立食い蕎麦の日々

50歳代前半、老眼鏡が手放せなくなって数年のおじさんです。でも、まだまだ元気にがんばろう、そんな私の日々です。

「会社苦いかしょっぱいか」を読み終えました。

2017年07月17日 | Weblog
会社苦いかしょっぱいか パオロ・マツツアリーノ著 春秋社」を読み終えました。
 オンライン東洋経済の書評記事で紹介されていたのをきっかけで読みました。
 書評の中の通勤事情にひかれて買ったのですが、内容は、会社とその勤め人であるサラリーマン文化の明治の代から現代までの比較研究をテーマとした本でした。
 とても面白く、帰りの通勤電車の車内で寝入ることなく、読みふけり、木曜の帰りの車内で読み終えました。
 読み終えて、サラリーマン文化この100年で大きく変わることはなかったのではと感じました。
 私もよく、同僚と居酒屋で口に出る言葉「私が入社したころはナー・・・。今の若者は・・・・」。どうやら明治、大正、戦前、戦後のサラリーマンも言っていたらしいとのことです。
 通勤のラッシュアワーも、明治、大正、戦前、戦後もありました。
 ただ、その中の個々の内容(例えばラッシュが、市電から、郊外電車へ)は変わっていて、その違いがなかなか興味あふれるところでした。
 今、労働環境の変化が話題になっているけれど、このサラリーマン文化ともいえるものは大きなくくりではこれからの100年変わらないのかもしれないと思いました。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の誕生祝 | トップ | 昨日は、クラス会でした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。