かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

懐かしのカントリー

2016-12-24 18:14:39 | 音楽
たまには気分転換で音楽の話題をしたい。90年代半ばに米国に単身赴任した時、テレビ放映される頻度が圧倒的に多いせいもあって半年もたつと立派なカントリーミュージックのファンになった。テレビで見た女性歌手は美人で歌が上手くて、毎日テレビで見れば自然とファンになってもおかしくない。

その頃はシャナイア・トウェインが圧倒的人気で、2枚目に出したCDが1千万枚以上売れ、カントリーのジャンルを超えて人気ナンバーワンを争っていた記憶がある。彼女は短期間にトップに上りつめたので、リリースしたCDはそれほど多くなくシアトルのタワーレコードを探しまくった。

サクラメントに引っ越してすぐカリフォルニア州の博覧会(State Fair)があり、暇潰しに行くと会場の一角で無名の歌手(少なくとも私には)のカントリーソングのコンサートがあった。そこでビールを飲みながら聞き覚えのあるカントリーソングを聞いていると、米人同僚夫妻に出会い世間話を楽しんだ記憶がある。カントリーのそんなのんびりした気分にしてくれるところが好きだ。

女性カントリー歌手は概して美人で歌が上手かったが例外もあった。歌のうまさは抜群なのに顔立ちはそれ程美人じゃなかった天才少女リアン・ライムがもう一人のお気に入りだった。シャナイアとリアンがリリースしたCDは殆ど買ったと思う。他にも当時シャナイアと双璧の美人歌手がフェイス・ヒルだったが、私はそれ程ではなかった。

帰国し2000年頃に買ったCDジャケットを見て登録したカントリーソングのメールマガジン「Nash Country Daily」が今でも毎週届く。最近寂しいのは上記の歌手たちのニュースが全く流れなくなったことだ。逆算するとシャナイアやフェイスはもう50歳前後のはずだから、かつてほど活動せず露出が少ないのかもしれない。だが、今でも大御所のドリー・パートンやレバ・マッキンタイアはしょっちゅう登場する。

イラク戦争でブッシュ政権を非難してナッシュビルで出禁扱いになったDixie Chicksや、カントリーから一桁市場が大きいメジャーのポップスに転向したテイラー・スイフトもメルマガには登場しなくなった。ナッシュビル・レーベルにもカントリーというよりポップスっぽいものが結構あると思うのだが、一旦彼等がカントリーじゃないと決めつけるとそうなってしまう狭量さがある(と聞いたことがある)。

私は音楽より美人歌手が好きなだけではないと最後に言い訳しておきたい。米国にいた時同僚に美人歌手のCDばかりあると皮肉っぽく言われたことがある。そんなことはない。例えば男性歌手の中ではジョージ・ストレイトのファンで、2,3枚程度だがCDを持っている。だが、彼も年をとり全国ツアーをやめたと宣言、それ以来メルマガにも登場することが少なくなった。最早、懐メロならず懐カントリーのファンになってしまったようだ。■
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目くそ、鼻くそ、…良い人 | トップ | 民主資本主義の危機(中) »

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。