かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ざけんな、米大統領選予測

2016-11-05 21:04:00 | ニュース
FBIがヒラリーの私用メール捜査再開発表を受けて世界のマーケットが全面安になり、リスク分散して投資していたはずの私の金融資産もこの数日で急落した。エライ迷惑だ。今まで名前も聞いたことなかったコミーFBI長官がとんでもない事をしてくれた。ふざけんな、馬鹿野郎、という気分だ。

そこで11月8日の投票日を控え、例によって大統領選の大胆占いをやってみたい。識者がマスコミに登場して尤もらしい言い訳をしてどっちにもとれる予測をする。だが、私は確信をもってヒラリー・クリントンが圧勝するだろうと予測する。根拠は明確ではない、米国人はそれ程バカじゃない、米国の良識が勝つと信じるだけだ。

重要なのは同時に実施される議会選挙で、トランプの悪影響で上院は民主党が多数をとる一方、下院は共和党がギリで多数をキープすると予測する。コミー長官の気が狂わなければ、民主党は上下院で多数をとれる状況にあったはずだ。議会選挙結果は新大統領がどの位手腕をふるえるか左右する。

世界市場は一夜にして回復し、FRB(連邦準備銀行)は12月に0.25%の利上げをすることになる。それを受けて円安が進行しドル107円台になる。これが私の大胆占いだ。何のことはない、自分に都合のいいベストシナリオと言われそうだ。だが、トランプ支持米国人以外の全世界が望んでいることだ。決めるのは米国人だけど。

トランプ以前なら、私はプロビジネスの共和党候補に勝ってほしかった。ところが今回、私も市場も逆転して民主党候補を支持した。このあと共和党と民主党の体質の変化が起こる可能性がある。別に初めてのことではない。かつては南部は民主党支持だったのだから。因みにこれは大胆予測には含まない。■
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 血圧実験(6) | トップ | ざけんな、米大統領選予測(... »

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。