もののはじめblog

コメントとTBを歓迎 
必ずコメントに参ります by iina

ブラック・ビューティ

2009年03月22日 | 雑感

もだえ苦しみながら岩盤に封じ込められたままの恐竜の実物だ。

ブラック・ビューティは、ティラノサウルスの黒色全身骨格で、他の標本に比べて吻部(鼻づら)が短いが、重さ150キロの頭骨にそなわった巨大な歯の先にいたるまで、いかにも「恐竜の王者」というにふさわしい。
この標本が黒いのは、骨が化石になるときに鉱物がしみこんだせいという。


頭骨だけで150キロ

実は、15年ほどまえに大阪南港の『世界最大の恐竜博』で展示されたもの。
こどもを連れてでかけたら、余りの衝撃にiinaはミイラ取りがミイラになって魅せられてしまった。恐竜の全身が岩盤ごと目の前にあらわれた迫力に圧倒された。丹念に見てまわり、それでも飽きずにもういちど見歩いたことが懐かしい。

この恐竜博は、カナダと中国の研究者による恐竜プロジェクトが、5年にわたってゴビ砂漠、バットランド(カナダ)などで発掘を行った成果を展示したもの。発掘の際の装備などの展示や、ティラノザウスルのコンピュータグラフィックス。恐竜化石や復元模型の展示だった。


 
パネルマウントされたパキリノサウルスの成体の実物化石

分厚い鼻のトカゲの意味で、鼻の上にある厚い骨のこぶが特徴

こぶは闘うときに役立ったのだろう



6月21日迄、上野の国立科学博物館で「大恐竜展」を開催中というのに刺激されてパンフレットを取り出してスキャナーした。



日 付    閲覧数  アクセスIP数   gooランキング
3.22(日)  1669 PV   334 IP     1663 位 / 1202631ブログ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 共食い | トップ | 渡り鳥の気分 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (楽母)
2009-03-22 07:40:15
恐竜大好きです(笑)
ティラノサウルス、怖いくせに好き。
福井の恐竜博物館へのバスツアーがあって、行きたいんですけど女ひとり恐竜博物館旅、というのも微妙で(苦笑)考え中です。
(楽母) さん へ (iina)
2009-03-22 11:03:46
iinaは、関東での生活を長くして京都見学すると似た地名が気になったものでした。
なるほど京が先にあって、後に関東に伝播したという歴史観は、やはり日本を
認識してないと抱かない事柄でしょう。
面白い講演会に出遭えて、よかったですね。

大阪南港で開催された『世界最大の恐竜博』は、15年も昔だったようです。
実物を見てみたいです (KG)
2009-03-22 14:03:24
実物を是非見てみたいです。
恐竜、特にティラノサウルスを木で彫っていますが、まだまだ資料が足りません。
今後ともよろしくお願いいたします。
すごい (ラドン)
2009-03-22 22:48:11
ブラック・ビューティとは、「美女と野獣」を思わせる魅力的なネーミングです。
岩にうずもれたままの恐竜は、初耳ですから是非みてみたいです。

コメントに嬉しiina〜 (iina)
2009-03-23 08:46:37
(KG)さん へ
木彫りの恐竜とは、ユニークですね。
日本には龍彫りは得意なので、木目の美しい恐竜も好いかも知れません。
このブラック・ビューティは、福井県立恐竜博物館でも公開されたようです。
http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/special/tyrrell/
化石は壊れやすいので、岩盤風人工樹脂で固定させて展示したようですが、
その生々しい存在感に圧倒されました。


(ラドン)さん へ
たしかに、ブラック・ビューティのネーミングが好いですね。
普通は、化石の骨格を組み立てて展示されていますが、岩に封じられたまま
のはこの恐竜博しか見たことがありません。
ブラックビューティー私も見ました (chatsubo)
2009-03-25 12:34:34
複製ではない現物のティラノサウルスの化石を見たくなり、私も、大阪南港の『世界最大の恐竜博』に行きました。ブラックビューティーの迫力は忘れられません。
「ミイラ取りがミイラになって」しまったこと、よくわかります。それ以来、何度も恐竜博に行くようになりました。
(chatsubo)さん へ (iina)
2009-03-25 21:07:11
恐竜ばかりでなく、骨董品をも趣味にしておられましたか。
iinaは単に、こどもをたのしませようと恐竜博に行っただけなのです。
大したことはないと予想していたので、しょっぱなから想定外の展開に大満足でした。
それに最近、スキャナーを求めたので写真アップができるようになりました。
TB(轍 〜バド・自転車・色々日記〜) さん へ (iina)
2009-04-12 11:03:37
川端裕人著の「星と半月の海」にティラノサウルスが出たのでしたか。
ブラック・ビューティ (更家)
2013-08-16 09:42:24
私は10年くらい前に、千葉の幕張メッセで開催された恐竜博を見に行って、凄く感動したのを覚えていますが、
iinaさんが行かれた『世界最大の恐竜博』も、これと同じような博覧会なのでしょうかね。

でも、ブラック・ビューティの記憶は無いので、また違う系統の恐竜博かも知れません。

あの時は、恐竜の巨大な化石にドキモを抜かれましたが、ダイナソーはそれが動き出した驚きで、ジュラシック・パークが眼前に広がる楽しさでしたよ。
(更家)さん へ (iina)
2013-08-16 10:19:43
さすがに、動く恐竜にはド胆を抜かれます。テレビで紹介された恐竜はすごくよく出来ていましたから実演は迫力
があったのを理解します。

2年前に東京タワーで開催された大恐竜展を見学しました。
何やかやと、この分野は飽きがこないです。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/de74cd7c4b813e40b83850b9057f7c0a

去年は、特撮博物館で東京タワーを何度も壊したゴジラ等を見てきました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/649d3d5b5de62b7bb2cefc29d45d0afd

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
川端裕人「星と半月の海」 (轍 〜バド・自転車・色々日記〜)
川端裕人の「星と半月の海」を読みました。 動物に関わる短編、6こ。 どれも面白かった。登場人物は 少しずつリンクしていて、またいい。 以降ネタバレあり。 「みっともないけど本物のペンギン」 絶滅したはずのペンギンを追い求める。ロマンがある。 読...