IJBL3

現在は2014年10月から2017年3月までの記事をアーカイブとして公開中

パズル認証

2016年02月24日 | パソコン、ケータイ、インターネット

IJBL3の以前の記事の一つ↓
http://blog.goo.ne.jp/ijbl_3/e/34cbd34a8b6e68d36dfa314c0b797335
↑では、画像認証を求める入力フォームは、
音声利用者には自力操作は不可能であることを取り上げました。
他方、封じ込め効果はなくなり、セキュリティーをめぐる問題は、
より深刻化する一方の現実もあります。

そんな事情が背景にあるのか、従来の画像認証と比べて、
セキュリティーが強化されたという「パズル認証」という、
新たな手法を採用するサイトが、ネットバンキング、
ネットショッピングを中心に、日本でも出始めている事実を、
今年になって知らされ、正直、ときおり感じる、
ネットへの不振感が再燃するほどの衝撃を受けています!

正にジグソーパズルで遊ぶ感覚で行なうそうですが、
画面が見られ、かつ、マウスやタッチスクリーン操作ができる
前提にした仕組みらしく、従来の画像認証以上に、
音声利用者等への配慮は、まったくないとか!!
セキュリティー強化の名のもと、アクセシビリティーが否定されている、
いま一つの事例と言わざるを得ません。
受け入れるのは大変つらく、納得できませんが、
これが、私たち・視覚障害利用者が直面する現実なんです!

参考:
・パズル認証について
(セゾンカードのページより)↓
https://netanswerplus.saisoncard.co.jp/WebPc/pages/images/person/PC_puzzle/
・パズル認証、ログイン履歴の分析で対策
(東洋経済オンラインのページより)↓
http://toyokeizai.net/articles/-/46790
・Capyパズルキャプチャ - Capy(キャピー)
(認証技術提供元のページより)↓
https://www.capy.me/jp/products/puzzle_captcha/
・新しいアイデア・技術とアクセシビリティ
(Junnama Onlineのページより)↓
http://junnama.alfasado.net/online/2013/12/technology_and_accessibility.html

ジャンル:
セキュリティー
この記事についてブログを書く
« 今日はラジオの日! | トップ | サイバーセキュリティー月間... »