いか@ 武相境斜面寓 『看猫録』

Across a Death Valley with my own Distillted Resentment

大澤君はどう生きるか?、あるいは、中二病と黒子(ほくろ)

2017年07月23日 19時46分13秒 | 日本事情

おいらは、恥ずかしながら、慢性中二病である。

中二病は、fifteenで罹患する びよき  であり、かつ、速やかに引いていくはずの びよき なのに、 齢 [よわい] fiftyのおいらは、未だに中二病である。

そんな慢性中二病の齢 [よわい] fiftyのおっさんを刺激するのは、

高山さんに他ならない。

YouTube [高山さんと大沢くん]

その「声」を、どんな御尊顔から、あの「声」を発するのか?、知りたいことが我慢できず、ググってしまった。

見た;

 

キンチョーCMの高山さんは野田琴乃!可愛い画像や高校とプロフィールも気になる!

イメージ(地味で清楚な感じ)とは違った。

そして、気づいた。 ほくろ。 高山さんには黒子(ほくろ)があるのだ。

声だけ聞いては分からなかったが、彼女には、ほくろがあるのだ。

慢性中二病患者とゆかりが深い(???)彼女にも、当然、ほくろがあるのだ。

■ 大澤君はどう生きるか?

あなたはよっぽど度胸のない方ですね」と、高山さんに思われて、齢 [よわい] fiftyのおっさんとなっていくのか!!!???

● まとめ

中二病の黒子(くろこ)=黒幕は、岩波らしい;

  
Amazon  Amazon

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい街でもぶどう記録;第1... | トップ | 3枚揃った; アンディ・ウォ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。