いかりや爆氏の毒独日記

最近の世相、政治経済について「あれっ?と思うこと」を庶民の目線から述べていきたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

だからと言って「集団的自衛権」が必要と叫ぶなかれ!

2012-12-15 19:16:02 | 日記

 北朝鮮の長距離ミサイル、発射延期のはずが、一発かまされて大騒ぎ。これで北の脅威は現実的になっただと?

 ピョンヤンの おならに おののく大騒ぎ・・・だから集団的自衛権が必要だと?笑わせるじゃないか。迎撃ミサイルはPAC3があるから大丈夫じゃなかったのかよ。やっぱ、PAC3は当らないの?一発5億円もするのに、ただのパクパク、張子の大砲?

 中国共産党機関紙「人民日報」(電子版)は14日、中国国家海洋局の航空機が13日午前9時40分(日本時間同10時40分)から約28分間にわたり沖縄県・尖閣諸島の領空を飛行し、高度60メートルまで降下して巡視活動を行ったと伝えた(2012年12月15日  読売新聞外)。

 自衛隊レーダー補足できず 藤村官房長官「沖縄本島などから相当の距離」 
 
 藤村修官房長官は14日午前の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島付近を領空侵犯した中国機を自衛隊のレーダーが捕捉できなかった問題について、防衛省で対応を検討しているとした上で「防空に万全を期していきたい」と述べた。(産経ニュース)

 早速、軍事お宅氏が、

 空自の捕捉不能は極めて重大 自民・石破氏が問題視 (2012.12.14 産経ニュース)
 
 自民党の石破茂幹事長は14日午前、兵庫県姫路市で街頭演説し、中国機による沖縄県・尖閣諸島上空の領空侵犯を自衛隊レーダーが捕捉できなかったことを「極めて重大だ」と問題視した。

 同時に「中国は平気で領空侵犯する」とした上で「沖縄の島を守る。隙のない日本をつくる」と述べ、南西諸島防衛強化の必要性を指摘した。

 「だから集団的自衛権の行使が必要だ」と叫ぶなかれ!

 孫先氏(12/15)ツイッターより、
 日本政治:民法9条の会で講演。今度の総選挙で改憲グループが3分の2を獲得することが現実味を帯びてきた。日本がこんなに右傾化するのを誰が予想していただろう。尖閣で煽ってそれを自衛隊を米国の傭兵化する動き(集団的自衛権)が加速する。米国に誘導され、煽動する人物がいて、国民は見事術中中

 こうして、日本は何がなんでもアメリカさまの言いなり・・・。
 明日は投票日、もう嘘つき首相は嫌だ!
   反消費税増税、反原発、反TPPだぜ、俺は。

トッペイ:

 アベシ「もしもし、金総書記ですか。あの~選挙の景気づけに
一発ミサイルかましてください」

金総書記「わかりました。今先、アーミテージからも矢の催促です」「うちもアメちゃんに逆らうと怖いんで」

アベシ「そうですね。お互いアメ様の属国ですからね。
一応、表向きはお互い対立しておかないと国民をだませませんからね」

金総書記「そうです。我々1パーセントの人間だけがおいしいおもいができればいいんですよね」
「それじゃあ又」
のような会話があったかも・・・

いかりや:

アベシンちゃんとキムちゃんとは仲がいいんですか?
お互いどこで知り合いになったとですか?やっぱ、アメや横丁だったりして・・・
 
アーミテーノージ氏がキムちゃんに「冬のそなたへ、花火ぶっ飛ばしてけれ!」
これでニッポンの衆院祭りで、「やっぱアメちゃんが必要でんなあ」つーことになるんだべか?

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍氏の政権構想 デフレ対... | トップ | 師走選挙投票行動余聞、 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トッペイ)
2012-12-15 23:44:42
アベシ「もしもし、金総書記ですか。あの~選挙の景気づけに
一発ミサイルかましてください」
金総書記「わかりました。今先、アーミテージからも矢の催促です」「うちもアメちゃんに逆らうと怖いんで」
アベシ「そうですね。お互いアメ様の属国ですからね。
一応、表向きはお互い対立しておかないと国民をだませませんからね」
金総書記「そうです。我々1パーセントの人間だけがおいしいおもいができればいいんですよね」
「それじゃあ又」
のような会話があったかも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。