もののはじめblog

コメントとTBを歓迎 
必ずコメントに参ります by iina

遺跡を呑む樹

2013年05月08日 | 笑撃画像
アンコール遺跡タ・プローム寺院を呑み込む


『アジア』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーロラ | トップ | 漢字の成り立ち »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (らいちゃん)
2013-05-08 06:46:43
木の根っこは、時に、凄い芸術作品を作り上げます。
巨大な蛸の足が寺院を抱え込もうとしているような、正にアートそのものです。
アンコール遺跡にはこのような木の生命力による自然現象があるのですね。
驚きました。

関西には駄菓子屋さんが多いです。
大阪のおばちゃんたちはいつも“あめちゃん”を持ち歩いているようですよ。
呼び名がいいじゃないですか。
飴に“ちゃん”をつけて“あめちゃん”、大阪らしいです。
Unknown (moco)
2013-05-08 07:04:29
アンコールワット、本当に感動した場所でした。
毎日のんびり・・
スラスランでのピクニック、夕日、思い出いっぱいです~♪
2コメントに m(_ _)m (iina)
2013-05-08 08:43:12
(らいちゃん) へ
歌舞伎からうまれた言葉もいろいろあるのですね。( ..)φメモメモ
「鳴り物入り」で笑撃をはじめたわけではありませんが、気づいたら1000本に達しようとしています。
これほどつづけると「なあなあ」になってしまいがちですが、WEBの世界は途切れませぬ。そんなわけで、「大詰め」
には遠い笑撃です。

歌舞伎にはご縁のないiinaですが、義兄が好きですし友に好きな者がいます。娯楽の少なかった時代は、社交の
場でもあったのでしょう。晴れ着を着飾って出かける風習にもなっているようですが、きのうは普段着で肩の力を
抜いて寄席を聴いてきました。
歌舞伎と寄席に行く観客のちがいでした。




(moco) さん へ
実際に観光して体感してこられたとは、好い想い出になったのですね。いいな、いいな、iina~。

iinaは、もっぱらテレビの世界で鑑賞するばかりですが、世界遺産を呑み込む自然の力は偉大です。

木にも感情が有るような・・・不気味ですね (延岡の山歩人K)
2013-05-08 19:01:47
この様な状況が現存するのですね?
まるで木に呪いの感情でもあるかのように、古い寺院に襲いかかる様に絡んで
信じられないような不気味さを感じます。

足立美術館
iinaさまの行動範囲に広さに、またまた驚かされます。
そして地方の美術館に「横山大観」の絵と言うのも、これまた驚きですね
日本庭園の秋の風情もまた落ち着き心なごみます。
創設者足立全康氏の情熱が伝わる美術館ですね
(延岡の山歩人K) (iina)
2013-05-09 08:18:23
東尋坊に立つと、海に誘われそうです。そんなわけで、まだ行っていません。
サスペンス・ドラマなら、ラストに事件の核心が解き明かされる場面ですが、Fさんの最終目的地は能登半島でした。

「足立美術館」は、完璧と思える日本庭園でした。秋というのに落ち葉ひとつ見なかった気がします。それほど
手入れが行き届いているということでしょうか。
それゆえ「由志園」の方が人間のにおいがしました。植木屋さんが剪定しているのを庭師の友が言葉を交わしてました。
此処で、iina宅はキララ多伎が紹介されます。↓
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/d4b510d4186bef3d8ada2616658b94ae

そして、境港市にある「水木しげるロード」も見逃しません。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/fef5441a6d089bca4133957d46034a81


最近、パソコンで文字を綴っていると、前触れなく前の文章が反転して、更に綴ると消えてしまいます。
いま、気づかずに綴り終えたコメントを全文投稿したと思ったら、前段の文章が消えてましたから、再投稿しました。
TB (ぐらのにっき)さん へ (iina)
2013-05-09 08:31:29
ツアー任せにせず、通な旅をたのしまれている風でした。
海外は、言葉の壁があって、どうしても組み込まれたツアーに頼りがちですから、尊敬に値します。
精々、国内では独自に予定を組んで、気ままなドライブをたのしむことにしています。

アンコールワットに、猿やリスが棲んでいたとは旅紀行のたのしさでした。

>遺跡に関するツイートがあんまりないですが(汗)
遺跡の写真も見たいですが、旅体験談をたのしく拝読しました。m(_ _)m
でも、アップしたときはお報せいただくと嬉しいです。

タプローム (ぐら)
2013-05-09 18:59:29
TBとコメントありがとうございました。
実際に旅行に行かれて写真を撮られたのではなかったのですね。
あの樹の場所は人が多くて、よく他の人が入らないで撮られたなあ、どうやって…とお聞きしたいと思っていたところでした(^_^;)
人が少ない時にゆっくり訪れられたらと思いますが、なかなか難しいでしょうね…
でもとても楽しかったので、また行きたいですね。iinaさんもいつか是非!
いつか見たような (税理士 たかにぃ)
2013-05-10 09:35:35
投稿の写真を見て、いつか見た様な。。。
旅先?夢?
そうそう、昔ハマってたRPGでした。

ブログへのコメントありがとうございました。
コメントに m(_ _)m (iina)
2013-05-10 10:55:14
(ぐら) さん へ
樹は、まるで遺跡を呑み込むタコですね。
そうすると、遺跡が 「ぐらぐら」と揺れまする。

いずれアンコールワットを見学してみたいものです。
当座はテレビの「世界遺産」を観て満足することにします。毎週、録画して10分ほどに編集して保存しています。




(税理士 たかにぃ) さん へ
難しい税理士さんからコメントをいただきました。 それも、家政婦のミタがミソというかご縁 でした。
もちろん、家政婦は見たミタさんを観ましたが、極端なドラマでしたね。

音楽もよかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アンコールワット行ってきました (ぐらのにっき)
旅行記いつになったら書けるかわからないので、恒例?の旅行の簡単なまとめです。 今回、休みが割りと長くとれそう、というので、また韓国か台湾にでも・・・と思っていたのですが、妹が急に台湾も韓国も飽きたと言い出しまして(汗)5日間で行けるところというとやはりアジ...