いいりん ☆ ゆつくりえいと☆

未知な木、みちの創作メモ。面白いことを取り込んで、PUREに創ります。
それは有形無形、編んだり解いたり・・・

探していると、見つからないもの 思い出ば、知っていたこと

2017-05-19 22:52:19 | Weblog
今日は変な日です。

目の前には、国会議員さんがいます。赤い紀章。
私鉄の電車中です。
見覚えある方ですが前を失念。

昨日は、我が七世代前のことをつらつらとさまようように探していたからかもしれません。私が祖母から毎日のように聞いたのは、大正時代から昭和のお話し。
船で海外に旅行する時代、
戦争が度重なる時代、

関東大震災(祖母の姉の結婚式の最中てました、しかも直下ともいえる小田原辺りで被災、ソーダ水で顔をふきふき続いたそうです…)や、
敗戦の瞬間もその後の混乱もです。

その祖母が書き残してくれた、
祖先の簡単な家系図のような覚え書きと小さな歴史があるのです。

今どきのアーカイブである
パソコンの中の書物や誰かのコラムや探訪記をさまようように探していると、
明治、大正、昭和それぞれにユニークなご先祖がいます。地味ながら、かっこいい、そんな役回りです。
平成…は、私はどうなるかな?


案外たくさんの足跡があり、
本当に時代の目撃者だったのだなあと思う事しきりです。

七世代前の思いの先に生きている。

受け取って生きている。
気付いていようと
気付いていまいと。


さらに前にさかのぼるなら、
想像と痕跡と“歴史”が混ざりあいます。

なんて。


折しも先週、素敵な中国人ファミリーのホームパーティー(実際には、日本に暮らす娘を訪ねて父母が来日中)に、ほんの少しだけ加わらせて頂く機会があり、13代を数えることができるという素晴らしいお話し。中国の13世代って大変な歴史をくぐってきたのだろうと、想像しました。

もっと詳しく聴きたくなりました。



⬛画像⬛

ジーンズ地の糸。帽子の縁にしようかな。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 画像テスト送信します | トップ | こごみ、久慈市の山菜をいた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL