時間が経過すると酸っぱくなる。若干辛みがあるものもあったが、殆ど総て甘くて美味しかった。潰れて無く固い部分は包丁で、柔らかい部分は手むきで皮を剥がし、底が深めのお皿が一杯になるまで盛って食べた。

多分十数個むいたと思う。それを1日かかって食べたが、全部は食べきれなかった。夕食はいつもの様に食べれたから、多分キューイ用の胃袋は別にあるのだろう。翌日になっても特別体調に変化はなかった。便の色が緑になっているかと思ったが変わりはなかった。だが、いつもよりかなり柔らかかった。

私の母や家内はミカン農家の生まれで、冬になると何時も身の周りにミカンがあった。買って食べる果物じゃなかった。子供の頃ミカンをよく食べた妹は冬になると手が橙色になった。思い出して自分の手を見ると、普通の老人の手だった。手は緑色になってないが、もしかしたら緑の血が流れているかもしれない。

その後も毎日数個の潰れたキューイを食べている。家内は別居の子供、会社の友人やご近所等に傷んでいないキューイを差し入れするものだから、送って来た箱の底には潰れたキューイとその汁がまだ残っている。だが、傷んだキューイの殆どはまだ甘くて美味しい。何の問題もない。本当に緑の血が流れるまで食べるぞ。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポーツの秋

2015-11-29 20:50:27 | スポーツ
月曜日の勤労感謝の日に息子が府中多摩川マラソン大会に参加してハーフマラソンを走った。彼は子供の頃から積極的にスポーツするタイプではなかったのに、2,3年前からジョギングをするようになり突然の公式大会出走だった。府中多摩川マラソン大会というと今年38回目でかつては瀬古や渡辺、大須田等の日本を代表する長距離ランナーが走った大会だ。

多摩川河川敷の野球場で息子が出発する様子を見守った後、中間点に向かい戻って来る息子を見守った。1時間余り経過後、淡々と走る息子の姿を見つけた。自然なフォームで無理な感じがせず完走できそうだとホッとした。彼は土手で見守る私に気付き手を振った。その後出発点に戻り先頭ランナーのゴールインを見た。昔の瀬古ならとっくにゴールインしているタイムだった。時代は変わった。

それから1時間余り経って息子が戻って来た。タイムは2時間13分、初めてにしては上出来だと思った。ゴールイン後、彼は足のどこにも違和感が無いと言い、二人で歩いて自宅に戻った。無理のないフォームで走っているという私の感触は正しかったようだ。翌日も少し筋肉痛があった程度だというから間違いない。次回は2時間を切りたいという。彼は健康の為走り始めたが、もしかしたら市民ランナーを目指しているかも。

今日は私の番、市の協会が主催するバドミントンのミックス団体戦に参加した。昔と比べると参加者が少なく、たったの24人。しかも女性が少なく、1チーム6人で複・複・男子ダブルスの3ゲームの団体戦だった。しかも、員数調整で私は女性プレーヤーとして組み分けされた。昔なら屈辱もんだが、今は参加させて貰いプレーできるだけで楽しい。そして、5ゲームやって全敗だった。若い女性がいる本物のミックスチームに勝てなかった。

私のプレーぶりを見て45歳というベテランプレーヤーが助言してくれた。私は早く動けないと思っているせいで、慌てて動きシャトルを打った後体勢を崩して相手に狙われている。「ゆっくり」動いて体幹を使って素振りするフットワーク練習を見本を示して勧めてくれた。私にとって身に覚えのある的確な指摘で感謝し、これからやってみると答えた。半年後には違いが出て来るとのこと。今日の所はボロ負けでパートナーに申し訳ないことをした。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリ・テロ事件が突き付けた現実

2015-11-26 17:54:20 | ニュース
パリがイスラム原理主義(IS)のテロで市民生活が麻痺し異例の3か月戒厳令が発令され、仏米アラブ諸国に加えロシアが軍事面で連携しIS空爆作戦を開始した。だが地上軍の投入無くしてIS殲滅は困難とみられ、ロシア爆撃機撃墜でトルコと対立するなどIS掃討の先行きは容易ではないようだ。一方、米国では5000万人近くの人が移動するといわれるサンクスギビング(お盆のように家族が集まる祝祭日)に先立ち、オバマ大統領は「米国に対する脅威があるとの情報は得ていない」と述べ、米国を覆う不安の払拭に努めたと報じられた。

ところが、好対照なのがマーケットの反応だった。世界が右往左往している間も市場はびくともしなかった。有事のドル買いと言われるが、若干ユーロ安が進んだがドル高も円高の進行もなかった。テロ発生後も世界の株式市場は概ね堅調に推移し、今日の東証は日経平均は2万円に迫る勢いで引けた。8月の中国の為替介入以降世界のマーケットは大揺れに揺れ、FRBの金利上げを巡り新興国からの資金引上げが始まり為替相場が動き新興国経済に大きな影響を与えたのと比べると大違いだ。

中国・米国のちょっとした変化でも一喜一憂して大きく上げ下げした市場が、欧州の動揺に対して少しも動じる様子が無かった。私はこれを見て言い古された言葉「西洋の没落」(シュペングラー)が頭に浮かんだ。米国がもたもたすると好んで「米国の影響力低下」と指摘する人達が今度は「欧州の没落」とは言わない。何故言わないのか、最早新たに取り上げて言うこともない当たり前の事実なのか分からない。私はテロの惨事以上に市場の無視の方が衝撃的だった。

今日の日本経済新聞は時価総額が100億ドル(約1.2兆円)を超える企業1221社のうち、米国425社、アジア377社、欧州287社と報じた。アジアの100億ドル超企業が10年で4倍に増え、いまや米国とアジア合わせて世界大企業の2/3を占めているのだ。オバマ大統領がアジアにシフトするという政策は至極当然なのである。米国の反対を見越しても中国との取引を強化した英国は、彼等なりのやり方でアジアにシフトしたと考えられる。独仏もさりなん。現実的に経済の中心は大西洋から太平洋に移ったのだから。

一方で、多くの人を殺傷し恐怖を与える点ではテロは成功したが、パリの都市の基本機能は維持され経済的なインパクトはなかった(ファイナンシャルタイムズ11/20)という分析もある。9.11を除いて大きな経済的インパクトをもたらしたテロはないという。そもそもテロで経済に長期的な影響を与えることは出来ない、従ってパリ事件に対して市場の無反応をして欧州の「相対的」没落の象徴とは言えないということになる。

私はそれでも「欧州の没落」を感じる。米中で同レベルのテロ事件が生じたらそうはいかないと。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暴論・大阪ダブル選挙考

2015-11-24 18:08:49 | ニュース
22日実施された大阪府知事・市長選挙は維新の圧勝に終わり、早速来年の参院選など国政への影響に重点を置いた報道がなされたように感じる。大阪都構想を問うた5月の住民投票で維新案は否定された時、「大阪市民の大馬鹿野郎とか、今日のことしか考えない高齢者に将来のことを決めさせてはいけない」と暴言を投稿した。

にもかかわらず、何故今回は維新が勝ったのか議論する。東京都民の私から見ると5月以降大阪では何も起こっていないように感じた。報道では大阪都構想に代わる何かが議論され進んだという状況が全く無かったので大阪の人達はもう一度維新にやらせてみようと票を投じたと推測する記事を見かけた。

多分、それもあろう。だが、そんなことは初めから分かっていたことではないのだろうか。そもそも自民党・民社党・共産党が連携して選挙を戦うなんてことがあり得るのだろうか。政策的に自民党は維新に最も近い政党であり、共産党はもっともっとも遠い政党のはずだ。最初から自民と共産が組むなんてありえないと思った。

野党共闘に違和感を持った自民党支持者票の多くが維新に流れたのは当然と思う。安保法制の時と同じ構造的なものを感じる。民主党と共産党の共闘に強い違和感があった。民主党は国の安全保障のためにやるべきことの議論を封印して、ただ反対の為の反対をして共産党と組んだ。共産党と同じなら民主党の支持率が10%にも満たないのは当然だろう。

もう一つある。住民投票時には高齢者票が大阪都構想否決に決定的な役割を果たした。今回、投票率が低かったのが影響したのかどうか手元にデータが無い。私の推測は、人々の考えはそう変わってないが、高齢者の棄権が他の年齢層より多く投票率低下に貢献し、それが結果的に維新の勝利に結びついた。

更にもう一つ暴言。大阪都構想反対の特に市議会議員は、議席という既得権益が無くなるのが嫌なのだと感じる。それなら非維新がイデオロギーの違いを投げ打って全て反対に回る理屈が通る。それなら5月以降の無策ぶりも納得できる。

最後に暴論の言い訳。少数派の代弁者としての共産党の役割を否定している訳ではない。更に、私自身も高齢者だが将来世代を担う若者の為に我慢する覚悟はある。子供の頃は戦争直後で、何も無い生活には慣れている。幼稚園の子供の声がうるさいとクレームする積りはないし、高速道路を逆走して未来を担う若者を死なせないよう精一杯気を付ける(少し不安)。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抜歯!

2015-11-22 16:58:23 | 健康・病気
「こりゃー、抜かなきゃダメですね!」とレントゲンの写真を私に示して先生は言った。入れ歯を支持する役割の本物の右の下奥歯(多分、小臼歯という)の根が元から折れていた。食物片が虫歯に溜ったと思ったが、歯が割れて歯茎との間に隙間が出来ていたためと分かった。実は以前から左奥歯も縦に割れており、抜歯を嫌がる私の訴えを聞いて様子見になっていた。

両側の歯が折れているのでもう麺類のような柔らかな食べ物しか咀嚼できなく、やむを得ず一昨日歯医者に見て貰うことにした。先生は「噛む力が余程強いか、歯ぎしりが激しいか」だろうと言うが、私は入れ歯が増えて残り少ない本物の歯に力が集中した結果じゃないのかなと思った。歯が縦に割れるのは珍しいという。もしかしたらバドミントンをやっている時に思い切り歯を噛むせいかもしれない。

どんな原因だろうが歯を抜いて治療するしかないと諦めた。先ずは右側の歯から。痛みにメチャメチャ弱い私は想像するだけで怖かった。だが痛かったのは麻酔をかけた時だけで、抜いた瞬間が何時だったのかもわからなかった。昨日抜いた歯の跡を検査してもらう為再度クリニックに行って化膿してないことを確認して貰った。

その後、先生は足掛かりの歯が無くなった入れ歯を改造して仮に使える様にしてくれた。年齢のせいで歯がボロボロに弱ったと諦めていたのに、仮付けの入れ歯でも久し振りに固いものが食べられ感激した。次に本物の入れ歯を作り、その次に左側の歯を抜いて入れ歯を作ることになるだろう。うんざりする程先は長い。

田舎の歯医者崩れの友人がそんな風なことを言ってたのを思い出した。私が痛いのは嫌だというとそれ以上無理に抜けとは言わなかった。どうせ他人の歯だと思ったのか、私が本当に嫌そうな顔をしたのかどっちかだろう。別に相談した訳でもないのに文句を言う筋合いではないが。

ところで久し振りのクリニックには顔馴染みの看護婦や歯科技師が見当たらなかった。レントゲンを撮るためフィルムを口にれる手つきがぎこちなく、新米技師が先生の指示を受けてやる作業が見るからに心持たない。以前だったら通用する冗談にも一言「そうですか」との生返事。昨日は受付の娘だけ見覚えのある顔が戻っていた。こりゃクリニックの経営も大変そうだと勝手に想像した。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加