もののはじめblog

コメントとTBを歓迎 
必ずコメントに参ります by iina

伊勢志摩サミット

2015年12月08日 | 雑感
「伊勢志摩サミットで未来をひらけ! 集会 in 東京」を聴いてきた。
1979年以降、日本で開催された5回のサミットで主要テーマにしてきたのは、エネルギー、市場開放、環境、IT技術。


この集会では、次の話が印象的だった。

総合食料自給率]:食料全体における自給率を示す指標として、生産額ベースと供給熱量(カロリー)ベースの2通りの方法で算出。

日本の食料自給率は決して低くない。農水省は「40%」という自給率を取り上げて、先進国の中で最低水準だと喧伝している。だが、これはカロリーベースの数字であって、生産高ベースで見れば64%と他の国に見劣りしない。
それどころか、日本の農業生産額は約8兆円で、この額は世界5位で農業大国だという。

そもそもカロリーベースという指標を国策に使っているのは世界で日本だけらしく、しかも野菜果物のカロリーは0なのだとか・・・?
また、畜産物については、国産であっても輸入した飼料を使って生産した分は、国産には算入しない。つまり、国内で作られた物を国内だけで消費していることになる。
むしろ、これからは、高品質の食料を輸出することで外貨を獲得することを視野に拡大すべきと断じた。

(例)生産額ベース総合食料自給率(平成26年度)
           =食料の国内生産額(9.8兆円)/食料の国内消費仕向額(15.3兆円)=64%
(例)カロリーベース総合食料自給率(平成26年度)
           =1人1日当たり国産供給熱量(947kcal)/1人1日当たり供給熱量(2,415kcal)=39%



終えてから、はじめての神楽坂で飲むことにした。
この「集会in神戸」が、18日に予定されている。
ジャンル:
ネタ帳
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑撃1170 | トップ | 神楽坂 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
食糧自給率 (らいちゃん)
2015-12-08 07:15:31
日本の食料自給率が40%を切っているものとばかり思っていましたが、これも実態は64%でしたか。
食糧自給率は生産高ベースで算出するのが当然であって、ここでも国民と高級官僚との認識のギャップがあるようですね。
「国民を不安に煽りたてるのが役人の仕事と思っているのか? アホ役人!」
と言いたいです。

>このような懐メロなら、きのうご案内のNHK「昭和の歌人たち」がおすすめです。 27日(日)BS③19:30~をお待ちください。
録画して見たいと思います。楽しみにしています。
お早うございます (延岡の山歩人)
2015-12-08 07:37:21
日本の農業の現実について 少しは理解できました
これからも 頑張って欲しいものです
[総合食料自給率]は よく聴く言葉ですが
生産額ベース・・ や カロリーベース・・
初めて耳にする言葉で す
いろいろな面からの視点で・・・
算出方法も変わって来るのですね


(らいちゃん)  へ (iina)
2015-12-08 19:06:39
「古事記」や「日本書紀」に、すでに潅漑用としての狭山池が記述とされているとは、いにしえに生活の知恵として
考えれていたとは素晴らしいです。

>国民と高級官僚との認識のギャップ
役人は、我田引水な論法を用いて、自分たちに都合のよい企みを考えているのですね。

「伊勢志摩サミットで未来をひらけ!」は、内閣官房が共催してますから、こんな話を聴けるなんて思いもせず、
セキュリティが甘いといわざるを得ません。テロ対策も、島国ゆえもっと甘いはずです。(^^ゞ

(延岡の山歩人) ん へ (iina)
2015-12-08 19:18:33
日本の自給率は、寒々しいことだとばかり思っていましたが、そんなこともなさそうでした。

実態がどうなのかは、よく分からない分野ですから、お互いが都合の良い論理を用いている可能性も、捨てきれませぬ。
・・・ 果たして ? ・・・

食料の事 (hide-san)
2015-12-08 19:59:28
食料の事となると目の色が変わります。
戦中戦後の食糧の苦労をつぶさに体験してきましたから。
息子や娘の結婚の時、一番に考えたのが、万一の時、
お金の問題でなく、食べものが手に入るかどうかでした。

倅の嫁は農家の娘でOK,娘の旦那は親友に農家の跡取りがいることを聞いて安心したものです。
(hide-san) さん へ (iina)
2015-12-09 15:53:04
安全パイを握っていると、いざという場合に役立ちますね。

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL