いい女よりもいい男の数は少ない

男の恋愛ブログです。
過去の記事は随時掲載していきます。
以前読んで下さっていた方、ありがとうございます。

0か100か

2016-12-31 19:34:46 | 日記
0か100かみたいな恋愛をやめたのが大きかった。恋愛したい、好きな人と過ごしたい。その気持ちに迷いはないが、それが幸せかと言えば別だ。一緒にトレーニングしたり家でゴロゴロしてカフェでダラダラ過ごしたいオレみたいな人間もいれば、会うなら映画なり旅行なり計画しておいてと要求してくる相手もいる。これだけ色々な人間がいてくっつくワケだから、最初いいなと思っても、付き合ってみたら段々話が合わなくなってくることもあるのではないだろうか。じゃあそこでさっさと別れていたのが20代の頃の自分だとしたら、そんな簡単に別れる別れないという極端な判断に至らないのが今だろう。なかなか別れない、しがみついている、という意味ではもちろんない。

好きになって付き合うまでの期間に終わりを予定するのだ。盛り上がってそのまま付き合うのではなく、これが終わるとしたらどういった状況だろうかと1人でカフェででも1度落ち着いてみるのである。彼が好き。では、その彼と上手くいって付き合えたら
どんなに幸せだろう。そんな彼と今から破局するとしたら、どういった場合なのかをよく考えるのだ。彼と別れることについてゆっくり考えると言ったらいいだろうか。

取り返しのつかないような失言をしてしまった場合だろうか。話が盛り上がらなくてつまらない相手だと思われたらだろうか。いや、SEXが合わなくて他の男がいいやと思われてしまった場合だろうか。

別れたくてネガティブな考察をしているのではない。付き合いたいから終わりを想定してみるのだ。それはやがて彼への思いやりに繋がっていくことに気が付くだろう。プレゼントをしたり彼のご機嫌を伺って尽くすことが最善ではない。彼が嫌がる事、ストレスに感じることをどこまで軽減できるかが大切なのだ。終わりを知ることで、迂闊なスタートを切る事は減る。明日終わると分かっていたら今日はベストを尽くすものだ。自分が相手を深く傷つけ失望させてしまったら確実に関係は終わる。そうならないようにしようと思えたら、相手への心遣いの第一歩を踏み出せた気がする。

本年度は大変お世話になりました。
不定期ではありますが、ブログを続けていきたいと思っています。
来年もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲイのカップル | トップ | 見知らぬ駅 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事