へなちょこデジタル日記

咲き誇る花は散るからこそに美しい

アンタレス5用ハンドルへ交換

2010年12月16日 22時28分05秒 | へなちょこチューニングファクトリー
 
どうしてもイマイチ好きになれないシマノベイトリールのショートハンドル。
たまたま手に入れたアンタレスも案の定ハンドルが短くどうにもわたしのリズムで巻けません。
そこでいつもの様にハンドルを交換する事にしましたが、如何せんアンタレスは既に絶版となったリール、当時は夢屋オプションでパワーハンドルが出ていましたが現在はカタログ落ちしており入手は困難。

最初はよりカスタムらしくロングなカーボンハンドルを買おうかなと思ったのですが、ちょっと調べたら姉妹機のアンタレス5と05メタニウムXTにノーマルアンタレスより長い42mmハンドルが付いてることが判明。もちろんどちらも純正パーツなのでアンタレスと互換ありですし純正流用は見た目スマートに仕上がります。というかそもそも夢屋のアンタレス用パワーハンドルってまんまアンタレス5のそれなのだそうな。
早速シマノのHPでパーツリストを確認するとアンタレス5と05メタXTのハンドルでは価格が違うのです。アンタレスが¥2,500でメタXTが¥2,000。ハンドルポスト周りの仕様違いでメタXTの方が安いのですが取り合えずノブやベアリングはそのまま流用するつもりなので¥500高いですが近所のショップにてアンタレス5用のハンドルを注文したのは先月の話でして、実はパーツ自体はとっくの昔に入荷していたのですがなかなか取りに行く暇が無かったらいつの間にか月が替わり、更に休みにショップへ取りに行った筈なのにショップ着いたらハンドルのことすっかり忘れてしまい引き取らずに帰宅していたりとあほな事していましたが日曜にようやく貰って来ました。





         





上がアンタレス5用のロングハンドルで下のがノーマルハンドル。ノーマルの片側37mmに対して42mmですから長さの差は10mm。たったの10mmですがこれだけでかなり巻き心地は変わるのです。というかダイワやABUならこの長さが普通サイズですよ。

そうか!巻き心地の違和感はわたしが元々ダイワ派で80mmの長さが普通だったからシマノのサイズに慣れなかったんだ。これが逆にシマノリールしか使ってなかったら短いハンドルが当たり前で、逆に最近のメタMgやスコーピオンXTなどの長めのハンドル設定の方が違和感感じてるのかも知れませんね。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ZAPPU チョベリグ×3 | トップ | アルファタックル カーボン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む