いかりや爆氏の毒独日記

最近の世相、政治経済について「あれっ?と思うこと」を庶民の目線から述べていきたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

テレビ朝日報道ステーション「原発問題」に関する養老先生の主張に関連して

2011-06-24 19:57:56 | 日記

昨日、コメント欄に養老先生擁護、筆者批判の投稿があった

今回は再度、原発問題と養老先生の発言について書きます。
 テレビ朝日の報道ステーションで「原発問題」について考えるというシリーズが、6/17からはじまり、第1回目として養老孟司さんが登場した。彼の主張の要点をあげれば次のようなものでした。

 原発問題が政治問題化した時点で、「賛成」「反対」の二極にわかれ、中立というものがなかった。
 経済成長を目指す以上、エネルギー問題は常についてまわる。石油はやがて払底する。 原子力にかわる代替エネルギーをどうするかという問題がある。このままでは大学の原子力工学科に進む者がなくなり、日本の原子力科学が衰退する。

 概要上記の通りであった。

 養老先生は、原発問題には「賛成」「反対」の二極しかなく中立というものがなかったと嘆いていたようですが、安全というものにも程度があって、ゼロか百かだけではないと言うのだろうか。

 彼は中立というものがなかったので事故につながったと言いたげであった。原発問題に「反対と賛成の中立」とはどういうことなのかわかりにくい、何故中間派の存在が必要なのかもわからない。

 原発反対派は原発が危険だからと言って反対するばかりでなく、エネルギー対策として原発は必要不可欠なもの故、危険対策を施しながら原発を進めれば今回の事故は防げたということだろうか。しかし、それは反対派の役割ではなく、原発を推進する側の当然の義務である。彼がそれを主張するなら、推進側の怠慢を責めるべきである。

 これまで国は官民(企業)一体となって原発推進をしてきた。国の原子力関連予算は、ここ20年間(1991年~)毎年4000億円以上、この20年間だけで8兆5000億円を超える金を使っている。

 H23年度原子力関係経費概算要求額は、4556億円(一般会計と特別会計の合計)である。そのうち文科省管轄分は2571億円、半分以上(56.4%)が文科省である。これだけの金を使いながら、日本の原子力科学技術が原発事故に対しては全く無力であることが今回の事故で明らかになった。福島原発事故で屋内に溜まった高濃度の放射能汚染水を浄化する装置さえ日本製はなかった、結局トラブル続きのアメリカ製とフランス製だった。

 原発推進派の科学者の頭のなかには、事故対策のことは全く欠落していたのだろうか?養老先生はこれから「原子力工学科に進む者がなくなり、日本の原子力科学が衰退する」と心配されているようだが、役に立たないものは衰退して当然である。

 毎年4000億円を超える原子力関係予算は、国をあげて推進するための原発予算と言っても差し支えない。この予算こそ仕訳の対象にする必要があったのではなかろうか。それに比し、エコエコと言いながら環境省の予算は平成23年度1970億円である、役立たずの原子力予算の半分以下である。今回の福島原発事故による環境庁の放射線調査は極めて貧弱であり、関東地方住民の不安に充分答えていない。

 100万kw級原発1基は冷却水として使う海水を水温7度上昇させて毎秒70トン排水しているという。多摩川と荒川を足した水量を毎秒7度上げながら海に排水している勘定になると言う。日本近海の海水温が上昇しているのは、原発による温排水と無関係ではないだろう。全世界に435基の原発がある、地球温暖化は炭酸ガスによるだけではないはずだ、原発による温排水による影響が大きいのではなかろうか。

蛇足ですが、
筆者の原発に対する基本的認識は、既述しましたが 『人類は未だ放射能をコントロールする技術を持っていない。多分、今後未来永劫、放射能をコントロールする技術は持ち得ないだろう』、放射能をエネルギー源として使うことは、人類とっては「禁断の果実」みたいなものです。 いったん暴走をはじめた原子炉から、放射能を取り除くことも消すこともできない。 これが原発問題の本質ではないですか?

 これも書きましたが、例えば西部邁氏は、””安全な技術というものはありえない、「車だって事故を起こすではないか、事故を起こすからと言って車を使わないわけに行かないだろう」””と言います。

 その通りですが、火事ならば消火することができます。車が事故を起こしても、事故処理が終れば何事もなかったように車はまた走れます。

 つまり、普通の事故は、可逆性(元に戻せる)ですが、原発が事故を起こせば、半永久的に事故処理が終らない、つまり不可逆性である点が本質的な違いです。事故現場には近づくことさえも難しい。この事故処理を終らせて元の状態に復旧できないところが、本質的な違いです。そして今回の福島原発事故で、何万と言う人が長年住んでいた所から半強制的に追い出されています。いつ元のところへ戻れるかもわからない。空中にばら撒かれた放射性物質は世界中に拡散し、海を汚染した放射性物質も同様であり、回収して元の姿に戻すことは不可能である。

 このように、原発事故は通常の事故とは、根本的異なることを、識者が認識できないとは驚きである。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東日本大震災、福島第一原発事故... | トップ | この国難から立ち上がれ!大震災... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハングアップ菅(戦後政府)強制終了・復興日本再起動法 (通りがけ)
2011-06-25 07:53:00
「暴走する日本の三流政治システムを強制終了 」
(>>http://blog.goo.ne.jp/veritas21/e/ff5f34d928490811b0e08a6589ef10ed
沖縄が本土を救ってから66年。本土の未だに琉球処分のままの感覚で良いのか?)


できの悪いコンピューターシステムがハングアップした時は誰もが電源を抜いて強制終了する。

戦後日本は経済一流政治三流で世界中に知られていた植民地政府。55年体制しかり泥棒官僚天国しかり。

アメポチウイルス小泉以来ファシズム暴走が始まり素っ空菅に至って完全にハングアップした三流政治システムは、強制終了するしかない。

戦後日本政府の電源は「日米地位協定」である。これを破棄して引っこ抜いてやれば、菅政府を強制終了し、独立国家として再起動ができる。

人間ならば人類の恥地位協定を直ちに破棄しよう!

>日本全体を『琉球共和国』にしてしまうとか。。。
その場合にもまずは「地位協定破棄」が前提だすな。
不道徳な公害廃棄物霞ヶ関とバカだ大学バカの壁ども (通りがけ)
2011-06-26 06:19:35
>このままでは大学の原子力工学科に進む者がなくなり、日本の原子力科学が衰退する。

これは「官僚の給料を安くしたり天下りを禁じたりすると生涯収入が減って官僚になって出世しようという優秀な人材が枯渇する」という噴飯ものの「天下り必要悪論」とおなじである。

人事院の主張であるがこれこそ東大閥のバカの壁を如実に証明している。

そんなにカネ(生涯収入)がほしいのなら官僚など辞めて実社会で起業して社長になって自分の腕と頭と度胸で商売すればよいのである。稼がない公務員に賞与など不要の極致であるぞwカネをほしがる公務員なんぞ社会に不要な不道徳な公害毒である。

平安時代の藤原一族じゃあるまいし働きもしないで他人を貶める陰謀で自分だけ出世するような不正直極まる官僚社会が霞ヶ関にあることが世の中で最低の破廉恥な不祥事だということがバカ東大の偏差値バカの壁にはわからないのである。

原子力学者が出なくなる?バカ東大の原子力学者のバカさ加減はもう世界中が知っている。知らぬはバカの壁ばかりなりw

湯川博士も朝永博士もみんな東大じゃないのは偶然ではなく必然なのだ。お受験偏差値以外数字が読めないバカの壁にはわからんだろうが。
続き (通りがけ)
2011-06-26 08:54:51
お受験偏差値以外数字が読めないバカの壁にはわからんだろうから噛んで含めるようにおしえてやるが、これすなわち東大など世界的に要らんということだ。

不道徳な犯罪組織馬鹿の壁霞ヶ関を強制終了させるために、霞ヶ関の親玉世界最凶悪徳米軍の電源「地位協定」をただちに破棄しよう。
平和憲法と安保条約はそのまま維持でね。戦争の狂犬米軍をつけあがらせないように厳しく躾けてやるべし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。