かぶれの世界(新)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

実感的・老いの衰え

2017-11-30 18:28:22 | 健康・病気
1週間前から右手の人差指と中指の先端に力を入れると痺れを感じる。素人知恵でもしかしたら脳梗塞の前触れじゃないかと思った。それからしびれを感じると悪い予感が頭をよぎる。向かいのオジサンに話すと「そりゃ年のせいだよ」と軽くあしらわれた。「それを言ったらお終いよ」とオチャラケで返すしかなかった。だが、私が時折感じる「老いの衰え」が又また一つ現れたと思った。

近年、自分自身の食生活や健康に関しての書き込みが増えたと実感している。それに対抗して食生活や運動をして以前と変わらない自分を発見してホッとしたりする。だが、現実には老いの衰えを感じることが日々増えている。特に身体能力の衰えを実感した時は寂しい気分になる。散歩の途中に脚力を強化するトレーニングを交え、効果を感じたら熱中してどんどんハードな内容に変えてしまう。限度を知らない癖が治らない。

そのうち、翌日妙に体がだるくなったり、どことは特定できないが足が重くなり、やり過ぎたと気付く。トーレーニングの量も大したことはないのだが、かつてはどの部位が疲れているのかもっとはっきり症状が現れたと思う。疲れているのはどの部分かさえはっきり分からない。多分これが「老いの衰え」なんだろうと思う。木が枯れていくみたいに筋肉や筋と同時に神経網も劣化していくように感じた。

東京に戻った一昨日と昨日は暖かい日が続いたが、今日は雨が降り急に寒さが戻った。今春建て直した家は何もしなくとも一日中室内温度が20度に保たれており心地よい。サッシは全て2重構造、壁や床・屋根裏は全て断熱効果の大きいウレタン素材が注入されているからだろう。お蔭で血圧が気温に左右されず最適値を維持している。それに家内のお蔭で食事やお酒のバリエーションが増え、「老いの衰え」の速度が少し緩むかも。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1年後の素人・健康生活

2017-11-15 16:55:09 | 健康・病気
1年余り前に末の息子が東京マラソンに備えて始めたプロティン・ダイエットをマネて食習慣を変えた。朝昼食は炭水化物をガッツリ食べ、夕食は炭水化物以外を軽く食べ、以後翌朝まで何も食べない12時間ダイエットを取り入れた。だがトータルでは摂取カロリーは増えたはずだ。ウエイトトレーニング後に甘味と牛乳を摂る様にした。

その後1年間で何が起こったか報告する。総じて体調は良くなったと感じたので、続けられた。先ず、摂取カロリーは増えたが1年前と体重は変わらず、腸は調子よくオナラがしょっちゅう出るようになった。

その間に運動能力を維持する為にNHKのTV体操をやり始め、血圧や痛風対策の為の減塩といった食事の見直しなどの微調整をした。TV体操を始めて私の場合、膝が酷く弱く併せて平衡感覚が劣化していると気付かされた。TVを見ながら膝の回復の為の体操を追加して始め、老化が原因と半ば諦めていた色々な運動を再び楽しめるようになった。いまだに膝のサポーターを付けないでバドミントンが出来るのはちょっと嬉しい。

5ヶ月前に投稿した記事「食生活習慣改善2.0」(6/7)で真面目に実行していると報告した。そして9-10月に定点観測を実施した。健康診断で生化学指標は悪化せず、血圧は押しなべて標準値を保ち、懸案だった運動能力も山歩きとサイクリングに挑戦し回復したことを確認した。薬と合わせ「食生活改善2.0」のお蔭で徐々に尿酸値が下がり年中行事だった痛風が発生せず、1年間通じて運動を続けられたのは大きい。

実施1年を経過して今や私の「食生活習慣改善2.0」は、体力と運動能力を維持し(出来たら高め)つつ、体内の健康(つまり生化学指標)の維持改善を図る手段として、しかも楽に無理なく実行できる自分に合ったやり方と証明できた感じる。このやり方で今後齢を重ね高齢者としてなるべく人に迷惑をかけず、元気に生きて行けそうな気がする。今まで後何年生きられるかとマイナス思考だったが、前向きに進めそうな気がする。

この数年は痛風に加えてガン疑惑、自転車事故や生爪はがしで動けなくなり自宅養生を強いられた。その度に、回復後の体力低下を実感させられ寂しい思いをした。だが、この1年間は風邪以外に病気らしい病気もせず元気に過ごせた。子供達も夫々に節目を迎え頑張る姿を見て、私もガンバレと勇気づけられた気がする。後何年続くか分からないが、「第3の人生」のプラットフォームをしっかり確立した気分だ。そして今月末に帰京すると早速バドミントン交流会に参加(もちろん最低ランクで)し、気分と実体のギャップを知ることになる。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四つの定点観測2017

2017-10-09 14:02:53 | 健康・病気
先週まで一時帰京した目的の一つは家族との再会の他に、私の老化がどのくらい進行したか定点観測を実行する為だった。血圧と体重はどこででも測定できるが、生化学指標は市が無料で提供する定期健康診断を掛かりつけ医で受ける必要があった。運動能力の測定は長年やってきたバドミントンクラブで友人の客観評価を聞き、高尾山から陣馬山まで縦走を往復し経過時間をみて判断した。

血液検査で尿酸(7.5)は正常と異常の境界、総コレステロール(251.8)は昨年と余り変わらなかった。コレステロールを下げる薬は30年前頃に副作用(筋肉痛)が出て中止したと説明しそのままにした。毎年指摘される腎機能の低下も含め今年も良くないが悪化してないから遺伝体質であり様子見だと、先生の言うことが去年までと変わった。食生活を見直した効果を期待したのだが。前向きに捉えれば「悪化してない」が今年のキーワードだった。

バドミントンクラブの仲間は口を揃えて私の前への動きが良くなったと言ってくれた。田舎のママさんクラブで練習してたと言うと、「レディスパワー」のお蔭だねと皆が面白がった。私的には夏から始めたテレビ体操とそこで弱いと分かったバランス能力(膝)の強化が良かったと思う。最初は完走できるか自信がなかった高尾陣馬縦走も、終わってみれば今までより僅かながら早く歩けた。ただその2日後のバドミントン練習は疲れで良くなかった。

血圧は薬を長年服用しており毎日計測し平均125-80と安定して問題なし。体重は見かけより重く、66±1kg程度でもう少し減らしたい。先生にはメタボに近いと言われた。思考能力テストは自己流判断で日経土曜日版の数独を基準にしている。上級者タイムの7割の時間で済ませるので、少なくとも数字だけは強いと思う。

ということで2017年の定点観測は血圧体重・生化学指標・運動能力・思考能力の四つ共に現状維持か改善したと思う。昨年はそれまで年に一度はやらかした運動できない程度の病気も怪我もせず、食生活を「朝昼ガッツリ夜軽く、黄金の30分後の牛乳」に変更し、この3か月間毎日テレビ体操を続けた効果が出たと思う。母が死んで1年精神的に落ち着いてきたこともあるかも。70才代1年目としては悪くない。このまま続けたい。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしい筋肉痛

2017-09-24 17:37:15 | 健康・病気
いつもの様に夕方散歩に出かけた。いつものコースなのに急ぎ足で歩くと腿に張りを感じ、少し痛みを感じた。朝食後二階に上がる時足に疲れを感じてたが、それ以上に筋肉の張りがあった。

理由は分かっていた。昨日の夕方、肱川の堤防を約10km余りジョギングした。いつものコースで途中3度公園で水とサプリを補給するのだが、昨日は水の補給は1回のみにした。夏が終わり涼しくなって余り汗をかかなくなった。無理する積りはなかったが、タイムを意識して走り数年前と同じ約1時間で走り切った。

堤防の坂を急ぎ足で踏み出した時、腿の前側(大腿四頭筋)に僅かに痛みを感じた。無理した積りはないが、タイムを意識して若干足を高く上げ歩幅を拡げたので、腿の筋肉を余計に使ったその蓄積のせいだと思う。

最近のジョギングと言えば健康のための有酸素運動の積りだったので、筋肉に負荷をかけるような走り方をしてなかった。そういえば数年前は週一のジョギングの後は足の筋肉に張りを感じていた。懐かしい痛みだ。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ体操

2017-08-21 21:23:51 | 健康・病気
このところ毎朝テレビ体操をやっている。半年前から6時過ぎに起きてニュースを見ながら骨盤矯正のストレッチをやっていた。2週間前に2チャンネル(教育テレビ)がテレビ体操をやっているのを目にして、思いつきでトレーナーの指示通りに体を動かしてみた。内容はラジオ体操に基本的な動作のコツを追加したものだった。

やってみると私には中々ハードだった。最後にラジオ体操をやったのは30-40年以上前だったと思う。その頃は子供の準備体操程度に思っていた。最近はバドミントン練習を週3回、ジョギング10kmを月2回、1万歩歩きをほぼ毎日、これで十分だと思っていた。ところがテレビ体操をやってみると普段使っていない体の部分があって、70才の身体には結構きつい動きの部位があることが分かった。

特に右膝が嘘みたいに弱くフラフラし、肩から首筋がカチカチに凝っていたことだ。私には心当たりがあった。バドミントン練習ゲームで前に落とされると踏込みが弱く最近取れなくなった。普通の生活でも最近駅の階段を2段飛びで駆け上がれなくなっていた。多分これだ。肩から首筋が凝るのは1日3-5時間は新聞を読みパソコンを使うせいだ。会社勤め時代も含めると何十年もやって来たが、適切な対策を取ってこなかったことになる。

2週間テレビ体操を続けた結果、首を回した時感じる違和感が少しスムーズに出来るようになった。肩の筋肉が柔らかくなるところまでは実感できてないが、今後続けて行くと改善を体感できるようになるのではと期待している。一方、膝の強化はテレビ体操だけでは不十分と思うが、どうすればいいか手探り中だ。今日は散歩中にケンケン飛びをやってみると10歩が精一杯、暫らく続けてみようと思う。

今まで起床後と就寝前に骨盤矯正のストレッチと体幹と肩甲骨の強化をやっていたのだが、朝はテレビ体操だけに切り替えた。この年(70才)でやり過ぎにならないように気を付けている。もう少し続けて私の身体にあったやり方を見つけたいと思う。■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加