いか@ 武相境斜面寓 『看猫録』

Across a Death Valley with my own Distillted Resentment

スペイン国王夫妻来日 皇居で歓迎式典 2017

2017年04月05日 20時49分13秒 | 日本事情

昨日、新しいスペイン国王が来日遊ばした。 Google [スペイン国王夫妻来日 皇居で歓迎式典]。

2008年の、フアン・カルロス1世 (スペイン王)来日以来。

■今日スペイン国王が来日。

おらほの街にKing&Emperor  


2008年

今度は、新しいスペイン国王だ。

おいらがスペインである。

フランコ将軍はぬっぽんに来なかったが、王政復古後のスペイン国王どもは、次々と、ぬっぽんに来るのだ。

もっとも、われらがぬっぽん皇室が、次々と、スペインに行っているのだ。王政復古前のフランコ将軍時代からだ。

フランコ将軍に会ったのは、これまたわれらがジミーさんである( マドリードにおいてフランコ総統を始め,多くの人々から温かく迎えられましたが,)。

われらがなるひと殿下は、実に、6回もスペインに行っているのだ(東宮殿下、スペイン(西国)を南へ北へ;あるいは、マドリ―っ子は、みんな高踏派::東南西北揃ったょ )。

みんな、スペインが好きなんだよ。おいらも好きだ。やつらは、みりんだって使ってる。

スペイン人は みりん を使う。 

そして、ぬっぽん政府に、厳重抗議したいのだが、 今回のスペイン国王夫妻来日大歓迎!ぬっぽん国民大集会への、おいらへの招待状が来なかった。

忙しい球蹴り選手は、試合を放棄してまで、招待されているらしいのに。

すたがって、おいらは、ひとりで、酒っこやりながら、スペイン国王夫妻来日歓迎愚記事を書く。

新しいスペイン国王であらせられるフェリペ国王は国王として新しいが、スペイン王国は王国として新しい。

なぜなら、さっき、王政復古したばかりだからだ。

われらがぬっぽんの1868に遅れること、107年。

そして、モダニズム or アカの時代の20世紀前半;

やつら西班牙は、国内で殺し合い。われらが日帝は外で殺しまくり。

とても違う運命。

そして、スペインと日本はお互い戦争しなかった。

だから、日西皇室王室は交流が深い。

それにしても、新スペイン国王夫妻の滞日日程はどうなることやら?

2008年のフアン・カルロス1世と全く同じ日程にしたら、面白い。

なぜなら、われらがぬっぽんで、新スペイン国王夫妻は、incarnation できるからだ。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい街でもぶどう記録;第1... | トップ | 新しい街でもぶどう記録;第1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本事情」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。