もののはじめblog

コメントとTBを歓迎 
必ずコメントに参ります by iina

千鳥ヶ淵戦没者墓苑

2017年04月19日 | 東京エリア
国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑の六角堂
[特定の宗教宗派に属さない施設]

第二次世界大戦の折に国外で死亡した日本の軍人、軍属、民間人の遺骨のうち、身元不明や引き取り手のない遺骨を安置する施設で、納骨室には およそ35万8000柱以上の遺骨が安置されている。

日本国家としての戦没者追悼施設としては、戦前には靖国神社があったが1946年に国の管理を離れ、宗教法人に移行した。
そのため、国家的な戦没者追悼施設自体が存在しないことから1959年に創建された。

献花台で、100円でお花を求め献花できた。
献花台の両脇には、安倍総理、菅官房長官、岸田外務大臣がそれぞれ対で献花していた。


 太い染井吉野の古木の根本にシャゲ

首都高と千鳥ヶ淵


一日で、江戸城の半蔵門から北の丸公園、田安門、清水門を経て千鳥ヶ淵を巡ったのを6篇に分けてしたのでした。[4月5日]

                完

  <<①にもどる<  



   
 
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千鳥ヶ淵の桜 | トップ | 門司高生 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-04-19 07:01:29
都会のオアシスで花見
一日で回られたのですね お疲れ様でした
素晴らしい花見 満喫されたことでしょう
当方も楽しませていただきました \(^o^)/

千鳥ヶ淵戦没者墓苑 (らいちゃん)
2017-04-19 07:19:14
およそ35万8000柱以上の遺骨が安置されている国立の納骨室は、将来、靖国神社に代わる施設になるかも知れませんね。
国のために命を捧げた戦没者を弔うためには国家的な追悼施設が必要です。

>死刑が確定した木嶋佳苗被告がどんな手練手管をもちいたか不思議です。 じょうずに使えば、あるいは あげまん と呼ばれたかもしれません
もし「あげまん」と呼ばれる運気があったとしたら、彼女の人生が大きく変わっていたでしょうね。
どこで道を踏み外したのでしょうか?
 (延岡の山歩人K) さん へ (iina)
2017-04-19 08:13:19
> 都会のオアシスで花見     一日で回られたのですね お疲れ様でした
江戸城の半蔵門から北の丸公園、田安門、清水門を経て千鳥ヶ淵を 半日で巡りました。
 花見 ですから、人混みの中でも楽しかったですょ。 

らいちゃん  へ (iina)
2017-04-19 08:36:03
たった1メートルの高さでも、打ち所が悪いと命を落としますね。  「 1メートルは一命取る 」 に気をつけます。


> 国立の納骨室は、将来、靖国神社に代わる施設になるかも知れませんね。国のために命を捧げた戦没者を弔うためには国家的な追悼施設が必要です。
お国のために命を捧げた戦没者を祀る 「靖国神社」 は許されると、つい最近まで考えていましたが、 「靖国神社」 は、
日本国家と天皇のみを唯一の神とする新しい宗教という性格らしく問題であるようです。

特定の宗教宗派に属さない 「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」 のような施設が必要だと思われます。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/586b4031fb29400184ef6361dadfb83d

こんばんは (シヤマ)
2017-04-20 02:49:06
反靖国の人たちが、こちらに慰霊に訪れると以前TVでやっていたことがあります。

こちらを国家認定の施設にすには靖国信者や
保守派、右翼からの反対や圧力があってできないとか
言っていたような気がします。

ちなみに私は死者の中で
戦死者だけを時別扱いするという考えは持っていないので、
どちらも慰霊や参拝はしません。
 (シヤマ) さん へ (iina)
2017-04-20 09:13:51
最近では、コーヒーは 「ガンに効果がある」 ということになっているようです。
とくに、肝臓がんと子宮体がんの予防に効果が期待できるらしいです。 iinaも、コーヒーを1日2杯以上飲んでいます。


花見に皇居を歩き、せっかく千鳥ヶ淵戦没者墓苑に行きましたから、献花してまいりました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/586b4031fb29400184ef6361dadfb83d

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL