いか@ 武相境斜面寓 『看猫録』

Across a Death Valley with my own Distillted Resentment

神奈川県立近代美術館・葉山の「木魂を彫る 砂澤ビッキ展」は6/18まで

2017年06月13日 19時01分31秒 | その他


砂澤ビッキ、『横浜関内桜通りの夜』 1987年、ミクストメディア、紙
 (下記リンクより転載)

神奈川県立近代美術館・葉山の「木魂を彫る 砂澤ビッキ展」は今度の日曜日、6/18まで。

砂澤ビッキとは、展示主催者の解説によると、こうです;

砂澤ビッキ

1931年、アイヌの両親のもとに旭川に生まれ、22歳(1953年)の時に木彫を始める。同時期に鎌倉で澁澤龍彦らと交流し、モダンアート協会に所属、読売アンデパンダン展などにも出展。28歳(1959年)の時に旭川に戻り、北海道と東京を中心に多くの展覧会に参加。1978年には音威子府おといねっぷに移住し、小学校跡地をアトリエとしてさらなる制作を展開。北海道を中心に屋外彫刻も多数手がける。1989年に骨髄癌で死去。

代表作(ネットからの画像)

  
『北の王と王妃』(1987年) 『神の舌』(1980年)

この2作はいかにも"アイヌ・「前衛」アート"という感じですが、砂澤ビッキは元来モダンアートの人らしいです。

1955年(昭和30年)に24歳で「第5回モダンアート協会展」で『考える人』など油絵が入選しています。

本展示会では、砂澤ビッキの後期・晩年の作品が主です。

この展示会でも、ネットでも、砂澤ビッキの初期の頃の作風はわかりません。

ただし、死ぬ2年前に描かれた『横浜関内桜通りの夜』が展示してあります。

つまり、『北の王と王妃』(1987年)と同じ年です。

砂澤ビッキ、謎です。

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい街でもぶどう記録;第1... | トップ | 三田評論は、「機関誌」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。