もののはじめblog

コメントとTBを歓迎 
必ずコメントに参ります by iina

インカの吊橋

2012年07月15日 | 笑撃画像
インカ帝国時代から続いているという草木などのロープでできた吊橋
               



『猫』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カエル猫 | トップ | 祇園祭 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
インカの吊り橋 (らいちゃん)
2012-07-15 07:16:20
インカの吊橋、怖そうですね。
一度にあのように大勢が乗って大丈夫なのかな?
心配です。
徳島県に祖谷(いや)の吊橋があります。
インカの吊り橋より小規模ですがそれでも怖かったです。
夏にスリルを味わうにはいいかも・・・。
おはようございます。 (ハイジ)
2012-07-15 11:33:43
断崖絶壁にあるんですね。恐いですね。
橋上定員は何名迄なんでしょうか?
Unknown (ぼたん)
2012-07-15 17:24:37
こんなつり橋 よく作れましたね~!
どうやって渡したのかしら?
怖くって渡れない! 命がけ??
これは恐怖 (mone)
2012-07-15 19:33:18
重量制限ないんでしょうか? 奈良県十津川村に谷瀬の吊り橋というのがあります。今は観光化されて奇麗になっていますが、30年以上前に偶然見つけて渡った事がありますが、恐怖でした。これはそれ以上ですね。
楽しそう (ムツゴロウ)
2012-07-15 21:13:36
大勢で吊り橋を渡って、たのしそうです。

動画を見ると、要領よくテキパキと吊り橋を作ってますから、生活の知恵なのでしょうね。

立派な吊り橋です。



commentに つられて (iina)
2012-07-16 08:31:04
(らいちゃん) へ
柏葉紫陽花が紫陽花であろうとは、知らないと分かりません。

インカの吊橋を造る工程を、下の動画で見ることができますが、かなり丈夫です。
祖谷の吊橋にも寄ってみたかったです。




(ハイジ) さん へ
吊橋に、大勢が乗ってゆさぶっても平気なようですよ。



(ぼたん) さん へ
アフリカに行った気持ちになれるのも好いですね。
ふつうは、命をかけて吊橋をつくるなんてしないものです。
”動画”を、 ”どうか” ご覧ください。



(mone) さん へ
期待とおり花の名を教えてくれる読者がいて救われますね。
観光では、偶然との出会いは旅を豊かにしてくれます。それが恐怖との出会いであっても・・・。
インカの吊橋との出会いは、因果(インカ)応報と申します。



(ムツゴロウ) さん へ
吊橋の下をのぞくと高すぎて目がまわりそうですが、吊橋は頑丈に造られているようです。

Unknown (toshi)
2012-07-22 18:56:11
はじめまして
TBを頂き訪問が遅れてしまい失礼しました。
私のブログは少し休んでいましして・・

インカの吊橋、凄い吊橋があるもんですね~
でもちょっと危険かも・・
(toshi) さん へ (iina)
2012-07-23 09:06:00
滝の流れるようすが、うまく撮られています。
夏の滝は、涼をさそい好いですね。夏に、凍った滝を部屋で鑑賞するのも乙ではあります。

昨年、日本一の吊橋という九重夢大吊橋を渡り、「日本の滝百選」に選ばれた「震動の滝
(雄滝、雌滝)」を眺めてきました。 九重連山を遠くに見て、九酔渓、鳴子川渓谷の雄大な
景色でした。
その近くの耶馬溪では、先の豪雨で大変な被害が出て、景観が変わったかも知れません。

コメントを投稿

笑撃画像」カテゴリの最新記事