IIS(アイイス)国際スピリチュアリズム協会 NEWS

IIS(アイイス)国際スピリチュアル協会 NEWSのページです。

日本のエネルギーである和を広げていこう!

2016-06-24 23:29:38 | サーモン

 6月19日に東京のアイイス本部で行なわれたサンデー・サービスの中で、EMIKOミディアムが行なったサーモンの内容をお伝えします。会場の雰囲気をお伝えするために、その時話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。

「季節は6月となり、雨の多い季節となってきましたが、雨というものは、私たちに潤いとそして糧となる動植物に栄養を与え、地球全体の浄化、癒しともなってくれる存在です。この時期、紫陽花や蛙の鳴き声など、私たちに季節感と季節の移ろい、そして安らぎと懐かしさを覚える方もいらっしゃると思います。

  この日本の風景を、日本で生まれた、そして日本に暮らしている私たちが大事に守っていくこと、そして、後に続くこれから生まれてくる子供たち、何代も後に続いていく命、魂にこの大切な地球の恵みと営みを続けていくこと、それが今この時代に生きる私たちの役割でもあり、望みでもあります。

  私たちの日頃からの小さな気配り、気付き、心掛けによって、この美しい自然や大地の営みを、エネルギーをこの先も後々まで続けていくことができます。私たちの中の心の清らかさ、愛情、労り、そのようなものがこの大きな自然を、安らぎを、永遠に浸透していくことができるのです。

  私たちはともすれば日常の雑踏の中で、忙しさの中でそういったものを見落としてしまったり、忘れてしまったり、そういうことが起こりがちですけれども、この季節の移ろいというもの、四季の中で私たちはこの大きなエネルギー、そして日本の大地に流れている和という私たちの心と心を繋ぐ調和と思いやりと労り、私たちの日本人の中に受け継がれている和というものを大事にして、今いろいろな世界の方々が日本を訪れて下さっていますが、これからその世界の方々にも和を広げて地球上に私たちの心のふるさとである、日本のエネルギーである和というものを広げていきたいと思います。」

  EMIKOミディアムは名古屋クラスの担当講師をしております。EMIKOミディアムとのカウンセリングをご希望の方は、お気軽にアイイス事務室までご連絡ください。

 アイイス事務室  お電話(03-6273-7147)  メール(info@iis-org.jp)

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

背中をおもいっきり叩くお爺様現れる

2016-06-22 12:40:22 | 霊界通信のデモンストレーション

 6月12日に東京のアイイス本部で行なわれたサンデー・サービスのデモンストレーションの中で、大空ミディアムが行なった霊界通信の一部をダイジェスト版でお伝えします。会場の雰囲気をお伝えするために、その時話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。

大空: 男性のエネルギーを感じます。そうですね、どちらかと言うと、細身ではなく、しっかりした(体格の)ような方の印象があります。年齢が50、60代でしょうか?ちょっと、ラフなジャケットを着ていらっしゃるんですけれども。

 誰か今までの情報で、心当たりある方いらっしゃいますかねえ?どなたかの、お父様もしくは、お爺様になると思います。そうですね、そちらの男性の身内の方で、お爺様か、あるいは、今、私が言ったような容姿で、あんまり細身ではなく、あんまり華奢っていうイメージではないんですけども、男らしい方で、誰か亡くなられている方、いらっしゃいますか?

男性: 父方の、お爺さんですね。

大空: お爺さん。

男性: はい。

大空: えっと、ジャケットとか着られるお爺様でしたか?

男性: ジャケットを着るのは、母方なんですけど。

大空: ううう〜ん、こちらの方は、しっかりしている感じですか?

男性:まあそうです。でも母方の方がちょっと細い。

大空: 細い?

男性: はい、細いです。

大空: うう〜ん。父方のお爺様ではないかなと思うんですけれども、ちょっと、なにかメッセージを、あのお伝えしたいことがあるようなので、メッセージを、お聞きさせていただいてもいいですか?

男性: (うなずく)

大空: なにか、今ちょっと躊躇されてることでも、おありですか?ご自分の道で、進みたい道なんだけれども、どうしようかなって思ってるようなことって、おありですか?

男性: そうですね、まあ、岐路に立っています。

大空: 岐路ですか?

男性: はい。

大空: もう自分では、これをやりたいなというふうに、実は、決めてらっしゃるということはありますか?

男性: まあ、ほぼ決めているんですけど、はい。

大空:なんか、お爺様がですね、背中をおもいっきりドーンと叩いて、『さっさと行け!』みたいなことをおっしゃってらっしゃるんですけれども(笑)。『行きなさい!』って、強く背中を押しているので、もし、ご自分で・・私ちょっと内容まではわからないですけれども・・なにかされたいなと思うようなことがあったら、もう進んでみてもいいのかなっていう感じが伝わってきます。そこからでもまた、軌道修正とかも効きますし。(霊界にいる)皆さんが、今、凄く応援されている雰囲気が伝わってくるので、ご自身が思っているよりは、進みやすいかとは思います。はい。

男性: はい、わかりました。

大空: はい。

 大空タカミディアムは、秋学期から土曜日のアウェアネスベーシックの東京クラスを担当します。(現在、名古屋クラスの担当講師)また、大空タカミディアムとのカウンセリングをご希望の方は、お気軽にアイイス事務室までご連絡ください。

 アイイス事務室  お電話(03-6273-7147)  メール(info@iis-org.jp


この記事をはてなブックマークに追加

光を感じて希望と愛に満ちた道を進んで欲しい

2016-06-21 14:06:26 | サーモン

 6月12日に東京のアイイス本部で行なわれたサンデー・サービスの中で、大空ミディアムが行なったサーモンの内容をお伝えします。会場の雰囲気をお伝えするために、その時話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。

 「たくさんのエネルギーを感じます。私達は、自分の意志でここに集まって、そして今、この場所で一緒に時を過ごしています。それぞれが個としてのエネルギーを持っておりますが、ここに集まっている方達は、それぞれが全体の1つだということも知っています。

 私達は、私達が光であるということを疑った時、それぞれは個という存在になりますが、私達は光であるという信念を強く持った時、それは、あなたが個でありながらも、みんなと繋がっている大きなエネルギーの一部だということに、気付きます。

 日常生活の中では、いろいろなことがたくさん起こり、いろいろなことに心をとらわれますが、これらは全て光の元に行われていることです。光を感じて、安心と喜びに満ちて歩むならば、霊界からのたくさんの手が差し伸べられて、物事はもっと良い方向へと進み始めます。

 私たちは魂は、本当はそのことを知っているのです。ここにお越しの皆様方は、そのことをわかっていらっしゃる方々ですので、ぜひ、その仕組みを使って、これからますます、希望と愛に満ちた道を進んで欲しいと願っています。」

 大空タカミディアムは、秋学期から土曜日のアウェアネスベーシックの東京クラスを担当します。(現在、名古屋クラスの担当講師)また、大空タカミディアムとのカウンセリングをご希望の方は、お気軽にアイイス事務室までご連絡ください。

 アイイス事務室  お電話(03-6273-7147)  メール(info@iis-org.jp


この記事をはてなブックマークに追加

焦らずどっしり構えて!

2016-06-21 13:58:17 | 霊界通信のデモンストレーション

  6月5日に東京のアイイス本部で行なわれたサンデー・サービスの中で、大空ミディアムが行なった霊界通信の一部をダイジェスト版でお伝えします。会場の雰囲気をお伝えするために、その時話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。

大空: そちらのお隣の男性の方は、おじいさま亡くなられてますか?

男性: はい。

大空: ちょっと父方、母方の判別が苦手なんですけれども・・・そうですね。ちょっとあなたと雰囲気が違うおじいさまというか、もう少し丸顔というか・・・いらっしゃいます?

男性: あ・・・

大空: なんとなし、パッと思い浮かんだ・・・父方でいらっしゃるかな?

男性: 母方か・・・

大空: また間違えちゃった・・・(笑)

会場: (笑)

大空: すみません。そうですか・・・。そうですね・・・お顔はそんなに似てらっしゃらないですか?

男性: 父方は似てて、母方はがたいがいいって言うかま・・

大空: がたいがいい・・・

男性: そこまではあれなんですけれど・・・ちょっと・・・ 

大空: ちょっと待って下さい・・・そうですね。じゃあ丸顔の方なんですけれども・・・はい。ご職業が・・・自然に関するご職業でした?例えばサラリーマンだとか会社員とかではなくて、おじいさまご自身で何かやられたようなご職業ですか?

男性: 畑とか・・・

大空: そうですよね。なんかこう・・・農作業だとか、何かそういったことをやられているといったスタイルで現れていらっしゃるので、多分その方で間違いないと思いますので、メッセージの方をいただいても 宜しいですか?

男性: はい。

大空: おじいさまが今見せて下さるのがですね・・・メッセージというよりは、おじいさまちょっとこのように座ってですね・・・おじいさまご自身はおたばこ吸わないかもしれないんですけれども、キセルというかパイプのたばこを吸って、パッーて輪っかを作ってらっしゃるんです。そのマインドをとにかく見せていただいて、それをそのまま伝えろということなんですけれども・・・今何かどっしり構える必要がありますか?

男性: そうですね・・・はい。

大空: なんとはなしに・・・わかりますか?

男性: はい。

大空: そうですか。そうですね・・・じゃあちょっと待って下さい。どっしり構えろということなんですけれども・・・はい。なんか焦ってないようです、おじいさまは。

男性: そうですか。

大空: うん。焦る必要は全くないって言ってます。どっしり構えて待ってろっていうことですね。

男性: あ・・・

大空: わかりますか?私は全く分からないですけど・・・(笑)

会場: (笑)

男性: あ・・・はい。

大空: 良かったです。はい。そうですね・・・今おっしゃられた私とやりとりした内容っていうのは、プライベートなことに関わる感じですか?

男性: 仕事です・・・

大空: 仕事ですか・・・何か今ね・・おじいさまがご本人様の横に立ってこういう風にちょっと男同士な感じで肩に肘をあてて、“あれはどうだ” ”あれはどうだ”とかって言うんですね。何かちょっと、こう、もしかしたら今いろいろ普段生活なさってて、何か急に気になることってありますか?例えば何て言ったらいいのかな?前よりも“うん?”って思うこと。もしかしたらそれはおじいさまが“あれどうだ”っておっしゃられている可能性があるんですが・・・

男性: はい。そうですね・・・仕事関連で・・・ちょっと芸能関連の方をやっていて、探していたりとか・・・

大空: あっそうなんです!?だから私プライベートかなと思って、ちょっとこう・・ね。人を探すような感じだったから、女性問題かなと思って、言葉を謹んで・・・(笑) ちょっと気を使い過ぎてまして、すみません。

会場: (笑)

大空: そうですね。はい。おじいさまも一緒にお仕事なさっているよっていうことなんです。おひとりで結構悩まれるっていうか、なんか孤独っていう・・・ごめんなさい。言い方悪いですけど・・・人間関係は孤独ではないですけど・・・そういった部分で何かちょっと心が辛いとこあるかもしれないんですけども、おじいさま隣にいて、一緒に探したり仕事をやってますよっていうことなんですね。うん。はい。それであなたご自身も、多分なんですけれども、意外と“ま・・なんとかなるだろう”という性格だと思うんですよ。本来ね。おじいさまも、そういうことをおっしゃっているんですね。どっしり構えて、“ま・・なんとかなるだろう” ぐらいの勢いで。そうすると反対に今までよりもっといろんなことが上手くまわるようになるよっていうことをおっしゃられているので、はい。ぜひ実行されてみてはいかがかと思います。

男性: はい。

大空: ありがとうございます。

 大空タカミディアムは、秋学期から土曜日のアウェアネスベーシックの東京クラスを担当します。(現在、名古屋クラスの担当講師)また、大空タカミディアムとのカウンセリングをご希望の方は、お気軽にアイイス事務室までご連絡ください。

 アイイス事務室  お電話(03-6273-7147)  メール(info@iis-org.jp


この記事をはてなブックマークに追加

おばあちゃんがあなたの膝の上に乗るわけ!?

2016-06-18 12:37:43 | 霊界通信のデモンストレーション

 

 6月12日に東京のアイイス本部で行なわれたサンデー・サービスのデモンストレーションの中で、開堂ミディアムが行なった霊界通信の一部をダイジェスト版でお伝えします。会場の雰囲気をお伝えするために、その時話された言葉のままの部分があります。また、読みやすくし、分りやすくするために、後から多少の編集が行なわれました。

開堂:今度は、その前のあなたの所に誰か来てるんだけども…。もうすぐ、遠足にでも行くの?

女性:行かないです。(笑)

会場:(笑)

開堂:それとも、毎日、遠足のような気分で職場に行っているの、君?

女性:いや〜、別に。(笑)

開堂:別に!水筒とかなんか、持って行っていない?

女性:水筒は、持って行ってます!

開堂:でしょ。だから、霊界の人達が毎日、君が遠足に行っていると思っているんだよ。

会場:(笑)

開堂:水筒だけが遠足に行ってるよって、誰かが言ってるんだけども、誰だろう?君を大好きな人。男の人と女の人と両方が来てるかなあ?和服の似合うおばあちゃまが亡くなっている?どっちかで?

女性:どっちも亡くなってますね。

開堂:和服が似合ってスマートな方は、どっちかな?

女性:スマートなのが父方。

開堂:父方かなあ。何故か知らないけど、そのおばあちゃん、あなたの膝の上に座っちゃうんだけど、どうしてだろう?

会場:(笑)

開堂:重たいよねえ!

女性:(笑)

開堂:あなたもわからない!何故、あなたの膝の上に座っちゃうのか、おばあちゃんが!(笑)座り心地がいいのかなあ?

女性:フフッ(笑)

開堂:あなたは、バスか電車の中で座る時、膝の上になんかのせるの?

女性:カバン。

開堂:カバンを載せる?

女性:はい。

開堂:それを守りたいみたい。そこに貴重品かなにか入っているの?

女性:お財布が入ってますけど。

開堂:あっ、本当。

女性:はい。

開堂:おばあちゃんが、その上に乗っかるというのは、これを守りたいっていう感じだよ。凄いおばあちゃんだね!(笑)簡単に盗られそうなバッグなの、それ?

女性:あっ〜!

開堂:ひったくりに遭いそう?

女性:あっ、時々、チャックが空いてる時がある!(笑)

開堂:ああ〜、それじゃ〜あ、おばあちゃんが心配だよねえ!だから、おばあちゃんが、一生懸命あなたの膝の上に座って、その財布をオシリの下に隠してるんだ!

女性:(笑)

開堂:ええ〜、最後のメッセージください。君は、サンドイッチはよく作る?

女性:いえ、作んないです。(笑)

開堂:作らない。パンは食べるの?

女性:あんまり食べないです。

開堂:あんまり食べない?何故か知らないけど、サンドイッチを薦めているけど、どうしてだろう?最近、お昼のお弁当を作って持ってくの?

女性:はい。

開堂:時間かかりすぎて、面倒くさいなって思う時ある?

女性:そうですね。

開堂:そういう時、サンドイッチにしなさい。

女性:はい、わかりました。(笑)

開堂:ね!(笑)しかもブラウンブレッドだよ。あの漂白されてない、ホールウィート(全粒粉)のほうを薦めています!

 次の開堂ミディアムの霊界通信のデモンストレーションは、6月24日(金)に東京のアイイス本部で行われるスピリチュアル・フライデー(有料)の中で行われます。この日は、霊界通信のデモンストレーションの他、トランストーク、スピリチュアルトークと誘導瞑想も予定されています。当日参加も可能ですが、興味がある方は、どうかお早めにお申し込みください。

 また、6月26日には、スピリチュアルサンデー(有料)が予定されていて、こちらでも、同じメニューが用意されています。こちらの方も、当日参加も可能ですが、興味がある方は、どうかお早めにお申し込みください。お申し込みとお問い合わせは、ご気軽にアイイス事務室まで。



 アイイス事務室  お電話(03-6273-7147)  メール(info@iis-org.jp


この記事をはてなブックマークに追加