いか@ 武相境斜面寓 『看猫録』

Across a Death Valley with my own Distillted Resentment

地を這う百日紅、さるすべり@地面派、あるいは、地面師と呼ばれた日

2017年08月13日 19時37分55秒 | 草花野菜


地を這う百日紅 (さるすべり)

最近知ったこと。 百日紅 (さるすべり)には地面派がいるんだと。

濃い「ライラック」色を、蒸し暑い亜熱帯のぬっぽん本島を、彩る百日紅 (さるすべり)の存在は、以前からおいらも知っていた

観察力に溢れるおいらは、百日紅 (さるすべり)には、「紅」(=濃いライラック色)ばかりでなく、白もあると気づいていた。

そして、最近知ったさ。

百日紅 (さるすべり)はお天道さまに向かって、垂直まっすぐに伸びるものばかりでなく、地を這う百日紅 (さるすべり)もいることを。

やはり、観察力は重要だ。

■ 地面師と呼ばれた日

最近のニュースで、「地面師」が出て、驚いている Googleニュース [地面師]。

日常社会の公式場面で「地面師」という言葉が現実に使われているのを、生まれて初めて、経験した。

おいらは後述する経験から、日常社会の公式場面で言っちゃいけない隠語だと思っていた。 「地面師」。

ところで、学術はあまたの分野に分けられている(←トートロジーですね)。 

ところで、学術はあまたの分野に隔てられている。

昔、西部邁が、大衆社会の病理=学術の病理を語ったとき、隔壁化= compartmentalization を嘆いていた。

なお、上記「昔」は、隔壁が破れたあの日航123便の事故の後のことではあるが。

scienceの訳語は「科学」である。その翻訳者がその時もった意識は、scienceは百であるということであろう。百科というのは、多くの科という意味だ。そして、「科」としてそれぞれの学問分野を区別しなければいけない理由は、多くの「科」のそれぞれでその「科」を極める訓練方法が違うからだ。それぞれの訓練方法でそれぞれの学問を究めるのだ。その事情を端的にあらわした英語の言葉が、disicplineに他ならない。

disipline = 訓練、鍛練、修養、教練、訓練法、修業法、(鍛練で得た)抑制、自制(心)、克己(こつき)、しつけ

==  可算名詞 学問(の分野); (大学の)専門分野,学科.

こういう背景で、研究者=「専門バカ」はお互い話が通じない。

もちろん、おいらもある科の「専門バカ」(しかも、崩れ)である。

そのおいらの科 (disipline) は、「世俗」での人口はとても少ない。例えば、おいらが今、つんぐんろうどうしゃ(賃金労働者)として働いている売上高数兆円、従業員数万人、その中の研究開発業務従事者数千人の中で、おそらく、おいらのdisiplineと同じ研究者はいないと思われる。

そんなおいらの約20年前のポスドク時代、「実学系」の研究所 (つくば です) で口に糊した。その「実学系」の研究所の黒幕研究者(業界ボス::その時は大学に転出して教授さまだった)はその「実学系」の研究所に遊びに来た時、ポスドクのおいらを捕まえて、おいらの出身disiplineをきいて、しゃれっけたっぷりに、「なんだ、おまえは、"地面師"か!」とおっしゃった。 ある種の inter-disiple的出来事だった???

もちろん、ものを知らないおいらは、「地面師」という言葉を生まれて初めて聞き、その意味も知らなかった。ただその会話の文脈は、その「実学系」の研究所の disipline とは違うおいらに「期待」する気持ちと「怪しいやつだな」という気持ちが溢れていた。

「地面師」という言葉の意味も、直観的に、「理解」できた。なぜなら、おいらの disiplineは、隠語で「山師」と呼ばれていたから、「地面師」という言葉の意味は、容易に、推定理解できた。

その時の理解は今回の報道となって得られた「地面師」の意味と大差ないと今は言える。

当時、何でも検索できるネット環境もなく、その会話の文脈から「地面師」の意味もなんとなくわかった。

もっとも、おいらがカナダにいた時、Bre-X(ブリ・エックス)鉱山事件というのがあった。だから、「地面師」とはこういう詐欺師とその時は了解していた。

おいらが、ネットで、いか@様野郎を自称する以前の話だ。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい街でもぶどう記録;第1... | トップ | 東京都大田区は、大森+蒲田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

草花野菜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。