かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

田舎暮らし雑感2017(6)

2017-08-13 17:13:17 | 日記
朝食を終わりのんびりテレビを見ていると、突然玄関のドアが開いて和尚さんが入って来た。棚経だという。14日とばかり思っていた。2日前に母の新盆のための棚に先祖の位牌を仏壇から取り出し追加していたので、一応格好は付いたがお布施の準備等はしてなかった。

急いで書斎に上がりのし袋にお金を包んだ(この辺では相場は3千円で、千円札3枚を見つけホッとした)。「お布施」の漢字が直ぐに出てこず慌てた。お茶の用意も出来ず古い位牌の処分や過去帳の追加を確認すると和尚はそそくさと返って行った。お盆の3日間で100軒以上の檀家周りするのは大変だ。

和尚は玄関に入るなり、家が大きいせいか中は涼しいと言った。確かにこの2,3日朝晩涼しくなった。今朝も目が覚めた時、タオルケットをけっ飛ばして寝てたせいか少し肌寒く感じた。気持ちいい程度の肌寒さで、部屋の温度計は27度だった。気温が若干下がっただけでなく湿度が下がり乾燥して来たせいではないかと思う。

昼間の陽射しは相変わらず強いが、乾燥してきたのと関連して秋を予感させるように空が青くなってきた。夏のモヤっとした蒸し暑さから徐々に秋に向かっているように感じる。そこで思いついて昼食後にクローゼットの衣服を取り出して土用干し(陰干し)した。

15年前に退職以来殆ど着ることがなくなったサラリーマン時代の三つ揃いや、肩が強調され今の人達が着そうもないデザインの古いものもある。しかし、捨てられず東京と田舎に分けて置いてるうちにタンスの肥やしになった。もう着ることはないと分かっているのだが捨てられない。

一昨日の夕方散歩の途中、畑道を眺めている長老に会った。彼は雑草を掘り返したような小さな跡が続いているのを指さして、イノシシだと断言して言った。その隣の畑にも植えたばかりの芋を掘り返され、ツルだけ残ってほぼ全滅だという。この時期は山から下りなくてもエサがあるのではと聞くと、夏は寧ろないのだという。■
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みずほ銀行が今頃になって何故? | トップ | あぶりシメサバ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。