気まぐれな猫たち

飼い猫と野良猫の自由な生活実態

「下津の野良猫」586 アキラは健在だった!

2016年11月02日 17時51分38秒 | 下津野良
     

元気なアキラ(10月31日撮影)              元気は無いが食欲はあるパンケ


10月23日より餌場に姿を見せなかったアキラは元気だった!食欲もあり怪我を

している様子は無かった。一週間も不在だった原因は不明!一方パンケは元気が無

かった。今年生まれた二匹の子猫を交通事故で亡くした。しかし食欲は別のようだ
 

     

コタンの体がふっくらしてきた                ピリカも冬毛でふっくらしている


コタンの体は傷や抜け毛でみすぼらしかった。しかし冬毛が密生してきたので

体全体がふっくらとしてきた。また露出していた肌も冬毛で覆われ温かそうだ

ピリカも同様に冬毛が密生してダウンコートを来ているようです。急激な気温

の変動でまだ寒さに対応できない猫もいるようだ。今日も海からの風が冷たい

     

箱の中で暖をとる5匹                    左メガネに右クサビ


トンネルハウス内に設置していた発泡スチロールの箱は逆さにした。箱の中に座布団

敷いた。食後5匹の猫たちは冷たい風を避けるため箱の中に入った。手前のコタン以外

オス猫だった。5匹はトンネルハウスの定住組です。発泡スチロールの上蓋は入り口

風よけ板の代わりに設置した。ビニールの穴は取りあえず粘着テープで応急処置!!

今年の春に生まれたクサビの体格はメガネと同じぐらいの大きさです。黒猫のダテ

サビ同様体重は年末までに3000グラムを超えるでしょう。これで越冬は大丈夫だ!


遅刻して来たミドリは待機中
 

上段にオス猫のクマが牛乳を飲んでいる。隣には黒猫のカオリがクマの餌を食べていた

クマは子猫に餌を横取されても威嚇攻撃をすることは決して無い!しかしオスの成猫

に対しては容赦しない。一方オス猫のミオは例え子猫でも自分の餌を横取りされると威

嚇攻撃する。特にメガネやナデシコの子猫に対しては厳しい。地域のボス猫の条件は強

さだけでなく子猫に対する優しさも重要だ。またメスの成猫に好かれることも条件だ!

『猫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「下津の野良猫」585 昨日フ... | トップ | 「下津一家」546 ゴンカーチ... »
最近の画像もっと見る