IIS(アイイス)国際スピリチュアリズム協会 NEWS

IIS(アイイス)国際スピリチュアル協会 NEWSのページです。

光の道の勉強をサポートします!

2017-04-19 18:16:00 | 霊界通信のデモンストレーション

 4月9日に東京のアイイス本部で行なわれたスプリングフェスティバルのデモンストレーションの中で、大空ミディアムが行なった霊界通信の一部をダイジェスト版でお伝えします。会場の雰囲気をお伝えするために、その時話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。

大空: 女性の方を感じています。どちらかといったら細身のタイプです。ご年齢は…、私は年齢当ては苦手なんですが…、50代前半から半ば、もしくはもう少しいっているかもしれません。髪の毛はウェーブがかかっています。それで今、現れていらっしゃっているお姿は、ワンピースのような…、女性らしいんですがそんなに派手ではなくて落ち着いた柄のお召し物をされて、カーディガンを肩からかけていらっしゃる、そんなイメージです。

 共通の思い出は…、あー、これ難しいかな…。ええとですね、こちらにいらっしゃる方が小さかったときに、自転車に乗るのを助けた、ということなんですね。だからちょっと…(笑)。おばさまになるのかな、もしかしたらどちらかのおばさまに…。あっ!いらっしゃいます!?良かった~!(笑)良かったです~…。覚えていらっしゃいます?

男性:はい。

大空:自転車に乗るのを手伝ってくださった?

男性:はい、あの、そこのおばさんの家の自転車を借りて、乗れるようになるまでずっと練習させてもらったというか…。

大空:はい。ええと、そんなにすごく賑やかな方ではなくて、どちらかというと、おしとやかだけれどもしっかりとご指導くださるというか、見て頂けるというか、そんな感じの方でいらっしゃいますよね?

男性:はい。

大空:そうしますと、お母様のご親戚になられますか?

男性:そうです。

大空:そうですよね、それでは、おばさまということでメッセージを頂いてもよろしいですか?

男性:あ、はい。

大空:…なんかね、今、おばさまがすごく楽しげに笑っていらっしゃるんですね。今ね、右肩に手をかけていらっしゃいます。もしかしたら少し温かく感じるかもしれません。…なんだか、はしゃいでいらっしゃいますね。何かお祝い事とかありますか?

男性:あの、同級生の結婚式がある…。

大空:同級生の結婚式…。うーん…、「そうじゃない」とおっしゃっています。ええとですね、最近、何か心に決めたことがありますか?…あ、もちろん、この場であまり言いたくないならあれですけれども…。

男性:会社だったり、仕事だったり、そうですね…。

大空:新たなことを始められました?

男性:始めたいな、と思うことが…はい。

大空:…ごめんなさい、そのことでもないみたいです。ええと、このアイイスの場所にはよく通っていらっしゃいます?

男性:昔、クラスに…。

大空:そうですか?…今日、この場所に来たのは久しぶりですか?よく来られます?フェスティバルとか…。

男性:はい、たまに。

大空:うんうん…。何かね、今日、この場所にこうやって来ていらっしゃるということは、すごく喜ばしいことだと仰っているんですね。それで、…当然、光の道というか、こういったスピリチュアルな道にご興味がおありだと思うんですけれども…。何かちょっと、自分は好きで参加するんだけれども…、例えばミディアムなどになるのはちょっと無理かな、とか思っていらっしゃいます?

男性:そうですね。

大空:うん、そのことをね、今、仰っていらっしゃるんですけれども…。その道を歩むこと、勉強することに、すごくおばさまは喜ばれていて、自転車と同じようにね、「もし、あなたがやると決めてくれれば私がサポートをしていくから、やってみたらどう?」ということなんですね。もしよければ、自分で駄目だと言ってしまわないで、是非ミディアムとか挑戦して頂いて、これだけ後ろの方が「やりましょうよ」と、やる気満々でサポートすると仰っていますので挑戦してみると良いかと思います。

男性:はい。

大空:それでは、はい、ありがとうございました。

大空ミディアムは、名古屋と浜松で講師とミディアムとして活躍しています。大空ミディアムとのカウンセリングをご希望の方は、お気軽にアイイス事務室までご連絡ください。

 アイイス事務室  お電話(03-6273-7147)  メール(info@iis-org.jp

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人を笑わせるのが好きな指導... | トップ | 人を育てる仕事をどんどんし... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL