iisanの自由日記

ウクレレや散歩のこと、今日の出来事などを書きとめております。

真夏日

2006年06月29日 | iisan日記
29日(木)梅雨前線は関東から離れて真夏日、暑いったらない。

いつものウォーキングを終え大汗をかきかき戻ると自宅前に
アイスキャンデー屋さんが台車を転がしてやってきた。麦わら帽子
ノボリを立ててチリンチリンと鐘を鳴らして来るところは昔と同じ
だが記憶にあるのは自転車荷台の木箱だったな。オヂサンには台車の方がいいのかも。

懐かしさと暑さに負けて「おじさん、一本!」と声をかけていた。アズキ・メロン
イチゴなど昔ながらの種類があった。”ミルク ”150円也を一本いただいた。
一本10円・昭和20年代に食べたあのおいしさを求めたのが間違いだった。
氷のシャキシャキ感は味わえたが、今食べてもおいしいという実感はなかった。
製造元を見ると荒川区南千住の○○食品。やはり今も下町製なんだ。

☆駅前繁華街を行くアイスキャンデー屋さん
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

ウクレレ・パーティ

2006年06月26日 | オハナ・ウクレレ・パーティ
25日(日)古河OHANA 第14回ウクレレ・パーティに参加。

パーティ最初の1時間はMATTさんのFM番組「ハワイアン・パラ
ダイス」の公開録音を兼ねている。テーマは日本語の歌詞で親し
まれている「ハワイアン名曲とその原曲」。懐かしい曲を聴きな
がらMATTさんとウクレレも弾くアナウンサーTakakoさんの掛け合いで参加者への
インタビューありクイズありのユニークな番組の収録となった。
FM番組の出来上がりと今後の放送が楽しみ!

内容は灰田有紀彦氏が1922年に持参したウクレレが日本初上陸と思われること。
後年友人永田哲夫氏がハワイアンやポピュラーに素晴らしい日本語歌詞を付けたこと。
灰田氏の弟、灰田勝彦氏の歌でそのハワイアンが一般大衆に受け入れられたことなど。
「お玉杓子は○の子」で勝彦氏の美声をうん10年ぶりに聴いた。子供の頃は灰田さん
の歌が好きだった。煌めく星座・東京の屋根の下・鈴懸の径・新雪・アルプスの牧場や
映画館で初めて見た映画が灰田氏の「歌う野球小僧」だった。本当に懐かしい!
「小さな○の橋」ではディック・ミネの歌やサッチモの歌とトランペット演奏に驚く。
「○の夜は」の日野てる子「パイナップル・○○○セス」の田代みどり「南国の○」の
大橋節夫と3人の歌を聴き、その原曲を聴けたのもこのパーティならではの魅力である。

『ゲストコーナー』うくどらさんが三茶で聴いたオータサンの曲。日進メンバーは
オッパチさんの2曲これを皆で歌い、その後ライアテアの歌と曲を演奏。うまい!
M島ご夫妻は新曲を毎月出してくる。ノビーさんがGを弾きデビュー。MAKAHA
のミエさんもきれいな声のフォークソングでデビュー。JohnnyはIZの曲トレモロが
とてもきれいだ。ボクはJohnnyとキッドさんの伴奏で40年前のオッパチさんの曲を
歌った。しのさんはバッハのクラシックを見事にこなす。親方の黒須と端午に拍手と
歓声があがる。しゃど~さんの時代劇テーマ曲はギターの特長が生かされたいい曲
だった。地元の4名のユニットもハワイアンとポピュラーの2曲で参加してくれた。

『ハワイアンタイム』はNUAの達者連が演奏し客席も一緒にウクレレを弾く。
リクエストが相次ぐが見事にこなしてしまうところがすごい。この日の目玉は
MATTさんに後押しされてErnieさんがついに古河デビューしてしまったこと。
最後にHawaii Alohaを合唱して今月も満席だったパーティもお開きとなる。
東京組はErnieさんの車に乗ったので ひとりいつもの上り電車で蛙。
今日はフランク・永井のナツメロを歌ってしまった。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ナツメロ

2006年06月21日 | その他のウクレレ記事
昭和30年代、高校生の頃~裕次郎の映画と歌が全盛だった。
それで大宮にはよく行った。洋画はオリンピア劇場で裕次郎は
日活映画だったから銀映座だった。ついでに映画主題歌も流行
ったものだ。ウクで弾いてみると日本人好みのマイナーばかり。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

6月例会

2006年06月19日 | NUA日本ウクレレ協会
18日(日)例会午前の部はおがわさんのおすすめCD紹介
第2弾。テーマは「スラック・キー・ギターあれこれ15選」
ゆったりしていて癒されるアコースティック独特のゆる~い
響きがたまらない。開放弦でベースの音を出してるから?

MATTさんの補足解説も入りスチールギター・ウクレレと並ぶハワイアンの代表楽器
スラック・キー・ギターの演奏を堪能した。知っている2曲 E Mama Ea と Koke`e 
が心地良く特に印象に残った。調弦比較一覧も普段なかなかお目にかかれない
すばらしいものでTaro Patchチューニング・Wahine チューニングなどを教わった。

昼休みは小進庵で念願のカツ重/かけそばセットをいただき歓談。午後の部は
日本ウクレレ協会平成18年度総会から始まる。総会次第はスムースに運び
本年度活動計画案まで全員の拍手で了承され無事終了。50周年もうすぐだ。

13:30からのウクレレ講習会は午前の部にスラック・キー・ギター特集で聴いた
THE QUEEN`S JUBILEE 、SWEET LEILANI、KIMO HULA 、そして花  四つの曲を
弾きながら歌った。滝 廉太郎の「花」 低音部で歌うのも久しぶりだなー。

14:30~満席で親睦会が始まる。今日はきまさんが新調したテナーに注目が集まる。
小岩ブラザース&シスターズの演奏は走ってしまいあせったが今月もなんとか発表
できた。親方はここ一週間でカタチにしたという端午を披露。さすが! かっこいい!
macさん父娘がひさびさに登場。大人も負けそうなラナちゃんのGに大歓声があがる。
その後フラも踊る。せつこさん「かわいい!連れて帰りたい!」 だめですよー。
MATTさんとイタさんで古河のテーマ曲KA HALE `OHANA `O KOGAをやった時は
Johnnyと伴奏で飛び入り参加してしまった。ちょいと時間が残っているとのことで
6月号から裕次郎の歌を数曲歌う。弾き語りは何故かテナーでないと調子が出ない。

2次会の彩華は満席で1テーブル8~10名のぎゅうぎゅう詰め。それでもウク仲間と
いれば楽しいものさ。ビール・紹興酒・冷酒の3種混合。喋り飲み歌い弾くいつもの
パターン。営業部は出前流しもやっていたなあ。

烏山でフラが見られるとの誘惑を断ち切り埼玉・栃木組は上野でビールを買い
例会の余韻にひたりながらいつもの夜行列車に乗車。途中網棚に乗せたボクの
ウクレレケースから水がしたたり落ち、知らないおばちゃまのアタマにポタポタと。
濡れた傘かと思ったら、せっちゃんにもらったすずらんだった。もたせる為に水が
たっぷり入っていたのだ。19日 そのすずらんを庭に植えた。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

つばめの子

2006年06月16日 | iisan日記
今朝も元気に顔をのぞかせていて一安心する。
現在我が家のペットとなっているツバメの子三羽のことである。

5月中旬、今年も親鳥が飛来してたった3日で巣を作り終える。
下旬には半分に割れた卵殻が床に6個落ちていて三羽の誕生を
知る。以来親がせっせとエサを運ぶ姿を毎日見てきた。

6月4日あたりから雛の黒いアタマが巣の中で動いているのを確認する。
ここ3~4日で随分成長して身を乗り出したり羽ばたきのしぐさをするようになった。
親は親でカラスの鳴き声がする、猫が近づいたと云って?はボクに知らせるのだった。
去年は飛び立ちの寸前で無残にもカラスに運び去られてしまい親鳥が狂ったように
泣き叫びくるくると舞っていたのを思い出した。自然界は厳しいものだ。

今年の巣立ちはあと数日だろう。無事飛んでくれるといいが。

☆19日の朝 3姉妹は無事巣立ってくれました。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ラッキー!

2006年06月15日 | iisan日記
ラッキーと云うと、きまさんちのワンコみたいだな。

連夜のサッカー観戦による寝不足でベッドで横になっていたら
玄関ブザーが何度も鳴らされているようだ。しぶしぶ起きて
ドアを開けると宅急便のお兄さんがいた。
届物を依頼した記憶がないが確かにボクの名前になっている。
依頼主名を見て思い出したぞ。 そうかあれだ。 
思わず ♪あの時 あそこで あの人と・・・歌ってしまった。

伊豆山同期会の懇親会でビンゴをやったのだ。最初なかなかリーチ!がかからな
かったが多くのお仲間の中、トップにビンゴしたのだ。大荷物を持って行った
関係で景品の箱物には目もくれず封筒を1枚手に取り幹事に渡したのだった。

封筒の中身お品書きはワインで本日届いたのだ。なんてったってブルゴーニュワイン。
名幹事のBBちゃんサンキュー! CHAMPY2本確かに受け取ったよー。
今夜は30年ぶりにステーキにしようか セレブ セレブ!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

六月場所

2006年06月11日 | 小岩出稽古
10日(土)小岩de稽古に行く。

ランチタイム 今日も長寿庵のおばちゃんは元気だった。
6人で乾杯。カツ丼を頼む 梅雨の谷間の晴れで大汗をかく。
今月はうれしや女性が4名参加し、総勢12名で稽古スタート。

Ⅰ  タンゴの練習曲 コードチエンジと3連のトロロッがすばらしい。
   セーハの仕方。時間をかけてレパに加えたい毎日少しづつやろう。
Ⅱ  例会の発表曲は譜面を見れば楽勝なのだが、暗譜が完全じゃない。
   暗譜の方法として コードを書き出す コードで探って行く 
   どのメロでどのコードが使われるのか 再びトニック~ドミナントまで。
Ⅲ  ハワイアン・ソロ 予習していなかった。改めて先月の話を思い出す。
   アルペジオと2本指 これから数多く弾くことで何とかなりそう。
Ⅳ  西海岸 循環コードと0709010012014016017
   17~23小節復習 ジャラーンと10フィンガー エンディング トレモロ
ステージでの個人演奏終わったのは17:30 大変中身の濃い稽古だった。

2次会に向かう途中でアロハシャツと佃煮を買う。いつもの鳥正さんは予約が
取れなかったそうで大衆酒場のお茶屋さん小岩店。その2号室というのがカラオケ
ルーム。これがいけなかった! 宣伝文句の「飲み放題」これもいけなかった!
乾杯のあとマイクなど取り寄せて始まってしまった カラオケ大会が。

mitsukoさんの和ものからはじまり歌謡曲・ポップス・ハワイアン 鳥屋さんなら
誰かが必ずウクを弾き始めるのだが今日は歌いっぱなし。「一人5曲として60曲
は歌ったなー」とあとで誰かが言っていた。デュオあり 振り付けあり ものまね
ありで 歌った、笑った 飲んだ。とうとうウクレレは登場しなかった。
思わぬ人の歌声に感心しきり。親方がこれからはウクレレでしごく(笑)と言って
いたがどうなる? 何時にお開きになったのだろう。20時くらいか?
改札口でもりぞーさんに全員挨拶。

Johnnyは仕事の関係でお休みだった。しのさんと上野発の夜行列車で帰る。
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

オッパチ逝く

2006年06月09日 | その他のウクレレ記事
皆さんのBBSや今朝の新聞で大橋節夫氏(81歳)の訃報を
見た。”オッパチ”の愛称で親しまれた日本ハワイアン界の
長老。故バッキー白片さんとハワイアンブームの中心であった。
ご冥福をお祈りいたします。

「赤いレイ」はボクが生まれた頃の作品で彼が15歳の時だったという。
「倖せはここに」「さよならを言わないで」「ワイキキのフラ娘」など
シンガー・ソング・ライターとして和製ハワイアンのヒットを連発。
ハワイアン歌謡でも大橋節夫とハニー・アイランダースは一世を風靡した。
内田さんのヴィブラフォン・中村順一さんのギターも良かったっけ。

ボクが新入社員の頃、オッパチの兄さんが会社の労組委員長だったこともあり、
日比谷公会堂・厚生年金会館などで開催された「ハワイアンの夕べ」に
よくでかけた事を思い出す。
                         
                           昭和16年夏
                           作詞 作曲:大橋節夫
                           1960年 レコード化
               「赤いレイ」      

♪ 月白い浜辺に 赤いレイかけて 歌ったっけ 君とふたり

  きこえて来たね なつかしい歌が 椰子の葉ゆれてる 島かげから

  君のひとみ なぜかうるむ 星ふる浜辺に 赤いレイかけて

  楽しかったね  君とふたり   君とふたり

                             作詞:みナみカズみ
             「ワイキキのフラ娘」     作曲:大橋節夫
                               1961年
♪ ワイキキ生まれのあの娘は  毎日フラを踊るよ  

  椰子の葉陰でゆらゆら  僕の心もゆらゆら 

  ウクレレひいてとせがまれりゃ いやとは云えない  僕なのさ            
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

続 ウクレレ談議

2006年06月06日 | 旧友会
5日(月)東京駅9番線ホームのベンチ。”高級”駅弁で昼食を
摂っていたら仲間がちらほら現れだした。10名ほどで快速
アクティに乗りいざ熱海へ向かう。熱海駅からしっかり節約して
乗合バスで伊豆山に向かう。停留所の前が東京電子健保の
豪勢な建物だった。16時に50名で集合写真を撮る。

総会の会場となる研修室の下見をし、アンプをセットし音の出具合をチェックした。
譜面台も出す。しゃべる原稿を乗せるのにいい。卓上マイクしかないので座っての
演奏になるかなと考える。第13回総会は17時にスタートした。恒例の式次第は
トントン拍子に進み、その他の項であるボクの発表が近づいてきた。

この様子だとたっぷり時間がもらえるなと思ったのが大間違い。ボクの前に登場した
自称、北海道支部長(東京組以外彼一人だけ)が「北へのいざない」をテーマに、
喋りだしたら止まらない悪い癖で20分もオーバー。17時から始まる宴会まで
15分しか残っていなかった。これじゃ予定の半分、これにはあせりまくったぞ。

結局しゃべろうと準備したウクレレ話はやめて「ウクレレってこんな音がします」と
演奏に入る。これが良かったみたいで会場の皆もすぐ反応してくれた。なにしろ
牧伸世代。きまさんのカキコから持っていった”やんなっちゃった節”が受けたのを
はじめカ○マナ○ラ・○のバカ○スなど、皆で唄おうコーナー風になる。

ソロでビヨン・☆・郷・舟の唄なども披露。出稽古と親方の教えがここで役に立った。
リクエストでナツメロの伴奏をしたり予定時間をはるかにオーバーして無事終了。
いつもの歌謡曲メドレーは自粛した。やっても意味不明だったろう。

おかげで宴会場に移動しての懇親会はおいしい酒となった。銘柄がいい!
久保田&八海山だもんねー。お開き前に会の歌の頭出しと伴奏も務めた。
カラオケルームに移動。最近の歌などまったくない同期だけの大ナツメロ大会に
なる。それでも足りない仲間の為に211号室を深夜までウク部屋にしたのだった。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

ウクレレ談議

2006年06月03日 | 旧友会
6月5日~6日は熱海:伊豆山の保養施設で同期会の総会と
懇親会が開催される。会員有志によるお話しコーナーでは
毎年1~2名がリタイア後をどう過ごしているのかを発表
させられるのだが今年は悪友の推薦でボクにお役目が。
”あいつは気楽にやりたい事をやって楽しんでいる”らしい
との事で「ウクレレ談議」を20~30分持たされる事になった。
30分といえば長いぞ。何を話そうかと朝から考えた手順は・・・

 1 ウクレレとの出会い  
   5年前友人の写真展を見に行った帰り道、銀座の楽器店に入り35年ぶりに
   ウクを弾いた。すばらしい音色に衝動買いして連れ帰った。

 2 練習はどうしたか
   PCを始めたころでキーボード打ちの練習にと知っている曲・聴いた事が
   ある曲を片っ端からワードで打ちプリント、コードを手書きで入れた。
   歌謡曲 ハワイアン カントリー フォーク 民謡 唱歌 外国の名曲
   1100曲の弾き語り歌集ができた。コードを覚えて行った。

 3 インターネットを通して同好の士をさがした。
   メールで教えを乞い情報を交換した。

 4 2002年3月NUAに入会した。情報や交流が飛躍的に広がった。

 5 活動の現状は
   月に1回の出稽古とNUA例会 ライブ・パーティに参加。
   コンテストにユニットで参加、昨年はハワイに行った。
   上級者のライブで弾かせてもらったり、仲間うちの発表会だけでも楽しい。

 6 楽器の話ですから弾いて歌ってみます。騒音ご勘弁! 弾き語りで2曲。

 7 最近ソロに挑戦している。ウクレレは伴奏楽器ではありません。ソロで2曲。

 8 メリット・やりがいは
   毎日弾いて歌っているからストレスなし。全国にお知り合いが出来た。
   河豚レレ そばレレ 芋煮レレ 例会・出稽古2次会と楽しんでいる。
   PCとの連動で仲間からお便りがありボケてる暇がない。

 9 今までと変わった事は
   増殖病に感染した 旅行が減った ウク仲間との付き合いが増えた。

10 ウクレレの種類
   ソプラノ コンサート テナー バリトン 1万円~40万円

11 ウクレレはどんなジャンルの曲でもOK 皆さんもやってみてください!

12 最後にハワイの幼稚園児が弾いているというGを弾いて終わります。

 ☆ 当日は50名集まるというからアンプ シールド 譜面台 歌詞カードと
   大荷物になりそうだ。翌日のゴルフはかんべんしてください!
 
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加