いか@ 武相境斜面寓 『看猫録』
Across a Death Valley with my own Distillted Resentment
 



 

宇和島城の受付には桃色電話[wiki]、これあり。

さかんに着信があり、管理人さんが対応に追われていた。

宇和島城: つくったのは藤堂高虎(関連愚記事;①アメリカ幕府 藤堂高虎 、②藤堂家その後 )

これがリアス式海岸の陸側と海側の様子だ! すなわち、耕地きわめて少なし... 海洋国家への動機...

陸側↓

海側↓

宇和島城は海城

■ 天赦園、市立伊達博物館、宇和島城の後は、鯛めしを食べた;

なるほど、宇和島の鯛めしは超高級卵かけごはん、と云えり

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 宇和島参り③ ... 新しい街でも... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。