気まぐれな猫たち

飼い猫と野良猫の自由な生活実態

「下津の野良猫」583 久しぶりにイクはカーチャンと一緒に食事 

2016年10月29日 18時14分19秒 | 下津野良
     

イクとゴンべーはいつもの場所で               最近気性が大人しくなったワサビ


三日ぶりのブログのアップです。イクとゴンべカーチャンはいつもの場所で

餌を食べた。しかし食後のゴンべーはイクを餌場に置き去りにして帰宅した!

帰る場所はいつもと違い途中で左折した。左側には農業用大型ハウスがあるの

新しい寝床を見つけたのかも知れない。サビ猫のワサビは最近荒い気性が少

し改善されたようです。食器皿に手を近づけるといつもは猫パンチの嵐!しか

し小生が餌を横取する人間ではなく美味しい餌を与えてくれる人間だと認識

したようですなぁ?明日は二週間ぶりに猫用牛乳が飲めるので遅刻するなよ

     

ウララは花園一番のイケメン                 フンペは餌場初めての4世猫


野良猫は大なり小なり病気や怪我が有ります。下津の野良猫たちには眼が充血して

目脂が出たり鼻づまりの症状があります。また皮膚病のような脱毛症状も見られま

す。目薬や抗生薬は常備しているので対応できますが外傷は自然治癒しかありませ

ん。ウララはそのような症状が全く無い猫の一匹です。イクは両眼が充血して赤い

フンペの母猫はパンケで祖母猫はピリカです。曾祖母猫はメガネです。フンペとは

アイヌ語でクジラです。色が黒いのでフンペと命名。ちなみにピリカはしいです

     

ウララの母猫のキララ                    クサビとダテは一緒に


キララは4月21日に出産し6月25日に4匹の子猫を餌場に連れて来た。しかし

現在は娘のキラリと息子のウララの二匹しか確認できない。キララもゴンべー同様

食後は直ぐに帰宅してしまう。ゴンべーよりも子離れの時期は速かった!クサビ

ダテは姉弟です。4月12日に生まれたメガネの子猫です。他に二匹いたがタヌキ

に襲われたり交通事故で死亡した。ダテは黒猫でいつもナデシコの息子のカオリ

見間違える。クサビと一緒にいることでダテと確認出来る訳です。首輪が必要だ!


花園上段の餌場の食事風景


10月13日よりオス猫のトンボが所在不明です。10月16日よりゴンベーの娘

アキが不明となった。また10月23日よりキララの兄のアキラも所在不明です

トンボは体調が優れなかったので餌場から姿を消した可能性が高い。アキはゴンべ

ーとはぐれてしまったようです。アキラの場合は健康だったので多分他の縄張りに

移動
したようだ。オスの成猫は新しい縄張りを求めて餌場を去っていく。また三毛

猫のマッカチ10月27日より行方不明だ!金銭目的の拉致誘拐の可能性有!?
『猫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「下津一家」544 雨の日は室... | トップ | 「下津の野良猫」584 マッカ... »
最近の画像もっと見る