iisanの自由日記

ウクレレや散歩のこと、今日の出来事などを書きとめております。

古河OHANAライブ

2005年11月27日 | オハナ・ウクレレ・パーティ
MATTさん主宰のハワイアンライブがあり、教室のノビー
さんご夫妻をともない19時に会場入りした。
この春 ご縁があってお知り合いになった匠君のパパしゃど~
さんと久しぶりにお会いした。開演まで1時間の余裕、
バドワイザー・ギネスなど呑みながら待つ。

NUAのお仲間が10名ほど。加須のウクレレサークルの
マダムやジェントルマン。地元のフラチームのお嬢さん(むかし)にも
初めてのご挨拶。東京・埼玉・栃木・茨城・神奈川から駆けつけた
ハワイアン&ウクレレ好きで会場はすごい盛り上がりだ。

20時MATTさんのMCで始まる。今回は日本語で唄えるハワイアン特集。
いつもながら曲の解説とハワイについての歴史や謂われを詳しく説明して
くれるので皆さん感心するばかり。皆でハワイアンナツメロを唄いウクレレを
弾いて楽しんだ。またスラッキーウクの演奏が新鮮だった。すばらしかった。

参加タイムではあきもとさんのあと2曲ほど唄わせていただいた。Johnny の
ドラ2回鳴らしは強烈だった。キッドさんの歌ウクレレの演奏と続いた。
皆さんMATTさんのベース伴奏付きだから気持ち良く唄っている。

ゲストタイムはshu-sanのウクとしゃど~さんのギターセッション。簡単な
打ち合わせの後演奏スタート。お互いの気持ちを確かめるように譲ったり
もらったりのやりとりがたまらない。すばらしい2曲に拍手の嵐(オーバー?)
最後に特別参加の地元フラチームの踊りで2時間のライブは終了した。

いつもの停車場通りを駅に向かい東京・浦和・大宮組と宇都宮線上りで帰った。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ぼくの名前はマー坊

2005年11月26日 | その他のウクレレ記事
CRAZY-GとFFTというジャカソロがある。この曲を
マスターするのに半年もかかった。トシには勝てないものだ。
先日の例会~2次会で友人のマーチンを借りてこの2曲を弾いて
みた。なんか気分がいい 上手くなったような気になる。こりゃ
マーチンをいつの日か1台は欲しいなと思うようになった。

そんな折ウク仲間とマーチンを見る機会がやってきた。お店に
行くと社長がどうぞと云って見せてくれたのがスタイル0と
スタイル1だった。3MやKが付くものは予算から遠く及ばず
最初から目をつぶったのだ。1と0だけを手に取り四本ほど
片っ端から弾かせてもらった。どれもオールドとは思えぬ美品で
マーチンらしい独特の響きで鳴ってくれた。友人と社長にも弾いて
もらいボクと同じ1940年代生まれのスタイル1を選んだ。
0にくらべマホガニーの質が良さそうに見えたのとバインテイングが
有った方が高級そうに見えたからだ。しかしスタイル0も音では
遜色なかった。こうして我が家に連れて帰るのだが・・・

今夏のハワイ行きでは「今年はもうウク買わないからフェステイバルに
行かせて」だったのだからもう大変。敵?は「ウクレレは1台あれば
いいんじゃないの」と思っている種族だからかみ合う訳がない。
帰宅するなりウクレレ部屋に直行し壁から下がっていた同サイズ・同色の
フェイマススタンダードとすばやく入れ替えた。森に木を隠すの例えとは
ちと違うがうまくいった。保護色動物作戦は成功した。

1月になったら「去年は我慢したが、新年になったのでさっそく1台買った」と
報告しよう。幸い 1940’Sのタグが付いていたので「古道具屋で1940円
だった」とでも伝えておこう。
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

NUA11月例会

2005年11月21日 | NUA日本ウクレレ協会
例会案内にはこう書いてあった。
今月の午前の部はわが国における「ジャカソロ研究」の
第一人者である関レレ指導者白鳥さんをお招きし、ジャカソロの
基本である3連奏法について「こだわりの1拍3連!」という
テーマで特別講義をお願いしました。白鳥さんのジャカソロ
解析はカマテツさんはじめたくさんの奏者に影響を与えています。

10時前に会場入りすると、いつもと違い出席者が多く席がほぼ
埋まっている。最近のジャカソロブームとあの白鳥さんの講義が
聴けるというので皆さんの出足が良かったようだ。

10時半 3連弾きの「い・ろ・は」から講義が始まる。A4版4枚のレジメは
ステップ1から5まであり実によく出来ている。解りやすい。白鳥さんが永年に
亘り研究し培ってきた3連奏法を詳しく見事に解析している。

氏のコメントによれば『3連奏法は、歌の伴奏やジャカソロなど幅広く応用する
ことができる技法です。あの軽やかな響きはまさにウクレレの個性そのもの
であり、他では味わえない感動を与えてくれます。この感動を自らのスタイル
に取り入れられればどんなにすばらしいことでしょう』

確かにウクレレを弾く者にとって3連はあこがれである。たった4拍の中に
15通りのバリエーションがあるという。必要ない指は握る!効果的に3連を
聴かせるコツそれはむやみに弾かない事らしい。単発打ちや2度打ちが効果的
であろうと「3連ランダム打法」で教わる。
「魔法のコンビネーション」ではシャッフルリズムの頭に裏打ちとも言うべき
ひとさし指アップの「タ」を入れる直前に親指のアップを加えて「タラ」を
完成させる。なるほどハワイアンの演奏にしっくりとくる。これを3連に
応用するとジャカソロが見違えるように変化し、すばらしく聴こえる。

こうして12時まで短い時間のなかで役に立つウクレレのテクニックを
知ることができた。今後自分の演奏に使えるかどうかは個人の努力次第だ。
こんなすばらしい企画を立案してくれたMATTさんに感謝。

例会のあとはいつものところで shu-san の演奏 白鳥さんとキヤマンさんの
セッションにMegさんの歌がからみすごかった。カマテツさんも駆けつけて
くれて豪華な2次会となった。3次会は烏山で、まいたけさんの名演奏を
聴かせてもらいました。そうそうまさやさんのじょんがらも久しぶりに
見ました。後ろ髪を引かれる思いで22時に早上がりしました。
カマテツさん、まいたけさんが師と仰ぐ白鳥さんありがとうございました。
お疲れさまでした。
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

長いタブ譜

2005年11月18日 | その他のウクレレ記事
朝食時奥玉が「あたしの和裁尺知らない?」と言う。
2日前から探していたそうだ。
「知ってるよ ちょっと借りてる」

先日の稽古で頂いたタブ譜はA4の4枚口。105小節で
A3用紙2枚分だから譜面台からはみ出してしまう。
練習では2枚かさね53小節までくるとパッとめくったり
下に落としたりしていたがどーしても演奏が途切れてしまう。
そこで背もたれを付けたらと単純明快な発想で物差しを
あてがったのだ。いい!4枚分並んだ。イライラしなくなる。

しかし稽古や例会に物差し・・・また荷物が増える。
楽譜が10枚なんてなったら棒が長くなって始末が悪いだろう。
かといって暗譜もできないし困ったもんだ。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

一眼レフ

2005年11月16日 | 写真・カメラ
デジカメを使いだしてからというものカメラケースの棚に
置き去りにしていたフイルムカメラの手入れをした。

ボディを掃除しレンズにカビがないか点検。作動を試みるが
3台とも反応なし。永い間ほったらかしにしていたので電池
の寿命が尽きたらしい。そーいえば最新のF100でさえ
一昨年姪の結婚式で撮影以来さわっていなかった。
パソコンですぐ見られる手軽さからデジカメオンリーになった
2年間。たまにはフイルムカメラも使ってやらなきゃと思う。

中学生の時の2眼リコーフレックス、マミヤの蛇腹式。高校時の
リコー一眼レフ。その後のオリンパスペンはスキー場の雪の中に消え
ペンタックスSP、ゼンザブロニカも今はない。

残ったのがNIKONの3台だけ。子供が生まれて成長記録をと買った
小型のFE。1970年代だからもはや修理部品もないだろう。
新聞社勤務の兄からもらったF3。中古品市場でも品余りのようだ。
F100は退職後これからカメラざんまいと買ったものの、旅行でも
行事に持ち歩くのでも本体・交換レンズの重量が負担になってきた。
写真倶楽部にでも入会していれば使用する場があるのだろうが
ひと昔まえのカメラとしてケースの飾りになりそうだ。撮ってすぐ
見られ加工もできる実用的なデジカメの時代になってしまった。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

なんでも二次会付き

2005年11月14日 | ウクレレイベント
ウクレレコンテスト見学ではきまさんに迷惑をかけてしまった。
会場に到着するがきまさんの姿が見えない、空腹には勝てず
Johnnyとふたりで先に回転寿司に行ってしまったのだ。
早い 安い 美味いを実感して戻るときまさんのブーイング。
寿司を食べている頃彼は必死に走っていたらしい。
約束しておきながら本当に悪かったときまさんのカレー昼食に
付き合った。もちろんコーヒーだけだったが。
会場の席も私だけ先に一つ確保できてしまったり不運の連続。

コンテストが終わってMさんも加わり二次会に行く頃はいつものウク仲間。
上野の板門店にお連れする。この店も三年ぶりだ。
生ビールで乾杯カルビとロースを中心に4人で10人前の焼肉に満足。
さすがにご飯は食べられなかった。上野駅でJohnnyから差し入れの
缶ビールと水割りを呑みながらウク談議の後、いい気持ちで帰宅する。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ウクレレコンテスト

2005年11月14日 | ウクレレイベント
11月13日 台東区生涯学習センター「ミレニアムホール」にて
第3回フェイマス・ウクレレコンテストが開催されたのでJohnny
きまさんと見に行った。開演直前に会場入りし空席を探していると
ノビーさんご夫妻に会う。「席とっときました」というので
同行の二人には申し訳なかったが先に座らせてもらう。その後
二人も座れたようで安心する。2003年の第2回に比べ観客数が
はるかに多いようだ。第3回からこれまでのソロ・ユニット各部門
の垣根を外し大賞制に移行してのコンテストだそうだ。

2時開演:ユニット8組が演奏した。これでウクレレコンテストかいなと
思える編成のユニットもあった。知り合いのいちぢさんとLeeさんの
パイナップルボーイズや前回に続き出演の宝島の演奏を楽しく聴いた。

ゲスト演奏でのキヨシ小林さんのキャラバンはさすがにすばらしかった。
松本ノボルさんのスラッキーウクレレあんな事もできるのかと感心する。
30分の休憩タイムではNUAのお仲間や知人としゃべったり、ビルダーの
ハンドメイドウクレレ展示品をさわらせてもらう。

4:15~ 期待のソロ10名の演奏がスタートする。
皆さん一次審査ををクリアされたウクレレ達者ばかり!
うち5名は知人や前回に続く演奏者で親近感もある。ノリアキ君10歳の
演奏は素直できれいに音をつなげていてすばらしかった。川合ケンさんの
トルコ行進曲、うわさには聞いていたが器用な人だ。まいたけさんの友人
吉村さんの電飾ウクレレ演奏は今回初めて見た。10名のうちハワイアンは
一人だけ。オリジナル曲の演奏は4名を数える。

ゲスト演奏ではカマテツさんが鉄腕アトムなど三曲演奏。
マーチンコンサートで粒のそろったすばらしい音色のジャカソロに感動する。

審査の結果は次のとおり

☆ テクニック賞      川合ケン  トルコ行進曲
☆ パフォーマンス賞   吉村俊彦  Legend Of Lilac
☆ 審査員特別賞     Twinkle's ペルシャの市場
☆ 大     賞      ちぇるしぃ Night And Day
☆ ウクレレクレイジー賞 まいたけ  That's a Plennty
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

11月の出稽古

2005年11月13日 | 小岩出稽古
しのさんと同じ電車で会うはずが電車は満員で見つからず
新宿湘南ラインは鎌倉方面への行楽客で土日は混むのだ。

新宿西口交番前に集合し先ず腹ごしらえのため万来へ
朝食を摂ってきたので名物チャーシュー麺をやめて普通の
ラーメンにした。11時オープンとともに満席の盛況だった。
喫茶店に移りチャーシュー休憩としばし歓談のあと小岩へ向かう。

今日のメンバーは8人 ビール・お茶とおつまみを買い資料配布の後
各キー別ダイアトニックコードの解説から稽古がスタート。
トニックでスタート サブドミナントで進みた~い ドミナントで戻りた~い
曲の構成は大体こんな具合になっているとか。3月の第1回から何度も聞いた
テーマだ。キー別のコード一覧がありがたい。しかしいつまでも覚えられない。

課題曲ハワイ○ロハは皆さん予習を積み重ねていて練習3回でOK。
パ○ーシェ○のアンサンブルは合奏ならではのハーモニーの広がり面白さ
がある。アドリブ部分のメロディが頭に入っていないせいかその小節
あたりに来ると止まったり遅くなったり速くなったり音符の長さや休符を
を見る余裕がない。初めての音合わせにしてはまあまあか。
迷惑をかけまいと皆必死で、個人で練習している時よりもはるかに
上達できるのも合奏の良い処であろうか。
ジャカソロ練習はたっぷり時間を取って今までのおさらい。
今回も手首が固く返しがうまくいかない。個人別に発表となるとまた
緊張してしまいかえって動かない。ここで覚えれば一生モノと激励されるが
爪が磨り減ってゆくばかり。こんな時頭を冷やして力を抜いてやってみると
案外いい音が出ていたりするものだ。

お楽しみはいつもの鳥正さんへ。刺身 たらちり鍋 カキ鍋 たたき 馬刺しなど
お酒各種を呑みながら大笑いの連続。最後にいつものでっかい鮭のにぎりと
アラ汁で21時に終了。世話役のもりぞーさんに見送られ改札をくぐる。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

PTE

2005年11月09日 | その他のウクレレ記事
パワータブエディター(PTE)というタブ譜作成ソフトを
知ったのは4月のことだった。あれから6ヶ月ついにというか
やっとというかマイPCでPTEが使えるようになった。

出稽古仲間はこれはすばらしい!と5月から使いこなしている
のにダウンロードいやその前段階のメール添付で届いたファイル
を解凍できないものだからshu-sanがせっかく作って送ってくれた
練習用の労作・力作が受信トレイに溜まったままになってしまった。
MAKAHAの友人が見かねて毎月タブ譜をファックスしてくれた
ので出稽古の予習はできたが音を聴けないのがさびしかった。

先日PCに強い甥が遊びにきたので「PTE使いたいんだよなー」と
相談したところ「やってみる、何か資料ある?」というからタブ譜と
もりぞーさんからもらった解説CDを渡した。
彼はそれから小一時間かかって添付ファイルを開きソフトをダウンロードし
CDの内容を読みながらあれこれ操作していたが「これでいいんじゃない?」

待ちに待った楽譜がそこにあった。もちろんサウンドを押すとMIDIで
音声も聴く事ができた。手順を1から説明してもらいメモした。
6ヶ月分10曲ほどをデスクトップに保存した。

今まで好きな曲をソロで弾く場合、ワードで作った四線タブ譜にウクで
1音づつ弾きながら手書きしていたがこんな苦労も解消されるだろう。
今のところ皆さんの力作をプリントしているだけだが自分でも楽譜を
作れるようになりたいものだ。まだまだ学習しないといけない。

しかしウクレレやっているとパソコンにも強くなれるなー。
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ウォーキング

2005年11月08日 | しらおかウォーキング
今日も天気がよく暖かい日だった。
日課となった運動公園の歩きは1,1Kmのコースを5周して
いい汗をかいた。管理事務所は火曜定休日なのでテニスコートや
野球場、プール周辺は静かなものだった。

水はけ調整池には今年も白鷺や鴨が飛来していた。
これから迎える冬にここの水と魚を目当てに、たくさんの野鳥が
集まってくる。警戒心が強くカメラを手に近づくといっせいに
飛び立ってしまう。関東は平地でもだいぶ紅葉が進んできた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加