ポポロの広場

姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

サンライト・ツイスト

2016年10月13日 | 愛しのオールディーズ

カトリーヌ・スパークのツイストスタイル。

YouTube動画で再び見ることができました。
映画のストーリーは忘れましたがこの場面、鮮明に覚えています!
スクリーンに大きく映し出されたカトリーヌの表情がまぶしかった。

太田市内の呑龍さまへ向かう大門通りに、かつて「西映」という映画館がありました。ここは主に洋画が中心。イタリア映画『太陽の下の18才』もここで上映されました。

自称“映画研究部長”のN君もこの映画には、とても感化されたようで「カトリーヌ・スパーク、かなり良かったんな~」と鼻をヒクヒクさせて話しかけてきたのを思い出します。踊るスパークの後ろで腰を振る少年の姿もかわいかったですね。

カトリーヌ・スバークは71歳、ご存命です。

中学のときは前橋市の「文映」にも良く行きました。中学生にはやや刺激的な「世界残酷物語」を見、主題歌のエディット・ヒアフ『愛の賛歌』に癒されながら劇場を後にしたのを覚えています。けっこう映画好きな少年でした。。

 

Go-Kart Twist / Gianni Marandi サンライト・ツイスト / カトリーヌ・スパーク

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定年後のリアル淡々と | トップ | ボブ・ディランの詩は文学賞的 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主題歌? (生田ママ)
2016-10-15 19:16:58
愛の讃歌....?

世界残酷物語の主題歌は「モア」(More)だったと思います。

「モアー(心の奥底に)」というタイトルの・・
主題歌 (popolo)
2016-10-15 21:21:01
生田ママさん

ご指摘感謝します。
私の記憶違いのようです。ピアフの「愛の讃歌」は映画館が映画終了後、または次の幕間に流した曲だったようですね。

記憶違い訂正いたします。ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。