へなちょこデジタル日記

貧乏怖いものなし

MD-11  ニコンの奇跡番外編その2

2008年10月11日 23時55分52秒 | フィルムカメラ
  
本日で11日連続のブログ更新。何気に今日の時点で先月の更新回数を越えてます。今月は世界金融恐慌の所為か仕事がそんな忙しくなかったので久しぶりに連投出来ました。
ブログってっものは本来なら毎日更新するもなのでしょうがホント去年から今までずぅっーと忙しくて帰宅後に更新する気力残ってなかったですから。投資家の方には悪いですがこと当ブログに関してだけは株安様々ってやつですね。まぁ仕事が暇になっちゃ肝心な生活の方が大変なんですが・・・



ひょんなことからオートAEなら低速シャッターも露出計も問題無い事が発覚したニコンFE(黒)。
折角ならとFE(銀)と同様にモータードライブを付けてあげようと思い、前回MD-12を購入した際もう一台あった方まだ残ってるかなと、いつものサンアイカメラに行くと有ったのです、  



「 MD-11 」が!! 


ご存知のとおりニコンFE・FMには本来はこちらが正式なモードラで、前回探した時はなかなか見つからず互換性のあるMD-12にしたってのにまぁあっさりと見つかる事。まぁ探し物なんてこんなもんですが。

見つけたMD-11は流石に30年前の製品だけあり貼り革の接着剤が弱り端々が捲れてしまってました。しかし試しに装着してみると、返ってそのヤレ具合が角から真鍮の地色覗くMyFE(黒)とよくマッチしています。それに肝心な動作の方も全く問題なし。よくある電池室の液漏れ等マイナスポイントもありませんでした。
これで価格は4千円弱。前回のMD-12の丁度半額でしたので迷わず購入。序にマウント部のボディキャップを購入し帰宅。そしてまた別の日に別の店にてMD-11・12用のバッテリーホルダー単品を見つけたのでそちらもGet。

という訳で、手持ちのFEは銀・黒2台ともモードラ付きの勇ましい姿になりました。やれコマ速が中途半端だとか折角のコンパクトさが台無しだとか装着してもも実際に使わないだろうとかいろいろ言う人も居りますが、性能云々よりやっぱりこの頃の一眼レフ+モードラのこの立ち姿はカッコイイですよ。それにグリップ有る方がホールディングしやすいし。
さぁ、後はこれに似合うレンズも買い揃えないと。







Data)PENTAX K10D SMC PENTAX-DA 18-55mm f3.5-5.6AL。45mm プログラムAEsシフト -0.3補正 ISO800 WB蛍光灯。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Nikon FE black  ニコン... | トップ | さよなら 「R」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事