かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ハグフリー

2013-04-28 22:18:15 | 社会・経済

 家族が銀座に集まって昼食をとり家内の誕生祝をした。その帰りに数年前に復活したホコ天の中央通りを大勢の人達が歩いていた。しばらく歩くと前方に「ハグフリー」という看板を掲げた若い女性達がいた。それを見て「エー、そんな美味しい話があるの!?」、私は可愛い娘を見つけてにっこり笑い躊躇なく声をかけた。<o:p></o:p>

 「俺、やってもいいよ」と言って両手を広げると、彼女が飛び込んできて即ハグをした。何故か周りで笑い声が起こった。恥知らずの変なジーサンとでも思ったのか知れない。見回すと、意外にも私のようにチャンスを生かす人は珍しいようだ。「やらしい」言い方をすると、若い娘とタダでやれるチャンスなんてそうはない。ハグフリー万歳だ。<o:p></o:p>

 後ろを歩いていた娘はハグフリーの看板に気が付いていて、「お父さんは絶対やると思ってた」と家内に言ったそうだ。その通りになった。彼女は私が「やらしい」気持を無くしていないと信じていたようだ。よく分かっている、信頼してくれて有難う、と言いたい。多分、娘はこのジーサンとは無関係ですみたいな顔をしてたのだと思う。<o:p></o:p>

 このブログの投稿履歴を調べてみると一度ハグについて書いいていた。2006年に日本シリーズに勝った日ハムの全選手がハグをしているのにぎこちなさを感じた、やる方か見る方のどちらかが慣れてなかったのだろうと推測し、米国赴任中の経験を紹介している。それから7年、日本人の間でハグするのをテレビ等でよく見かけるようになった。<o:p></o:p>

 だが、身の周りの日常生活ではまず見ないし、田舎にいると絶対というほど見かけない。90年代半ばの単身赴任時代に当時高校生の娘が何度か訪ねてくれ、日本に帰国する時空港でハグをするとすごく嫌がった。それから殆ど変っていないように感じる。ハグフリー運動よ、頑張れ。!■

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無定見メディアと出し惜しみ

2013-04-25 22:38:33 | ニュース

 風邪をひいて家にごろごろしていた間、テレビ人間の私がテレビ漬けになった。新聞と読書以外は殆どテレビに費やした。主にMLB野球中継とケーブルテレビの映画を見たが、その間にニュースやバラエティー番組を見て、余った時間で食事した感じだ。<o:p></o:p>

 その結果得たものは、ニュース報道の問題を再認識だった。1週間のテレビ漬け人が素人のテレビ報道批判をする。<o:p></o:p>

 ニュース番組が伝えるニュースは、多くの場合「事実」とともに「その事実をどう考えるか」も合わせて報じる。多くの事実から何を選んで報じるかにも問題はあるのだが、今回は後者のニュースの見方・解釈の問題を指摘したい。昼の番組で素人のタレントがする無知なコメントのことではない。<o:p></o:p>

 それは長年続いてきて安倍政権に引き継がれ、むしろ悪化の道を辿る恐れがある外交問題の報道だ。経済政策を光とすれば、中韓関係は陰だといってよい。この1週間、新聞テレビを賑わしたニュースの中に内閣要人や国会議員が靖国神社を参拝し、中韓両国が反発し予定された外交会議がなくなったことがある。それに対し安倍首相や麻生総理代理の反論も伝えられた。<o:p></o:p>

 これまではいわば「事実の報道」だ。問題はそれをどう見るかだ。先ず中韓両国のメディアが我が国の歴史認識を批判し外交関係に悪影響を及ぼすと伝えたとニュース番組は紹介した。その後、コメンテーターやキャスター達が「その事実をどう考えるか」として、関係悪化させた安倍内閣等の外交運営のまずさを指摘して終わる、大雑把に言うとこれがテレビ各局の報道だった。<o:p></o:p>

 だが、私はその解釈の部分を見てひどく違和感を感じた。中韓メディアは明確に日本政府及び国会議員団の行動を非難したが、日本メディアは争点の議論はすっ飛ばし、更に中韓政府当局の対応についても何ら評価せず、ただただ外交関係悪化させた日本政府の対応のまずさを指摘した。民放ほどではないがNHKも同じ傾向があったと思う。<o:p></o:p>

 問題は対応のまずさであって、本質的に政府や議員たちの行動が良し悪しは言わなかった。私にはニュースを報じる連中はこの件に対して考えが無い、もしくはあっても意思表示しないと決意し、やり方のみを批評する小手先の報道をしたと考える。全く無定見な連中だと思った。中韓当局の仕返しを恐れてか、もしくは日本の視聴者の反発を恐れたのか、情けない奴らだと。この手の報道の在り方が物事を進めなくする環境を作ると。<o:p></o:p>

 蛇足<o:p></o:p>

 ついでに、もっと次元が低いけど日常的に見かけることで、テレビ人間ならではの個人的な違和感を紹介をしたい。それは番組内で問題を投げかけ、モザイクをかけた映像で答えを示し、興味を引っ張ったままコマーシャルを流し、その後番組に戻ってモザイクを取って答えを明かすやり方だ。

それを何度も繰り返されると制作側の「あざとさ」を感じて、年を取って短気になった私には我慢できなくなりチャンネルを変えてしまう。その問題自体には興味があったりすると尚更腹が立つ。「もったいぶらずにさっさとと答えを出せ」と思わず独り言を言いそうになった。最近はその「出し惜しみ」手法がクイズだけでなく普通の番組にまで使われたりして、一層不愉快になる。<o:p></o:p>

気になるのは「出し惜しみ」手法を民放だけでなくNHKまで使っている。元々コマーシャルの間に視聴者の興味をつなぐ為だったと思うが、NHKは強い印象を与えるある種の強調に使っているようだ。屁理屈だが、気の短い視聴者、特に高齢者の健康の為に多用は避けてほしい。母がテレビを見なくなった頃から認知が進んだ、出し惜しみは高齢者向けではないと思う。■

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胸が痛い

2013-04-24 22:06:15 | 健康・病気

 風邪をひいてから6日経った。近年めったに風邪をひかなくなった。風邪をひいても割と軽い症状で治った。だが今回の風邪は思ったより長引き、経験のない症状が出た。平熱なのに何故か体がだるく風邪をひいた時と同じ感覚なのだ。それに熱がないのに筋肉痛のような痛みを感じる。<o:p></o:p>

最初に症状が出たのは先週木曜日で、異常に鼻水が出た。その翌日は加えて喉が痛くなった。だが激痛というほどではないので、食べ物が喉を通らないというほどではなかった。食欲は変わらずあった。体調が悪くても常に食欲はあるのが私の数少ない取り柄だ。それがなくなったときは多分本当の危機だろう。今回、家内が買ってきてくれた飴でのどの痛みも何とか済ませられた。

3日目は自覚症状は同じだった。一時的に冬に戻ったように気温が下がったので一日中エアコンをつけて家にこもった。だらだらとテレビを見ているだけ。新聞すら読む気力は起こらなかった。数独を何度かトライしたがうまくいかなかった。<o:p></o:p>

 4日目は少し良くなった気がして散歩コースの一つ中央図書館に行き、最近人気の百田尚樹の本を見つけ借りた。夕方の帰り道は風が冷たく感じた。良くなかったかもしれない。この頃から肋骨から右胸あたりに筋肉痛のような痛みを感じ始めた。<o:p></o:p>

 日課の皿洗いと洗濯物の出し入れはこの間ずっと続け、近くのコンビニと図書館に2、3度行っただけで寒気が戻ったこともあり外出は極力避けた。食欲は普段と同じだったが、毎日飲んでいたワインは美味しいと感じなくなった。熱がなくとも体内で化学変化が起こったのだろう。<o:p></o:p>

一昨年に前立腺肥大症で苦労した頻尿が再発した、と思った。だが、4日目頃からコーヒーを飲む頻度も減らし、白湯を飲んだら排尿の頻度が正常に戻った。コーヒーの排尿効果のせいか、家にこもって運動量が減り汗をかかなくなったせいなのか分からない。<o:p></o:p>

 5日目の昨日から超難度クラスの数独が解けるようになった。新聞も詳細記事まで目が通せるようになった。鼻汁や右胸の痛みなど他の症状は変わらないが、頭の動きは回復してきたようだ。だが、籠りきりで筋力がどの程度落ちたか気になる。<o:p></o:p>

 昨日は藤沢正平の「闇の傀儡師」、6日目の今日は百田尚樹の「影法師」を読み切った。多分、明日は鼻汁が止まり体調を取り戻すだろう。これまでの経験だと、ここまで体調が回復してくると思い切り運動をして、体内の悪い成分を汗と一緒に流し出して完全回復となる(勝手な思い込みです)。<o:p></o:p>

 汗を流す時期をあせると風邪の症状がぶり返す。やってもいいタイミングがどうだったか覚えていない。近年ジョギングの効果で気管支が鍛えられて風邪をひきにくくなり、仮に風邪をひいてもすぐに治った。今回風邪をひいたのは年齢のせいか、ジョギングが減ったせいか。右胸の痛みが気になる。多分その疑問もあと数日でわかるだろう。■

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指定管理者制度

2013-04-21 15:32:53 | 社会・経済

  風邪をひいて昨日から家にこもり、グズグズと寝たり起きたりしている。2か月ぶりに木曜日にジムでトレーニングした後、冬並に気温が下がったのに体を冷やしたからではないかと思う。昨日は水洟が止まらず、今朝はのどが痛くて我慢ができない。鼻をかみ過ぎて鼻の頭が擦り切れて痛い。昨日のバドミントン練習は病欠、今日予定していた家内の誕生祝の食事会は延期した。<o:p></o:p>

  久しぶりのジムは様子が変わっていた。会員証を見せるとシステムが変更され、再登録後に家電ショップのポイントカードのようなペラペラの磁気カードを渡された。レイアウトも大幅に変更され最新のトレーニング・マシンが多数追加され充実していた。<o:p></o:p>

  トレッドミルの台数が倍増され、待ち行列管理も「見える化」されすっきりした形に変わっていた。ウエイトトレーニング・マシンも一新された。経費を節約してるはずの市にしては随分な出費と疑ったが、マシンのバリエーションが増え便利になったのだから文句言う筋合いではなかった。<o:p></o:p>

  見回すと見慣れた年配の方々が減り、洒落たトレーニングウエアを着た若い人たちの比率が増えた。改装されたせいもあったろうが、全体に華やかな感じになった気がした。私個人としては内容が充実し全体に若々しくなって嬉しい。だがこの施設は全国どこにでもある自治体運営の「生涯学習センター」で、引退した市民向けのものだが年寄は敷居が高くなるかもしれないと思った。<o:p></o:p>

  トレーニングを終えシャワーを浴び着替えてジムに続く受付を覗くと、誰一人見当たらず簡単でむき出しの事務机等がちょこんとおいてあった。靴箱の傍の立札を見ると今月から「指定管理者制度」を導入した、それによってプールやジムから劇場・パソコン教室等の設備や食堂等サービスを充実していくのだという。これぞ民営化だ。<o:p></o:p>

  ロビーに出るとエレベーターの前にワンストップ・サービスの為の総合窓口が新設されているのに気付いた。目が合っただけで若い女子職員がわざわざ出てきて質問に答えてくれた。市の職員も丁寧だったが、市の女子職員にはない華やかさを感じた。まだ始まったばかりだから気合が入っていたのかもしれない。図書館を除き館の運営総てを彼女の会社が請け負ったのだそうだ。<o:p></o:p>

  広い事務室には市役所所の職員がいたはずだがと聞くと、全員彼女の会社の社員に置き換わったそうだ。全部で20人はいたはずで、中には知り合いの市職員もいた。配置換えになったということだろう。彼女のテキパキした受け答えを聞いて、少なくともジムは以前より良くなったと言って喜ばせた。彼女はその一言が聞きたかったはずだ。<o:p></o:p>

  私の住んでいる町は大企業の工場や競馬場・競艇場があり全国で有数の豊かな自治体だ。それでも高齢化が進み税収が落ちて市の財政が悪化していると思われ、市民サービスの見直しと経費削減は必須だろう。その一環としてこの民営化が実施され、市民サービスの観点で今のところ成功しているように感じた。■

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甲殻類臭がキツイ

2013-04-19 11:44:52 | 食・レシピ

  伊勢海老と毛ガニの臭いが台所から居間に侵入してきて占領した。伊豆・静岡に旅行中の長男夫婦が冷凍便で一昨日送ってくれた。新鮮で形も立派なものだったが、私は当然として家内もどう料理したものかノーアイデアだった。 

 海鮮料理は二人とも大好きだが、材料を送られても困るという訳だ。こういう時は男が考えてやるものだと私にとってみれば言いがかりのような変な決めつけをされた。「ハンドルを握ると人が変わる」とよく言われるが、彼女は包丁を持つと人格が変わってひどく気短になる。 

 家内が寿司屋で魚を食べないでエビや貝類ばかり食べる、「甲殻類クイーン」だと私が普段からしつこく言い過ぎるからこうなった。挙句の果てに私が旅行の餞別をやったりするから、お返しに高価だけど厄介なお土産を買わせることになったと、半分本音の冗談で非難された。<o:p></o:p>

  結局塩茹ですることになったが、その強烈な匂いが台所から居間まで充満した。これでは我慢できないと最近テレビ広告でよく見かける消臭剤を買いに出かけたが、駅前のお店には見当たらず散歩コースにある遠くのスーパーまで暗い夜道を歩く羽目になった。 

 自宅に戻ると玄関のドアを開けた瞬間、甲殻類特有の臭いがきつかった。早速消臭剤をまいた。人一倍鼻のいい二男に聞くと、臭いが消えたというよりエビの臭いと消臭剤の臭いが混在しているという。もう他に手はない、諦めてワインとか他の料理の助けを借りて食べることにした。 

 エビカニ類は皆好きだが、どの部分に肉があり食べられるのか、よく分からない。何でも切れる強力なハサミと腕力でバラバラにして、白身風のところを突いて味を確かめながら食べた。料亭ですっと出てきてそのまま口に入れるような楽な食べ方ではなかった。 

 伊勢海老はそこそこの味だった。毛ガニは味が薄かったが上品な感じで美味しかった。幼い頃、多分60年近く前に、田舎のお祭りで祖母の実家に行き大勢の子供たちと一緒にカニを食べたことを思い出し分解作業を進めた。家内や息子に色んな部位にバラした身を分けてやった。 

 食後、担当の皿洗いと台所の片づけをやったが、普段よりゴミの量が多くしかもクサイ。鼻が悪い私でも臭いがキツイ。終わってもう一度消臭剤を振り撒いた。80年代後半頃から行き始めた時々食べたボストン名物のロブスターを思い出した。体についた臭いが取れず明日オフィスでロブスターを食ったろうと言われないよう、ホテルの風呂で念を入れて体を洗った。<o:p></o:p>

  次の日の朝起きて台所に行くとそれほど臭いは残っていなかった。出勤前の息子に聞くとまだ嫌な臭いが残っているという。彼は会社で気づかれるだろうかと思った。一日中家にいる私は鼻の感度が悪くて良かった。いずれにしても甲殻類はお店で頂くのがいい。■

コメント
この記事をはてなブックマークに追加