もののはじめblog

コメントとTBを歓迎 
必ずコメントに参ります by iina

龍口寺前の江ノ電

2015年03月01日 | 神奈川圏
龍口寺
龍口寺前通りの街中をチンチンと鳴らして進む              

井戸のそばを走る江ノ電









        
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白梅 | トップ | やだよ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (延岡の山歩人K)
2015-03-01 07:54:48
私的には
古い民家の軒下をゆっくり走る電車
そんな風景が江ノ電のイメージでしたが
 >井戸のそばを走る江ノ電  
まさにイメージどうりのロマンを感じる風景でした(^^)/

Unknown (焼酎学生)
2015-03-01 08:27:35
このあたり、江ノ電が市街電車の様相を見せる場所ですね。
自動車事故も起きないほど狭い車道ですよね。
風情 (六花)
2015-03-01 09:31:39
カメラを向けても 入る風景は広大な大地のみ
住んでいると  この混沌とどう妥協すれば良いのだろうと・・ふと思いました。
しかし その反対もありですから 人は面白いデスね・・
(延岡の山歩人K)さん へ (iina)
2015-03-01 11:01:15
     競い合う 紅白梅の 花ざかり / iina

行基さんは、東大寺を建てたことで有名ですが、先日の拙宅で義経が腰越状を書いた満福寺も建てており、彼方此方に
お寺を建てて忙しい日々を送ったようです。それとも、名義貸しをしたのかしらん・・・。

きょうの龍口寺は、日蓮が処刑される寸前に雷が刀に落ち救われたと伝わる刑場跡に建てられました。いまは、その前を
電車が通っています。

(焼酎学生) さん へ (iina)
2015-03-01 11:31:46
四国は、焼酎学生さんの担当エリアだったようです。新聞記事を引用していることからも、思いが伝わります。^^

(六花) さん へ (iina)
2015-03-01 11:45:47
昨晩は、鰊の塩焼きを食べました。

鰊は苦手なのですが、かみさんは好みでよく食卓をかざります。
出身の九州には数の子くらいしか、鰊には縁がないので口にもなじみません。

鱈も北にとれる魚で、幼いころは塩にまみれた干物を火であぶってよく食べたものですが、富山で大きな鱈を一匹まるごと
テーブルに出されたときは驚きましたが、とてもおいしかったです。
やはり、身を塩で引き締めて食べるのに向いた魚でした。

     たらニシン 塩でまぶして 引き締める / iina

江ノ電 (らいちゃん)
2015-03-02 06:58:51
江ノ電は路面電車の区間もあったのですね。
風情があっていいですが、気をつけないと事故が怖いですね。

>最近は、知的好奇心ばかりでなく、認知症対策のためとはよく聞くフレーズです
萩本欽一さんのような難しい勉強はとてもできませんが、認知症対策は何か考えなくてはいけませんね。
(らいちゃん) へ (iina)
2015-03-02 08:31:31
やりきれない事件です。
18歳少年の逆恨みが虐待をエスカレートしていった構図が浮かび上がってきたようです。 年上の者が少年をたしなめたり、
警察沙汰にされたことを根に持っていじめに突き進み、遼太君は相談すると更にいじめに拍車がかかると思ったらしく、結局
訴えるのをためらった印象です。

江ノ電が路面を走る区間は、案外と短く京都の嵐電 - 京福電鉄のようなイメージです。

コント55号の萩本欽一さんが、大学進学とはえらいです。
最近は、知的好奇心ばかりでなく、認知症対策のためとはよく聞くフレーズです。

著名人の講演会を聴くことで、その方のエキスに触れられることで満足しているiinaです。

コメントを投稿

神奈川圏」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL