いか@ 武相境斜面寓 『看猫録』

Across a Death Valley with my own Distillted Resentment

「意外とスキル不足な博士」 という意外、あるいは、skill & philosphy; スキルと哲学

2017年08月08日 19時11分48秒 | その他

意外とスキル不足な博士

とは、おいらには、意外。

「博士号持ちは企業でも役立つか」

という日本語を英訳する場合、

博士号持ち”は、Ph.D (degree) holder となるに違いない。

(後記; 違うわな。 日本人は、例えば理学博士も文学博士も、自称の英語表記で Dr. を用いる。 日本(例えば、文学)博士で、英訳自称で Ph.Dとはいわないよね。 なお、20年ほど前、日本で「学術博士」というのが流行った。恐らく、Ph.Dの邦訳のつもりなのだろう。

後記②; わかってきた。 今の日本の標準?表記は、博士(理学)、博士(文学)、とかだな )

ここで、Ph.D のPh とは、philosophyのabbreviation [略語]に他ならない。

philosophyの、われらがぬっぽん語訳は、これまたわれらが西周センセイが、造語された、「哲学」である。

なぜ、philosophy=愛知ではないか?は、今となっては、相当、謎である。

 (この辺の事情は研究が進んでいるのだろうが、おいらの邪推は、西周はギリシア語を(あんまり)知らなかったのではないか?)

英語圏の博士さまは、「周」(あまね)く、「哲学」博士=Ph.Dである。

このことは、これまで、再三、いろんな人に、指摘されている。

さて、skill = スキル。

世の中の動向は知らないが、おいらは、skill = スキルって、philosophyの対局のイメージを持っていた。

すなわち、philosophyとは、具体的な知識、技術、情報ではなく、「存在」そのものを認識する知的営みという「偏見」をもっていたからだ。

そして、今日。

意外とスキル不足な博士 。

Ph.D=[?] 博士==ぬっぽん博士は、スキル不足が、難じられているのだ。

大変だな、博士号持ち。

そして、この案件でネット徘徊したら見つけた;

wing chun skill and philosophy

意外とスキル不足な博士  という認識は、華人さま系ということか?

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい街でもぶどう記録;第1... | トップ | 原爆投下が必要 by リー・ク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事