IJBL3

現在は2014年10月から2017年3月までの記事をアーカイブとして公開中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

周波数を変えたうえでKTWRの短波日本語放送は継続中

2016年10月31日 | 放送、音楽関連

2015年3月の記事の一つ↓
http://blog.goo.ne.jp/ijbl_3/e/fd7bc8f4f562bc91283fda14565fa245
↑に関する近況です。

上記リンク先の記事で述べたような経緯から、
グアムのKTWRは、短波での日本語放送を再開しています。
BCLブームを知る世代を中心に反響が大きいことから、
この2年来、毎週日曜日の、夜9時15分から45分までの、
週30分の放送が続いています。
これまでは、9975キロヘルツで流れていましたが、
短波放送では、電波の状態を考慮して、地元局と比べて、
周波数を頻繁に変更することがあり、
今の形で放送を開始して初めて、昨夜・10月30日放送分から、
7400キロヘルツに移動して行なっています。
日本のも含めた、様々な歌を流しながら、
リスナーからのお便り紹介を中心にした内容となっていました。
受信状態は、より強力な中国からと思われる電波の影響を受けつつも、
予想通り良好でした。
ただ、昨夜に限っては、完全に終わらないうちに停波しましたが。

『ラジオ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 鳥取などで強い地震 | トップ | 11月 »