もののはじめblog

コメントとTBを歓迎 
必ずコメントに参ります by iina

東原桜並木

2017年04月23日 | 神奈川圏
東原さくら公園の桜と椿
樹齢約50年を超える座間の東原桜並木。 延長1.3キロ。昭和28年芹沢、下栗原、大下地区の農家が私財を出し合って畑かん水路の完成を記念して植えた桜






4月10日の東原さくら公園(さがみ野駅)。

  2015年の桜
  2014年の桜
  2012年の桜
  2011年の桜


  家近くのお宅に、季節の装いをしたカエルが頬笑ましい。

    
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おっとっと | トップ | 定年ピカ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私の理想ですね。 (和佐田克己)
2017-04-23 02:42:24
農家が私財を出して
現在の素晴しい桜並木が現在、多くの方が、楽しみしてるとは、素晴しい事ですね。
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-04-23 06:35:06
樹齢約50年を超える座間の東原桜並木
大下地区の農家の農家の方々の 思いと喜びが込められて
一際美しい桜です
桜並木 (らいちゃん)
2017-04-23 08:49:57
64年前に農家が私財を出し合って畑かん水路の完成を記念して植えた桜が、今ではサクラの名所として地元の財産になりましたね。
当時の農家の方達は晴れ晴れしいお気持ちでしょう。
これも地域活性化の一つであり、地元に対する素晴らしい貢献策ですね。
 (和佐田克己) さん へ (iina)
2017-04-24 09:46:03
物置に防腐、防虫剤を2度塗りして完成とは、おめでとうございます。がんばりましたネ。


> 農家が私財を出して現在の素晴しい桜並木が現在、多くの方が、楽しみしてるとは、素晴しい事ですね。
戦後の混乱期を乗り越えた記念樹が、いまのわれわれを桜で楽しませてくれています。   ありがたいことです。

 
 (延岡の山歩人K) さん へ (iina)
2017-04-24 09:48:09
> 樹齢約50年を超える座間の東原桜並木 大下地区の農家の農家の方々の 思いと喜びが込められて一際美しい桜です
弁当と  を もって行き、花見してまいりました。  


らいちゃん  へ (iina)
2017-04-24 10:13:55
> 「でくるぼう」とも言われたことから「出狂坊(でくるひぼう)」を語源とする
「木偶の坊」などとは、呼ばれたくない言葉ですが、出狂坊には傀儡子などを思い描かせます。

そういえば 「のぼうの城」 は、
「でくのぼう」 を 「のぼう」 ともいうらしく、そんな「のぼう」の殿さまが妙策を打って絶体絶命の戦を持ちこたえたお話しでした。
愛すべき「でくのぼう」さまも、なかにはいたようです。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/9b64e8318c16bb6d7df31840d5e2f1ce

今年の桜 (更家)
2017-04-25 09:25:17
満開の桜の写真、ホントに素晴らしいです!

今年の桜は、例年に比べて、より美しく感じるのですが、歳のせいでしょうか。

水路の完成を記念して、農家が私財を出し合って桜を植えたというエピソードも素敵です。
 (更家) さん へ (iina)
2017-04-25 10:03:45
「南総里見八犬伝」は、幼いころに東映で見ました。
その舞台となった「館山城」を一昨年に館山に旅した折りに見物したかったのに、あいにく無粋な仲間たちが通過したため
見れなかったです。
ただ、館山で食べた魚貝類はうまかったです。


> 今年の桜は、例年に比べて、より美しく感じるのですが、歳のせいでしょうか。
己の置かれた環境で感じ方は変わりますが、ことしの桜開の期間は長かったです。花見には、3~4回しか行かぬのに、
ことしは7度も楽しみました。 

コメントを投稿

神奈川圏」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL