いか@ 武相境斜面寓 『看猫録』

Across a Death Valley with my own Distillted Resentment

今日5/19は、つくば記念日、あるいは、筑波研究学園都市に来なかった「国研」

2017年05月19日 09時13分37秒 | 筑波山麓

今日5/19は、つくば記念日。

今から、47年前の今日、筑波研究学園都市建設法に、ひろひとさんが書名、押印; ぎょめーぎょじ (愚記事:ひろひとさんのゴーサイン)。

当時、通産省、科学技術庁、建設省、環境庁、文部省など諸官庁傘下の国公立研究所が「筑波研究学園都市」に移転、あるいは、新設した。

もちろん、当時、「つくば市」はない。

なお、「つくば」で最も古い研究所は、現在の気象研である。今の場所(長峰 [1])に戦前からあった。その今の長峰の気象研を中心に今の産総研や環境研があるのだ。

[1] つくば市に多少なじみのあるひとでも、あるいはつくば住民でも、つくば市長峰という地名は知らないのではないだろうか。

どうでも、いいことだが、今の産総研の敷地の中に、当時の桜村と谷田部町の境界がある。

さて、奇を衒う当ブログでは、筑波研究学園都市に参画しなかった「国研」(国立研究所)に言及する;

国立医薬品食品衛生研究所

世田谷区にあった。 先日、散歩してて見つけた。 それまで、その研究所の存在は全く知らなかった。 それは今でも国研なのだ。 つくばの国研はみんな独立行政法人化したのに。

衛生材料廠跡」という碑を見て、さては、旧陸海軍の研究所、あるいは生産組織を厚生省が引き継いだものかと、散歩の時は、思った。だって、戦場で医薬品は激烈に需要されるでしょう。

  (今の若い人は知らないと思うが、20世紀後半には厚生病院というのがあった。厚生省管轄の総合病院だ。 その厚生病院というのは、敗戦前はすべて陸軍病院、あるいは、海軍病院だったのだ。 ポツダム宣言の受け入れにより大日本帝国陸海軍は無条件降伏し、解体した。その残滓としての軍の病院が、戦後の厚生病院である。 今の古い人! 知ってた?)

さて、「衛生材料廠跡」=国立医薬品食品衛生研究所の沿革の問題に戻る。

家に帰って、ググった。ちがった。 旧陸海軍の研究所だろうというおいらの邪説。

国立医薬品食品衛生研究所は、明治7年(1874年)に医薬品試験機関としての官営の東京司薬場として発足した、わが国で最も古い国立試験研究機関である

この国立医薬品食品衛生研究所は、1970年の、都内の国研を筑波研究学園都市に移転させ、以って、都内の過密を緩和するという国策から免れたのだ。 おそらく、国立医薬品食品衛生研究所職員が、「なんで世田谷から筑波山麓くんだりに行かないといけんだよ!」とブーたれたと、おいらは、邪推している???。そのブーたれに厚生省幹部は負けたのだ???。 

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深読み;邪推読みニュース:... | トップ | 新しい街でもぶどう記録;第1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。