けんのぺーじ

英知とは、自分の使命とその使命を果す方法をしること トルストイ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『クライマーズ・ハイ』

2008-09-16 03:38:05 | 諸書巡歴
横山秀夫『クライマーズ・ハイ』文春文庫、2006年6月10日第一刷

○ あらすじ(文庫裏面より)
1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。衝立岩登攀を予定していた地元の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。一方、共に上る予定だった同僚は病院に搬送されていた。組織の相克、親子の葛藤、同僚の謎めいた言葉、報道とは―。あらゆる場面で己を試され篩に掛けられる、著者渾身の傑作長編。 解説・後藤正治

☆ -----------------------------------☆
心に多くの悲しみを託っているからといって、他人の悲しみをわかる人間であるとは限らないp150

酔わなきゃ本音を言えない人を信じちゃだめよ。そういう人は本当の人生を生きていないからね。P232

同じ場面を与えられることは二度とない。その一瞬一瞬に、人の生き様は決まるのだ。P327

仕事は星の数ほどありますけど、家庭は世界中でたったひとつですから。P460

下りるために登るんさ―。
安西の言葉は今も耳にある。だが、下りずに過ごす人生だって捨てたものではないと思う。生まれてから死ぬまで懸命に走り続ける。転んでも、傷ついても、たとえ敗北を喫しようとも、また立ち上がり走り続ける。人の幸せとは、案外そんな道々出会うものではないだろうか。クライマーズ・ハイ。一心に上を見上げ、脇目も振らずにただひたらすら登り続ける。そんな一生を送れたらいいと思うようになった。P462
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑い | トップ | 『楠木正成(上・下)』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kampei)
2008-10-07 22:45:54
少し前に読みました☆
ジャーナリスト時代の自身をラップさせてるとのことですが、一気に読みました。

「酔わなきゃ本音を言えない人を信じちゃだめよ。そういう人は本当の人生を生きていないからね」僕もその通りやと思いました。

fuck (yj)
2012-09-18 23:04:08
shit!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
クライマーズ・ハイ 横山秀夫 (粋な提案)
クライマーズ・ハイ(2003/08/21)横山 秀夫商品詳細を見る 1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。 地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デ...