IJBL3

とにかく公けにできる範囲で発信しています

視覚・聴覚障害者のICT利活用推進フォーラム

2015年11月25日 | 青森

「勤労感謝の日」の祝日だった、一昨日・23日、
青森市のアピオあおもりでは、視覚・聴覚障害者の
ICT利活用推進フォーラムが行なわれ、私も行ってきました。

今年度初めて実施されたというこのフォーラムで特筆したいのは、
この種のイベントを、視覚障害者情報センター↓
http://www.aosise.com/
↑などの専門施設ではなく、青森県庁の情報システム課↓
http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kikaku/system/index.html
↑が主催したことかと思います。
つまり、一般の情報化推進と同等に扱う形で行なわれたと言え、
福祉の枠からの脱却という時代の潮流に合わせた、
実に素晴らしいことだと感じました。

一昨日は、12時半ころに会場に向かいました。
そして、一部の機器を体験したり、点字の資料を頂戴したり、
いろいろとお世話になっている人たちと再会したりしました。

機器体験では、振動を使った歩行補助装置「ぶるなび」↓
http://www.brl.ntt.co.jp/people/t-amemiya/research_j.html
↑を試しました。
配布された点字の案内や、上記参照記事によると、
「恰も手を引かれるような感覚」
が得られるといいますが、これは、正直、
振動が、余りにも電気的過ぎて、
恐怖感、悪夢を見るような強い不快感を覚えてしまいました。
勿論、適切に訓練すれば大丈夫なんでしょうが。

一方、操作体験はしませんでしたが、
紹介されたアプリに「ボイスオブデイジー」↓
http://www.cypac.co.jp/ja/products/vodi/
↑というのもあり、スマホ、タブレットを、
現時点で買うつもりはないにも関わらず、
大変興味を持ち、この、IOS、
Andoroid用音声デイジー再生・作成アプリについての
点字資料を頂戴してきました。

講演会もあり、私は、株式会社ユーディットの、
関根千佳(セキネ チカ)さん↓
http://www.udit.jp/outline/member/csekine/
↑の講演の最初の部分のみ聴講しました。

実は、当初は出席しないつもりでしたが、
声をかけてくれた人がおり、行ってみたところです。
寒く、雨模様の天気ではありましたが、参加してみてよかったと思っています。
ということで、一昨日はお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 11月 | トップ | 12月 »