いかりや爆氏の毒独日記

最近の世相、政治経済について「あれっ?と思うこと」を庶民の目線から述べていきたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

資産8000万円超、日本に360万人世界2位、米国1位・・・

2012-10-24 19:32:43 | 日記

 報道によれば、スイスの金融大手クレディ・スイスが22日発表した2012年の世界の富裕層数ランキングによると、純資産100万ドル(約8000万円)以上を持つ富裕層は、1位の米国が1102万3000人、日本に約360万人おり日本は米国に次いで2位だった。

 その一方で先進国のなかで、貧困率(相対的貧困率)が一番高いのはアメリカ、日本の貧困率は4番目であることは先日(10/17)述べた。貧富の格差が拡大していることを裏づけている。

 2012年3月末の日本人の個人金融資産残高は、1513兆3619億円、2011年9月末1471兆円、2000年1409兆円( 野村資本市場研究所資料)である。この長期不況のなかで日本人の貧乏化現象が進む中でも、金持ちたちはしこしこと金を増やしてしていることを示しています・・・金持ちは、より金持ちになっていく。

 この不況のなかで株価も低迷したままである、AIJのように年金資産運用に失敗した投資会社も多い。外資系の金融派生商品(デリバティブ)を買って儲けたつもりでもいても、(超円高で)円転してみれば大損したはずである。

 このような不利な日本の経済環境下でも、日本人の個人金融資産が増えているのは、恐らく超金持ちたちは手堅く日本国債を購入しているからであろう。彼らが日本政府の借金の担い手になっているのである、そう言う意味では有り難い存在である(苦笑)。大量の貧乏人を発生しながら、国債は金持ちたちの懐を豊かにしながら金は循環していく・・・不健全と言うほかない。

 ryuubufan:

 インターネット時代は金の力より言論の力だ。
 言論で歪んだ国家社会を正して行く。
 金持ちという少数者だけがいい目に合っても国家は良くならない。国家の力は国民が源泉だ。国民が広く力を発揮できるようにしなければいけない。

いかりや:

>インターネット時代は金の力より言論の力だ・・・国家の力は国民が源泉だ。
そうありたいとは思うが人はお金に弱いし情報にも弱い。日本人の約70%は、新聞やTVの情報を丸呑みしているという。信じるものは救われない(苦笑)

新聞やTVに巣食う経営陣&幹部そして、それに寄生するジャーナリストや学者たち。さらに国民を騙す政治家&官僚・・・誰も責任をとらない無責任社会、絶望はしてないが前途は遠い。

木綿:
 
 信じる者は騙される

 人は、中途半端な智慧があるもんだから、動物や神と違って悩む。例外的に悩まない人たちがいるが、彼らは文字通り「人でなし」

 政治家を選ぶというのは、期限付きの白紙委任状を与えるようなものなのに、その政治家を選ぶための情報は、今まで、ほとんど与えられてこなかった。政党の党是・イデオロギーの下に隠れて、政治家、個々人の個性は隠されていたといっていいでしょう。

 でも、時代は変わるような気がしています。次の選挙では、その萌芽が見え、次の次の選挙では、かなり目に見える形に育っているだろうと、私は思います。既存体制派はそれをつぶしにくるでしょうか。それとも妨害工作程度にとどめるでしょうか。この国の将来は、その辺りにかかっていると思います。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空洞化が進む日本:深刻化す... | トップ | いつまでもあると思うな、石... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小ネタ (木綿)
2012-10-26 09:39:57
以下は伝聞である。誰が何といおうと伝聞で耳にしたである。さて、話に聞いたところによると

 スイスの銀行といえば、プライベートバンク。日本でも金融資産1億円以上の顧客を対称に、銀行が似た様な業務を始めているが、まぁ、本場に比すれば、田舎芝居みたいなもの。スイスの銀行のプライベートバンキングでは、日本円で金融資産5億円相当が最低ロット。これだけの金融資産(不動産はダメよ)を持っていれば「ワシはスイス銀行に口座を持っている。」と自慢することができて、いわば世界のお金持ちの仲間入りを果たすことができる。

 でも、こんなのはハシタ金。預金残高表が定期的に銀行から送られてくるだけで、特に優遇サービスがあるわけでもない。日本の都市銀行でいえば、一般顧客の仲間入りを果たした程度のこと。

 スイスの銀行に自分の「担当者」がいるようになるのは、残高が20億円を越えてから。銀行に電話すれば「担当者に代わります。」と秘書がとりついでくれるようになる。といっても、それだけのことでなんか親身にアドバイスしてくれるわけでもない(笑)。

 一昔前まで、スイスの銀行が「上得意」と認識する残高は100億円以上からだった。その大口顧客名簿には世界の錚々たるビッグネームが並ぶ。当然だとなという名前もあれば、えぇ、この人、スイスに口座持ってんのぉ!と世界の最貧国クラスの偉い人たちも含まれる(笑)。この手の顧客から電話があると、担当者はジェット機に乗って駆けつける(笑)。

 幸い、日本人の名前は、ほとんどなかった・・・そうだ。日本人の金持ちは意外と健全だと思った・・・そうだ。今は知らない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。