いかりや爆氏の毒独日記

最近の世相、政治経済について「あれっ?と思うこと」を庶民の目線から述べていきたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そもそもオスプレイ沖縄配備/訓練の目的は何か?

2012-07-22 18:34:20 | 日記

 報道によれば、「プロ野球選手会は20日、第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)への不参加を全会一致で決議した」という。収益配分はアメリカ側が66%、日本はたったの13%だといわれる。他にも、日本のテレビ放送権料などで大きな収入があるという。日本は過去2連勝している、今度は3連勝が懸かっている。3連勝のチャンスを失うリスクを恐れずに、不公平に対して若者が主張したことを高く評価したい。

 筆者流に解釈すれば、なんでもかんでも、アメリカさまの言うことに盲従する腰抜け政治家どものご時勢のなかで、「ええ?日本の若者がアメリカに盾を突く? やるじゃん!日本の若者も捨てたものじゃない!」と歓迎したい。WBC不参加を最後まで貫き通せるかどうかは疑問だか、何はともあれ言いなりにならないで「一矢報いたこと」だけは確かである、喜ばしいかぎりである。筋を通して主張すれば、アメリカ側も折れざるを得ないだろう。

 最初から話が横道にそれてしまったが、本題:オスプレイ沖縄配備/訓練の目的は何か?

 森本防衛相は20日の記者会見で、沖縄配備予定の垂直離着陸輸送機オスプレイについて、米政府から23日に米軍岩国基地(山口県岩国市)に搬入すると正式に連絡があったと発表した。

  開発当初から墜落事故が相次いでいるオスプレイは今年に入ってからも4月にモロッコで2名が死亡、6月にはフロリダ州で5人が負傷する墜落事故を起こしている。
さらには、大きな事故には至らなかったが7月9日にも訓練中に機体トラブルを起こして、米ノースカロライナ州で緊急着陸した。日本政府は、事故火消に躍起になっている。 森本防衛相は「民間機であれ軍用機であれ緊急着陸はある。(緊急着陸は)事故を未然に防ぐことだ」、藤村官房長官も「一般的な事例だ、照会し、きちんと説明することに尽きる」とわけのわからない弁明をした。

 通常であれば、こういった事故があれば配備延期になっても不思議ではない。沖縄普天間基地問題は米軍基地反対の原点であり、沖縄県民の猛烈な反対が起きるに違いない。だが、米側は日本側の反発に、訓練延期という対応をみせたが、実際は単なるみせかけの様子見にすぎないだろ。

 本機の愛称であるオスプレイ(Osprey)とは、猛禽類のタカの一種である「ミサゴ」のことである。ところが最近は、相次ぐ死傷事故のため「未亡人製造機」などと言う有り難くない愛称で呼ばれているらしい(笑)。この飛行機の配備は、単なる「タカの一種ミサゴ」ではなく、本来の目的は「ハゲタカ」の獰猛さである。

  一部には、「尖閣諸島問題などで日本への圧力を強める中国をにらみ、早期の県内配備を歓迎する人もいる」、「オスプレイこそ尖閣諸島を中国の侵攻から守る切り札だ」という、間抜けな軍事オタクがいるから、お笑い種である。そもそもアメリカは日本を徹底的に利用することが目的であって、米軍が日本の領土を守ってくれているという発想は甘過ぎる。
 
 予想されたことであるが、沖縄、岩国で強烈な反撥が起きている。米側が日本国民の猛烈な反撥は起きるであろう事は、当初から折り込み済みだったはずである。
だからこそ、アメリカは今回のオスプレイ日本基地配備には、極めて用意周到に進めてきた経緯がある。

 石原都知事が今年4月19日、唐突に「尖閣諸島を東京都の金で買う話」を言い出した。しかもこの「寝耳の水の話」は東京ではなく都議会も通さず、わざわざ訪米先のアメリカのヘリテージ財団という保守系のシンクタンク(ユダヤ・マフィア?)の講演で発言したことが極めて胡散臭い。

 今回のオスプレイ配備計画は、日中間に緊張をを高めておいて日本国民に「配備もやむを得ない」という心理的状態に追い込んで、オスプレイ配備を受け入れやすくするため、米側の策略に乗ったのが、このおっちょこちょい男の尖閣買い付け話とちゃいますか?(笑)。

 それでは、オスプレイ配備を急ぐ理由は何か?
 無論、旧式ヘリコプターの代替ということもあるだろうが、筆者の邪推だが、思うように行かないアフガニスタン攻略向けだと思う。急峻な山岳地帯に潜むアフガンゲリラには、旧ソ連軍も手を焼いて、遂に撤退を余儀なくされた。2001年9.11事件直後の10月に攻撃開始され、以来11年と9ヶ月を経過したアフガン戦争は撤退するための最後の重大な局面を迎えている。

 それを裏付けるのが、米軍の訓練計画である。オスプレイが日本全国各地の山脈・渓谷で、低空飛行訓練をすることを明らかにしていることである。オスプレイが日本列島上空を縦断する計6ルートの低空飛行訓練計画である。この6ルートには、「ピンクルート」、「グリーンルート」、「ブルールート」など名称までつけているというから驚く。オスプレイに対する懸念は安全性だけではない。日本の手付かずの山々の静かな環境を、オスプレイの強風と轟音によって痛めつけられると思うとやるせない。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊ポスト8月3日号、気にな... | トップ | オスプレイの配備が、日本人... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
公職の汚職既遂犯たち全員投獄。 (通りがけ)
2012-07-22 22:09:29
オスプレイは飛行機でもなければヘリコプターでもない純粋に戦争という人殺し目的のためにしか使えない兵器そのものである。

そんなものを日本国内に入れさせる政府は死の商人の出張販売店に過ぎない。つまり日本政府一体となっての汚職です。政府内閣国会裁判所全員逮捕ですな。
Unknown (さる)
2012-07-23 07:28:52
植民地だから仕方がない
乞食に金をやるな (通りがけ)
2012-07-23 08:23:48
オスプレイは搬入されました。あとは組み立てて隠してきたブラウンルートを飛ぶだけです。燃料費は日本の思いやり予算から捻出されます。オスプレイが飛び立って直線距離1キロメートル以内の空路直下にドラム缶3000本の劣化ウランがあります。先の工場爆発では10トン近くの鉄の塊が1キロメートル近く吹き飛ばされるという爆発の巨大な衝撃が運良くドラム缶を直撃せず劣化ウランに高熱を与えませんでしたが、オスプレイが工場に墜落すると今度はどうでしょうかね。
8月6日にはヒロシマへ劣化ウラン弾放射能被害を受けたイラクの子供たちもやってくると言うのに、ブラウンルートはその真上を飛ぶルートです。
ヒロシマはオスプレイの飛行を唯々諾々として受け入れるのであれば二度と平和都市などと名乗らないでほしいですね。日本人として恥ずかしい。

あやまちとは地位協定です。オスプレイを運び込んでも地位協定を破棄してやれば日本の領空を1センチも飛ぶことはできません。文句があるなら思いやり予算も停止凍結してやればよい。オスプレイと米軍がアメリカへ撤退するのなら燃料代だけは餞別代わりにくれてやってもよいけどねw
侵略軍を追い払って自衛隊を配備しよう (通りがけ)
2012-07-23 08:26:47
乞食米軍がさったあとには自衛隊に入ってもらえばよい。日本の国土を守ってくれるからね。w
頑張って欲しい人、欲しくない人 (johmodoki)
2012-07-23 18:16:59
出来損ないの迎撃ミサイルを作ったアメリカ、今また出来損ないのオスプレイを配備しようとしている訳ですね。

ただただ米国のいいなりになっている野田ぶー首相の罪を何と比べられるでしょうか。


懸命に頑張っているのに報われない気の毒な人が大リーグ・レイズの松井さん。

マイナーリーグから大リーグに復活した当初にいきなりホームランを打ってファンの喝采を浴びました。このところチャンスでヒットすら出ずに地元ファンからブーイングが出ているそうです。

目先しか見えない人種はそんなものですやろ(笑)。

かってワールドシリーズで、DHで出ようが代打で出ようが、ホームランと長打でシリーズ打点王とMVPを獲得した松井さん、

まだ力は残っているはずです。今は隠忍自重でしょうが、焦らず落ち込まず、不調の時期を乗り切って下さい。
総括の必要性 (明け烏)
2012-07-23 18:41:04
オスプレイの大胆不敵な配置といい、日本国首相官邸へ顧問(?)を常駐させることといいアメリカのやることが傍若無人というべきか、やりたい放題というべきか辺りを憚らないというべきか凄まじい状況になっている。どこかの方によるとアメリカは日台韓の三国について最後の刈り入れ・収奪に入っているとのことだが、かなり本当のことかもしれない。そうでなければここまで露骨なことはしないだろう。条約もヘチマもない有様である。

もう韓国はすでに完全にやられてしまったから、おそらく韓→日→台の順で骨の髄までしゃぶられてしまうのだろう。この期に及んでまだ日本の側から「日米同盟」だこと言っているのはアメリカ人にすればヘソが茶を沸かす寝言に見えるにちがいない。

個人的には米国による日本の最終刈り入れ作戦は「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」から始まったと思っているが、その後の小泉純一郎・竹中平蔵連合部隊による「りそな事件」を中心とした日本株底値買いを忘れるわけにはゆかない。しかもその買占め資金は日本が供給したのだ。
それ以来、毎年10兆円に近い財貨が株主配当の形でアメリカに漏れ続けている。更にはこれに関連して派遣労働者が認められ中産階級が完全に消滅してしまった。
アメリカの思惑をなんとか土俵際で食い止めるためには、「りそな事件」と国際的インサイダー取引の総括が是非とも必要だと思われる。小泉・竹中を無傷で逃げおおせさせてはいけない。執念深く問い続けるべきあろう。
Unknown (トッペイ)
2012-07-23 22:45:36
それにしてもあまりに強引なヤンキーの収奪。

連中も余裕がないのかなりふりかまわずになって

きてますね。しかし、イランでもパーレビが徹底した対米従属を打ち出したためホメイニ革命を招いたようにこのまま推し進めれば反米の嵐が吹き荒れることもありえます。
そのきざしとして官邸前での反原発デモですが
なにかのきっかけで60年安保闘争のように反米運動に転化するかも知れません。
現在ツイッターなどでかって見られなかった反米のつぶやきが増えているのです。
アメリカは賢いようで知恵が浅い。
やはり西洋文明の限界かと感じます。
Unknown (Unknown)
2012-07-24 02:46:54
やかましいわ、くそ左翼が!
日の丸自衛隊は外国軍の攻撃から日本を守る (通りがけ)
2012-07-24 10:37:56
F16よりもっと落ちやすいむき出しの凶器オスプレイ。ブラウンルートはエノラゲイルートをたどっている。

「ヒロシマの真上にオスプレイ(エノラゲイ)」

オスプレイは搬入されました。あとは組み立てて隠してきたブラウンルートを飛ぶだけです。燃料費は日本の思いやり予算から捻出されます。オスプレイが飛び立って直線距離1キロメートル以内の空路直下にドラム缶3000本の劣化ウランがあります。先の工場爆発では10トン近くの鉄の塊が1キロメートル近く吹き飛ばされるという爆発の巨大な衝撃が運良くドラム缶を直撃せず劣化ウランに高熱を与えませんでしたが、オスプレイが工場に墜落すると今度はどうでしょうかね。
8月6日にはヒロシマへ劣化ウラン弾放射能被害を受けたイラクの子供たちもやってくると言うのに、ブラウンルートはその真上を飛ぶルートです。
ヒロシマはオスプレイの飛行を唯々諾々として受け入れるのであれば二度と平和都市などと名乗らないでほしいですね。言霊を尊ぶ日本人として恥ずかしい限りである。

日本は凶器を公衆の中で持ち歩けば逮捕される国です。警察はちゃんと外国籍テロリストを逮捕しろよ。もちろん日本人スパイ野駄目菅誑レもな。官邸前デモは脱原発ではなく犯罪者を逮捕しろデモとして日の丸ハンカチとビデオカメラ持参で連日大量のユーチューブ実況で連発すればよい。

あやまちとは地位協定です。オスプレイを運び込んでも地位協定を破棄してやれば日本の領空を1センチも飛ぶことはできません。文句があるなら思いやり予算も停止凍結してやればよい。オスプレイと米軍がアメリカへ撤退するのなら燃料代だけは餞別代わりにくれてやってもよいけどね。

米軍を追い出したあとには自衛隊が入ればよい。日本人なら日本国憲法と日本国民を守ってくれるからね。海外派遣の自衛隊は即時現地司令官の裁量で武装解除して撤退帰国せよ。日本国をアメリカの核攻撃人災から守ることこそが災害救助自衛隊の唯一無二の使命である。
さすがアメポチスパイ霞が関官僚はノーコメントだねw (通りがけ)
2012-07-24 10:41:24
中国新聞の本日記事。記事中ただひとりコメント無しの平和宣言都市ヒロシマの現職広島市長は元厚労省「官僚」である。

>>http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201207240031.html
>周辺自治体の首長も強い懸念

 米海兵隊岩国基地(岩国市)に垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ12機が陸揚げされた23日、広島県境や低空飛行訓練のルートがある同県北、島根県西部の自治体の首長は一様に安全性への懸念を示し、日米両政府の対応に疑問を呈した。

 大竹市の入山欣郎市長は「安全性について、いまだきちんとした説明はない。国は運用方法などを示してほしい」と強調。日米両政府にオスプレイ配備反対の要請文を2回送った廿日市市の真野勝弘市長は「地元の反対にもかかわらず搬入されたことに憤りを覚える」と述べ、試験飛行阻止へ県や関係自治体と連携していく構え。

 広島市の松井一実市長は当面、今後の動向を見守る考えだ。

 昨年度、米軍機の低空飛行の目撃が800件以上あった広島県北広島町。竹下正彦町長は「オスプレイが飛べば、住民は事故の不安を感じる」。

 三次市の増田和俊市長は「訓練には絶対反対。国は配備に慎重でなければいけない」と強調。騒音測定器を設置して低空飛行の監視を強める浜田市の宇津徹男市長は配備前提の政府の姿勢を批判した。

 一方、広島県の湯崎英彦知事は「再三の中止要請の中で(搬入が)強行されたのは遺憾」と述べ、日米両政府の対応を非難。安全性が確認されるまでは試験飛行をしないよう国に求める方針でいる。

(転載終わり)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。