池本康弘 知られざる世界

池本康弘といいます。
まだまだ知られていない世界の不思議や行ってみたい場所について追及していければいいな・・・

日本で旅といえば温泉で 池本康弘

2017-06-22 16:33:15 | 日記

旅行が大好きな池本康弘です。


海外旅行でいろいろな文化に触れ、


自分が生まれ育った日本と違うものを楽しむのもいいですが、


たまには国内でゆっくり旅を楽しみたいと思いませんか?


そんな方のために、今日は国内温泉旅行のお勧めをご紹介します。



日本三名泉の一つ!下呂温泉でやりたい15のことをご紹介


日本三名泉の一つ!下呂温泉でやりたい15のことをご紹介

岐阜県の名泉、下呂温泉にいったらやりたい15のことをご紹介します!下呂温泉の楽しみ方・見どころ、露天風呂、グルメなどを口コミを絡めて人気のスポットを厳選。下呂温泉でやりたい15のことを参考に、下呂温泉旅行のプランを練ってみてください!


日本三名泉の一つ下呂温泉とは?


下呂温泉は古くからある歴史ある温泉、かつ草津温泉や有馬温泉と並んで日本三名泉の一つに挙げられる泉質を持っています!昔の人々も唸らせた、その名泉は現代も継がれていく‥‥そう思うだけで一度は行ってみたくなっちゃいますね。美人の湯としても名高いその泉質は、「アルカリ性単純温泉」です。肌の古い角質を取る働きがあるとされており、つるつる、すべすべとした肌触りをかなえる効果が期待できますよ。また角質が落ちやすいのはph値が非常に高いからなんです。新陳代謝もよくなり、くすみを取るなどの美肌効果も望めるので最高ですよね。

【住所】岐阜県下呂市

(1)下呂温泉を体感!噴泉池/下呂温泉





噴泉池は、源泉100%の下呂温泉を堪能できる川沿いの開放的な無料の露天風呂。せっかくの素晴らしいお湯なので水着着用でもなんでも気にせず入りましょう!また近年、男女共に水着着用が義務付けられています。ここは下呂で一番のお湯と評判なので、訪れた際には入るべき名湯ですよ!

【住所】下呂市幸田
【営業時間】通年(清掃時、河川増水時は入浴不可)
【料金】無料


(2)温泉街をお散歩と足湯めぐり/下呂温泉





下呂温泉には、足湯がいくつかあります!ちょうど散歩するにも良い距離具合で点々と存在するので、足湯めぐりなんていかがでしょうか?足湯に入るだけならぐったりと疲れることもないので、いくつも湯めぐりできちゃいますよ!また水圧による心臓の負担が少ない足湯は血行を良くし、冷え性も解消させる効果があるんだとか。入浴時間は10〜15分が目安となっていますよ。足から温まってきて、全身の血の巡りが活発になり、全身の疲れをとることができます。


(3)下呂温泉博物館で温泉を多面的に知る!/下呂温泉





館内では、温泉を科学的な見地から知ることができます。温泉の湧き出す仕組みや、泉質、効能などを紹介しているので温泉に詳しくなることができますよ。また歴史からみた温泉、発見伝説や江戸末期から明治の温泉番付など興味深い資料もたくさん紹介されているんです。下呂温泉博物館では、温泉についていろんな面から学ぶことができます。温泉は好きだけど、泉質とか色々ありすぎてよくわかんない‥‥っていう方は多いと思いますが、そんな方にもオススメです!

【住所】下呂市湯ノ島543-2
【営業時間】900~1700
【休】木曜日(但し祝祭日の場合は翌日)、12/29~31
【料金】大人(中学生以上)400円、小人(小学生)200円


(4)下呂温泉でも合掌村観光!/下呂温泉





下呂温泉にいながら、合掌家屋を楽しめる合掌村!イベントごとが開催されていたり、足湯などもあったりするので、老若男女楽しめる施設です!

【住所】下呂市森2369
【営業時間】8:30~17:00(12/31、1/1、2は9:00~16:00)
【休】年中無休
【料金】入場料金:大人800円 小中学生400円


(5)人気のクアガーデン露天風呂で和む!/下呂温泉


下呂温泉にあるクアガーデン露天風呂。下呂駅から徒歩15分のところにありますよ。温泉で汽笛を聞きながら入る温泉は最高。また冷めた身体がぽっかぽかになるので、帰路の間もぽっかぽかの温泉内を楽しむことができます。お風呂のほかにも、休憩室も完備なのでゆっくり休んでから次へ向かうこともできますね。

【住所】下呂市湯ノ島
【営業時間】8:00AM-9:00PM(最終受付閉館45分前)
【休】毎週木曜日
【料金】大人700円  小学生400円 幼児200円


(6)モダンな建物も注目!共同浴場白鷺の湯/下呂温泉


下呂温泉の白鷺の湯は、共同浴場。内湯のみですが、その窓からは山や河川を眺められるようです!地元の方からも愛されるというのは本物の証、湯めぐりにでもさくっと入ってみても良いかもしれませんね。ヒノキの大きな浴槽が窓際にあり、コンクリートの太い柱が浴槽内に立っているというなんとも不思議な造りをしています。お湯はやや熱めの無色透明。循環指揮ですが、浴槽の緑からもお湯が溢れているので半循環のかけ流しのようになっていますよ。

【住所】下呂市湯ノ島
【営業時間】10:00AM-10:00PM
【休】毎週水曜日
【料金】大人370円 小学生140円 幼児70円


温泉といってもやはり有名どころ


旅の醍醐味である思い出作りがしっかりできる場所です。


日本には下呂温泉をはじめ、秘湯がたくさんあるので


池本康弘も自分好みの秘湯探しへ行ってみたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 池本康弘 抹茶好きなら是非... | トップ | 池本康弘 インカ帝国とはど... »