いか@ 武相境斜面寓 『看猫録』

Across a Death Valley with my own Distillted Resentment

南の島⑧ 干戈のこと;闘いうどんは泣きながら啜れ

2007年03月05日 20時30分29秒 | 国内出張・旅行


 宮古そば
先日のソーキそばを食べた同じ店で今日は宮古そばを食べる。そばといっても、ソーキそば同様、うどんなのだ。だしもどうやら同じようだ。のっかているものが違う。骨なしのお豚とはんぺん/「さつまあげ」。ようするに魚の練り物。もっとも、南の島では「薩摩」は禁句らしいので、この魚の練り物は、南の島では、なんというのだろう? 


南の島と言えば干戈のこと。

沖縄戦で死んだ日帝兵士は北海道籍の者が最も多い。これは、北海道の部隊が沖縄戦を前に配備されたからである。北海道といえば近代日本の貧乏農場であるから、全日本の「喰いつめ者ども」のハイブリッド軍団である。オールジャパン・喰いつめ者および子孫の軍団。もちろん、決してクイツメモノではない、北海道先住民の青年たちも日帝兵士として参加していた。

Google; 第24師団  北海道 沖縄


日帝兵士として出征するアイヌ人青年

Google; 第24師団  アイヌ

■北から来るものは昆布 (南の島② ソーキそば) だけではなく、日帝兵士軍団も来ちゃうのであるから、沖縄の人たちは、迷惑な話である。

さて、ぬんげんが天から与えられた過酷な点は、なにがなんであれ、自分の運命は自分しか受け止めることができないことである。琉球/沖縄の人たちが善良であれ何であれ、その運命は琉球/沖縄の人たちしか生きるしかない。

近代において、琉球/沖縄が日帝や米国・戦後日本にされたことは、琉球/沖縄の人たちが受け止め、今後どうこうするしかない。もちろん、今後、米国・戦後日本にどうにか善処してもらうことを含めてである。

ろくでなしのおいらが、琉球/沖縄を見て思うのは、えりーと・えすたぶりっしゅめんとがまぬけだと庶民が受難するということである。つまり、日帝に呑み込まれた琉球尚王朝がまぬけなのだ。

で、さらにろくでなしのおいらが思うことは、琉球/沖縄のことなぞ何にも心配していなのであるが、日帝に運命を委ねた戦前の琉球/沖縄は、米国に運命を委ねている現在のぬっぽんに他ならない。

沖縄を踏みにじり日米が戦争をしたと同様のことが、この先この日本列島で、米中戦争という形で出来するだろう。そして、日帝陸海軍が現地琉球/沖縄人を殺したように、将来起こる米中戦争では、在日米軍は日本現地人を、作戦上やむを得ずといことで、殺すことになるだろう。もっとも、そんなことより中国軍にぬっぽんずんはたくさん殺されるだろうが。

これも、日本が、戦前の琉球/沖縄と同様、他人にクニの運命を委ねた結果でしかない。

日帝が沖縄を捨石にしたように、在日米軍だって日本国土と人民を米中戦争の手段にするだろう。当然のことだ。米軍というのは米国のためにあるのだから。征服者にいつまでも自分の運命を委ねているものに天は味方しない。

▼摩文仁の石碑(沖縄戦犠牲者「全て」の名前を刻んだと自称する石碑)は○、靖国はX、というのは、ちゃんちゃらおかしい。

それはなにも、その石碑にanonymous Koreansの名前が刻まれていないといことばかりではない。

おいらは、テレビのドキュメンタリー番組で、ある琉球/沖縄庶民が、親族の名前がその摩文仁の石碑に刻まれていることを、泣きながら、激怒、憤慨しているのを見た。

つまり、言い分は、日帝陸海軍の司令官どもと、並列視され、摩文仁の石碑に刻まれているのが許せないというのである。もっともである。この琉球/沖縄庶民の憤怒は、靖国神社に勝手に祀られていることに激怒する日帝戦没兵士を親族にもつコリアンのそれと同じである。

摩文仁の石碑も靖国もダメダメなのである。摩文仁の石碑○、靖国X、というのは、ばかサヨの典型的な言説に他ならない。

それでも、おいらは、摩文仁の石碑も靖国も、是としたい。なぜなら、その存在こそ上記の琉球/沖縄庶民やコリアンの憤怒の源泉であるからである。理不尽に死んだ戦争犠牲者を、パッケージ化して、追悼できると考えることが、おばかであることを、徹底して、告発するからである。

摩文仁の石碑も靖国も、理不尽に死んだ戦争犠牲者を、パッケージ化して、追悼する点で双子の兄弟である。

しかしながら、その反面、パッケージ化した追悼するなぞ決してできはしないということを、実際に、現実的に示し、今後戦争をしたい人は、犠牲者は追悼なぞ決してできはしないと、思い知って戦争することを自覚させるためにあるのであれば、その存在意義があるのではないかと、おいらは、愚考する。

そして、おいらたちは、パッケージ化できない、理不尽な死とともに、愚種としての運命を歩むと確信するのである。

■と、すんこくなぐちばかり言っても、さびしいばかりだ。
せめて、沖縄で没したわれらが北海道籍の日帝兵士に、ふるさとの昆布入りのソーキうどんを供えてくれ!

いま思うのは、そのことだけだ。

そして、おいらは、せめて、床上手になろう。(←なんでやね! 正義 性技のために!)

それには性技が必要だ。昆布入りの闘いうどんを武器に、この世に巣食う快楽を貪り食う、めくるめくような性技の世界を、どうか堪能したいものだ。

おいらは今日も、性技のために、闘いつづける。 闘いうどんは、泣きながら、啜れ!

こんな闘い、はじめてだ…




『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南の島⑦ 最後のファミマ | トップ | 筑波山麓、あか・あお・きいろ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子宝ちんすこう (えの)
2007-03-05 22:07:58
http://chinkosukou.com/
『この商品には「沖縄の太陽(てぃだ)に負けない元気な赤ちゃんがたくさん生まれますように」という願いが込められています。』
沖縄の太陽(てぃだ)に負けない (いか@)
2007-03-06 06:36:03
沖縄の太陽(てぃだ)に負けない

って、「太陽の帝国」

に負けないってことかにゃー?

がんばって。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。