ポポロの広場

姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

定年後のリアル淡々と

2016年10月12日 | 研究・書籍

著者、瀬古浩爾(せここうじ)氏とは同年代、おまけに同窓という親近感も手伝ってか彼の「定年後」シリーズを読むのは今回で3冊目。

『さらなる定年後のリアル』

肩の力を抜いた自然体の生き方エッセイです。

定年後は時に虚脱感もあり、予定が無い日はやはり一抹の寂しさはあります。

「社会(仕事)は上、家庭は下、としたような評価が世間には抜きがたくあり、その格付けイメージにだれもがとらわれている・・。ようするに上下意識の問題である。忙しい人は上、暇な人は下、有名は上、無名は下、文学は上、大衆小説は下、官は上、民は下・・。世間の上下意識は不動・・わたしは好きでない。小田実の「人間みなチョボチョボや」というのは正しいのである。

著者はなにもしない日々を、こんなことでいいのか、と自らを責めることはしない。社会のため、人のために生きている定年退職者がいるのに、恥ずかしいと思わないのかといわれても、そうは感じない。それは自分の性分であり自由だ、とも。若い人に対しては、こんな生きている屍のような定年後は嫌だな、と思われるかもしれないが、若い人はせいぜいがんばってください、と。(笑)

何も為さないようでいても著者は、すでに退職後に4冊の力作、「定年後」シリーズを出版し、しかもそこそこビッグセールとなっています。著者が言われるほど何もしていないわけではなく、うらやましいようにも見えますが・・(笑)

淡々とした日々、役に立たない毎日をよしとする・・。それが「さらなる定年後のリアル」・・共感できるところ多しでした。

 

一世を風靡したOBたちによる還暦バンド「バカばっか」の一曲を♪

【木工さんの写真】矢嶋秀一作 フォト 田口大輔

 

文庫 さらなる定年後のリアル (草思社文庫)
瀬古浩爾
草思社

 

BACA-BACCA / 月のない夜

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アップデートはほどほどに | トップ | サンライト・ツイスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。