かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

大胆解説・東芝不正会計(企業文化)

2015-07-30 11:33:17 | ニュース
第三者委員会の調査報告発表以来、日本経済新聞は東芝の「プライドが統治阻む」と題して専門家の見方を報じ、続けて「堕ちた東芝」と題して読み応えのあるコラム記事を連載している。多くの他のマスコミも主として東芝で何が起こったか、何故間違えたかという視点で報じている。

私の目で総合すると1)代々経団連幹部を輩出した日本を代表する名門企業の驕り、2)終身雇用で凝り固まり上には逆らえない企業文化で激しい競争に直面し思考停止した、3)先進的な内部統制は見かけだけで機能せず、4)第三者委員会そのものが東芝からの委嘱で踏み込み不足を指摘する声が多かったと思う。

その後の日経の連載コラム「迫真」によると第三者委員会は、私が想像していたより不正解明に深く切り込んでいた気がする。特に第2回目(7/29)で社員210名に聴取し社内メールを復元し、証拠を突きつけて経営陣を追い詰めたというくだりは迫力があった。現代は社内の指示系統で「言った、言わない」の水掛け論を飛び越えて、ドーンと証拠が突き付けられる時代になったのだ。昔なら関連文書が破棄され真実は数人の胸の内だった。

この記事の意味するところは、予想した通り東芝の数百人は不正に関わったということだと考えてよいと思う。予想より遥かに酷かったのは、トップから関係する幹部まで具体的に不正を指示したことだ。悲しいかな三代の社長にわたってリンゴは芯まで腐っていた。それどころか芯から果肉まで腐敗が進んでいた。

私の最大の関心は何故長きにわたって不正が見逃されてきたかだ。今迄の所マスコミ報道は「上には逆らえない企業文化」のせいで済まされている。何だか先の大戦の責任が国民全員と言って済まされている様な気がする。もう少し切込みが必要な気がする。曖昧なのは幹部社員の個人名が出ることになるのを恐れてのことか。

発端は証券取引等監査委員会への内部通報から始まった。調査が進むにつれ上記の様に「筋の良くないメール」が続々と出て来て第三者委員会の衝撃的な報告になったという。そこで多くのメールが削除され証拠隠滅の疑いもあったという。もっと早く内部通報が出ていれば軽傷で済んだはずなのにという思いは消えない。

私は企業文化では済ませられないと感じる。大袈裟だが、私はかつての典型的な日本文化の残滓のようなものを感じる。人は定年まで勤め上げようと思い会社を選び働き始める。その人にとって会社が自分が住む世界になり、その中でルールを守り成果を上げて昇進しようとし会社への忠誠心を高める。東芝だけでない、日本の大企業ならどこでも類似の文化があったし、今も残っている。

言い換えると自分の価値が社内評価、つまり上司の評価で決まる。だが、私の知る米国では自分の価値を職業に置く人が多かったと思う。人事とか会計とか自分の専門分野で高く評価されることでキャリアを積む。キャリアの為に自分の評価を高め、社内で昇進するか会社を変えて地位を高める。その場合、個人にとって重要なのはその職業の世界で評価されることだ。ということは不正に関わったらその人のキャリアはお終いだ。

これ等の人達はプロフェッショナルといって良い。私は東芝に少しでもプロフェッショナルもしくはその心を持っている人がいれば、三代の社長になるまで待たずとも社内で告発があり東芝の内部統制機能が働いたと思う。東芝だけの問題ではないと指摘したのは、上記の様に類似の企業文化はどの会社にもあったからだ。今も無くなったとは言い切れない。

更に言うなら、この問題を扱う日本のマスコミすら同じ文化圏にあるからだ。同じメディアに努める記者は、誤報だと分かっていても上司の指導に従う例が最近もあった。多分朝日新聞だけではない。米国で誤報に関わったと見做されたジャーナリストの未来はないと思った方が良い。

東芝の問題は私のようなかつてのオールド・サラリーマンだけではない、今も続く皆の問題でもあるとつくづく思う。時代は変わり今回威力を発揮したディジタル監査なんて怖い道具立てもある。だが、大学生諸君が一斉に就活に繰り出す姿を見ると、現代の若者たちも余り変わっていないと不安になる。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フチ子ちゃんの正体判明

2015-07-27 10:25:12 | 日記・エッセイ・コラム
遂にフチ子ちゃ~んが誰か分かった、私だけの妄想で。2週間前一時帰国(帰京)して銀座で家族の誕生パーティをやった時、孫がフチ子をプレゼントしてくれた。今度はお風呂のフチ子だ。もちろん彼女も田舎に持って帰って、書斎のパソコンの上で他のフチ子と一緒に私の目の前にある。時々目を合わせ和む。

数日前にフチ子ちゃんのモデルが誰か分かった、正確には分かった気がする。午後やることが無くダラダラとテレビを見ていると、フチ子ちゃんの顔そっくりの若い女性が出演してた。若き日の沢口靖子だった。今と殆ど変わらない美しさだが、少し細面につぶらな瞳が超かわいくまぎれもなくフチ子ちゃんだった。

沢口靖子の私のイメージは年をとっても端正な顔立ちを保ち、何事にも手を抜かず一生懸命に役に取り組む素人っぽさの印象を残す(本当はそうじゃないと思うが)、大好きな女優さんの一人だ。それがフチ子ちゃんに感情移入した原因かもしれない。沢口靖子と違ってフチ子ちゃんは時々白いパンティが見えるのがとてもいい。

ここまで書いてパソコンの上を見た。何故だかフチ子ちゃん全員が私を見ている。先ほど友人に頂いた柚子入り和風ロールを食べようとして、あちこちに黒カビが生えているのに気が付きがっかりした私を慰めてくれているようだ。好物のイガマンにもカビが生えていたらどうしようと一瞬心配になった。早々にチェックしよう。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康診断結果に頭を捻る

2015-07-26 12:41:46 | 健康・病気
一時帰国(帰京)した時に受けた定期健康診断の結果が郵送されてきた。受信当日医者との面談で体重増と腹囲増のバランスがおかしい、体重増以上に腹囲が増えていると指摘された。つまり、比重の重い筋肉量が減って、腹の周りに比重の軽い脂肪が増えた、その増え方が著しく大きいのが問題と解釈した。

送られてきた血液検査の結果はHDL(善玉コレステロール)変わらず、TG(中世脂肪)が減少し、LDL(悪玉コレステロール)が増加し、目安となるLDL/HDLが基準値2.4を遥かに超え3.48になったことだ。米国から帰任する前後の90年代末に体調が劣化した頃の値を上回った。かなり危機的な状況だ。その頃と体重はほぼ同じだ。しかし、当時の腹囲は82-83程度で見かけは今より堅肥りだったと思う。

生化学指標が悪化した原因には心当たりがある。5月中頃にやった生爪はがしとその後に続いた痛風で、1か月間自宅にこもりきりで殆ど運動できなかった後遺症だと思う。その時痛風だと思った症状は医者が言った通りばい菌が入ったせいかも知れない。というのは昨年から服用を再開した薬の効果で、尿酸値は正常値の範囲内に収まっていたからだ。症状は長引いたが何度も経験した痛風そのものだったのだが。

甘いもの好きで遺伝的に糖尿病の恐れがあるかもしれないと思っていたが、血糖値は1年前より若干増加したが正常値の範囲に収まっていた。以前から先生に指摘を受けていた腎機能の低下は、今回若干ながら指標が改善していた。先生からは良くなることはないと言われていたのだが、誤差の範囲ということか。以前軽度の動脈硬化ありと指摘された眼底検査も所見無しだった。

この2年間にわたり減塩してきた結果が分かり易い形で表れてないような気がする。血圧が低下したのは薬の効果だと思う。コレステロールの悪化は太り過ぎのせいだ。この健康診断を受けて当座の生活習慣見直しは不要で、現在まで続けて来た1)減塩を継続、2)有酸素運動に無酸素運動を含める、3)体重を3kg程度減らす、で行こうと思う。問題は如何に実行するかだ。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お待たせ梅雨明け

2015-07-25 12:06:07 | 日記
日本で最も遅い四国の梅雨明けが昨日宣言された。蒸し暑い盆地の気候が続き本当に困っていた。一昨夜シャワーを浴び下着を着替えたところで、丁度1週間分の下着の蓄えを全て使い切った。もっとも天気予報で昨日は晴れるのは分かっていた。1週間分の洗濯物を干すと2本の物干し竿全面に下着が並び、ズボンやシャツは東屋の樋の支持金にぶら下げた。

もっと大変だったのは1週間高湿度で空気の入れ替えが十分でなかった部屋だった。あちこちに白いカビが生え、特に台所や居間・玄関当りがカビ臭い。湿度管理という点では、実家は3つの領域に分けられる。1階の西半分と東半分、2階全体だ。

1階西側は築後100年以上たち木材の水分はない。2階は地面からの水分が上がってこないのだと思う。問題は台所・居間・玄関(かつて土間)のある東半分で、真下に山からの伏流がある上に2度の改築で材木が新しい。古い木材との継ぎ合わせの部分で、新しい無機材にのみカビが生えているので因果関係ははっきりしている。面白いのは改築には関係ないのだが、母が買った玄関の下駄箱にもカビが生えていることだ。

何れにしろ高温多湿が続くと絶好のカビ環境になる。板張りの居間にカーペットを敷きコタツテーブルで食事をとりテレビを見ているが、雨の日が続き始めた頃から座椅子が湿っぽくなり部屋全体がカビ臭くなったのに気付いた。多分エアコンを付けて湿度コントロールすれば良かったのだろうが、それ程暑くなかったし何でも節約してしまう私の習慣が働いた。

洗濯物を干し続いて居間に置いてある敷物や座椅子を外に出して干し、居間の置物を動かして掃除をした。モノを置いたところは全て風通しが悪くなり一面に白いカビが生えていた。見えない所のカビはもっと酷かった。臭いはずだ。カビを拭き取り1日中玄関や窓を全て網戸にして風を通したのだが、まだカビ臭い。

カビに悩むのは私だけではなかった。この地に長く住む近所のオバちゃんにカビ対策を聞くと、一人(80代)は雨の日でも台所と風呂場は窓を開けて徹底的に風通しする、もう一人(90代)は雨の日は締め切って湿気が入らないようにするという。皆悩んでいるのだ。家の構造や立地によって対策が異なるかも知れない。両家とも古い家に住み易くする為の増築をしている。

私の所ももう少し対策しないと何時まで経ってもカビ臭い家に住むことになる。洗濯物等を取り入れ元の位置に戻した後、夕方散歩を兼ねて徒歩で買い物に出かけた。堤防を歩くと赤トンボの大群がいた。昆虫を全く見かけなくなったと思っていたが、赤トンボだけは健在だった。他に昆虫がいないか探すと申し訳みたいに塩カラを1匹見つけた。いよいよ猛暑の夏が始まりそうだ。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベストカップルの誕生 日経FT

2015-07-24 12:19:16 | ニュース
日本経済新聞が英国のファイナンシャルタイムズ(FT)を買収すると今朝方ニュース速報が入った。規模的には決して大きいM&Aではないが正直驚いた。FTは私が最も信頼するニュースソースで、海外紙の中でも最も良くチェックする。世界的にも高く評価されており、日本のメディアも是非お手本にして欲しいと思っていた。

FTの記事は日本のマスコミとは異なる視点で公平なものの見方を知る助けになった。英語の読解力が年々劣化して来た私にとって、FTの記事を紹介する日本経済新聞は効率的な道具だった。客観的に見てこの買収は日本のメディアが世界的なメディアになる絶好のチャンスだと思う。私はそれを長く望んでいた。

規模だけを見ても両社合わせるとディジタル時代の経済情報を発信する世界最大の報道機関になるという。個人的にも私が日頃求める情報を効率よく入手する道具立てとして、この買収は理想的でベストカップルの誕生の様に見える。更にはこの買収が日本の他のメディアに良い影響を与えることを期待したい。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加