なのにオイラは京都へゆくの?

大阪の中年男が、京都の山に登った際の赤裸々(?)な公式日記帳やねん。
のはずが……京都・自己満足ブログとなりにけれ。

下宿屋

2017-04-05 18:26:56 | 音楽

京都の秋の夕ぐれは
コートなしでは寒いくらいで
丘の上の下宿屋はいつも
ふるえていました

 高田渡氏が住んでた下宿屋はどこやったんやろか? と考えてみたことがありますねん。

 場所のヒントは歌詞の中に出てくる「丘の上」のみだす。

 あまりにもアバウトで広範囲すぎるのでギブアップ。個人的な予想で左京区の山際辺りかなあと妄想しつつ、インターネットで調べてみると山科区日ノ岡やったようだす。

 ですが……正確な下宿屋の住所は特定されていないようだす。約50年前の建物が今も現存してるとは限らないし……。

 全てのアルバムを聴くほどのコアなファンやないですが、加川良氏のご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『聖なる怠け者の冒険』 森見... | トップ | 『夜行』 森見登美彦 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ごめん (梅干し)
2017-04-05 19:27:26
武田鉄矢かと・・・
Re:ごめん (オイラ)
2017-04-05 19:54:12
武田さんは何年か前、心臓の手術しはりましたけど今は元気なんやないかなー、と思いまっせ。
ごめん (梅干し)
2017-04-05 20:07:31
いや、語りが・・
先駆者さんか
おやすみなさい

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL